年月ごと

鶴見工業高校跡の体育館は活用すべき!

投稿日時:
限られた予算で教育の質を上げていくには、これらの施設維持費の効率化がポイントになってくると思います。 今後は、学校施設についても、既成概念にとらわれない柔軟な発想を持って効率的に活用していくことが必要だと思います。 学校プールを例に挙げますと、1校に1箇所、プールが設置されていますが、用地確保や清掃メンテナンスや修繕等の維持管理の固定費が掛か る上、利用期間も1年の1/4と限られ、効率的とは言い難い状況です。 平成23年に閉校となった旧鶴見工業高等学校には、立派な屋内温水プールや武道場を備えた体育館がありましたが、 閉校時に十分な利活用の検討がなされないまま、敷地内に誘致する看護学校に無償で貸し、倉庫代わりに使用される予定になりました。 鶴工にあるのは屋内温水プールですので、周辺の学校で共用し、通年通して活用すれば授業で利用することも出来ますし、部活動などで活用することも可能でした。 (3)地域の貴重な財産である学校施設はもっと柔軟に運用すべきと思いますが、林市長の考えを伺いました。 【林市長の答弁】学校施設は地域の拠点となる施設でございます。現在、地域防災拠点としての機能のほか、学校開放の実施や余裕教室を利用した放課後キッズクラブの設置などさまざまな運用を図っておりまして、今後もさらに推進していきます。また、閉校となった学校施設の利用については、地域のまちづくりの視点から総合的に検討を進めることが重要であると考えます。有村委員の柔軟な活かし方ということについては本当にそうだと思います。 中学校では、練習する場所がなかなか確保できずに苦労している部活動もたくさんあります。 温水プールだけではなくし、武道場や体育館も利用できれば剣道・柔道・バレーボール・バドミントン等、活用できる部活動もたくさんあります。 私が提言したような柔軟な運用ができれば効率化が図れ、更には新たな財源を捻出することも可能ですし、それを教育の質の向上などのソフトに拡充できます。 そういった様々な工夫で、より一層踏み込んだ教育環境の充実に取り組んでもらいたいと思っています。 引き続き、鶴工の体育館は、部活動を含め地域に解放されるように働きかけて参ります。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 市長とのやり取りを動画でご覧になる方はこちら
カテゴリー:
タグ:

第37回「市政報告&雑談会」in鶴見西口を開催しました!

投稿日時:
11月12日に37回目となります市政報告会を鶴見西口で開催しました。 いつも駅頭でお会いする方や ポスティングを見て来てくださった方 仕事帰りに立ち寄ってくいださった方等 様々な方にお越し頂きました。 鶴見の地域の課題について皆さんのご意見を頂いたのですが 問題が起きている場所に直接関わっている方 50M以内にお住まいの方 500M以内のお住まいの方 1KM以上離れた場所にお住まいの方 それぞれ課題に対する認識と考え方も違い それぞれの立場で意見を述べ 互いの立場を理解しながら問題を共有することが とても重要なことで 市政報告&雑談会が そのきっかけとなる場になりました。

「市政報告&雑談会」第34回in鶴見駅東口を開催しました!

投稿日時:
本日、第34回目となります市政報告会&雑談会を 鶴見駅東口のシークレインにて開催しました! 今回は、鶴見のことをみんなで考えるというテーマで 鶴見工業高校跡地の利活用 花月園競輪場跡地の利活用 JR鶴見駅東口ロータリーのあり方 中距離電車の停車や貨物線の旅客化の推進 等々、みんなで考えてみました。 それぞれの立場が違うなか、 様々なご意見を頂きました。 鶴見区を一括りにして議論は出来なく、 跡地の利活用に関しても、 近隣のご意見とちょっと離れた住民では捉え方や考え方にも違いがあり、 利害関係者とそうで無い方でも見解は異なります。 それらの様々な立場の意見を聞き、 その意見を集約して方向性を示すのが、 私の役割であると考えています。 これからも皆さんと一緒に地域をより良くする取り組みを進めて参りますので、 ぜひぜひ市政報告会に足を運んで頂き、 ご意見を頂けるとありがたいです。