年月ごと

新型コロナウイルスワクチンの接種について

投稿日時:

新型コロナウイルスワクチンの接種にあたり、横浜市から市民の皆さんに個別通知を発送します。

個別通知は、発送後のコールセンターへの問い合わせや予約集中を避けるため、次のとおり対象者ごとに発送時期をずらして通知を送付します。

なお、個別通知には、接種の際に必要となる接種券(クーポン券)や、横浜市からの接種のご案内を同封する予定です。

接種券を発行する時期は、3月下旬 80歳以上(高齢者)約29万人、4月上旬75歳以上(高齢者)約19万人、4月中旬70歳以上(高齢者)約24万人と65歳以上(高齢者)約20万人、その後に順次、基礎疾患保有者 約24 万人、高齢者施設等従事者 約5.6 万人、その他の方 約237 万人となります。

鶴見区の場合の接種方法は、1)集団接種(鶴見公会堂)2)個別接種(病院・診療所等)3)施設接種(高齢者施設)となります。

予約は、ワクチン接種のための予約システムを新たに開設しますので、施設接種の対象者(施設利用の高齢者)以外の方は、集団接種または個別接種のいずれかにご予約いただき、接種を受けることになります。

また集団接種会場は、現時点では鶴見公会堂のみですが、場所を増やせるか検討中です。

従いまして、鶴見公会堂の会議室等は4月から少なくとも3ヶ月程度は利用が制限されますし、集団接種会場を拡大する場合には、その他市民サービスを提供している場所を使うので利用が制限される可能性もあります。

市民の皆さんのご協力をお願いします。

皆でコロナを乗り切りましょう!

投稿日時:

新型コロナウイルスの収束が見えない中、鶴見区では直近1週間で393人が新型コロナウイルスに感染しており、鶴見区内の感染者は1256人で市内で3番目に多い状況です。

横浜市(と神奈川県)の感染状況の判断指標と現状について、政府が示す6つの指標に当てはめて状況を表にしてみました。横浜市はステージ4相当の数値が多く、まだまだ油断できません。

この苦境を乗り切るために、引き続き皆で頑張って参りましょう。

※1/29時点の数値情報

鶴見区の地域福祉保健計画(鶴見・あいねっと)が来年改定!

投稿日時:

鶴見区の地域福祉保健計画(鶴見・あいねっと)が来年改定される予定ですが、コロナの影響で地域との懇談等が進んでいません。

先日の鶴見の区づくり推進横浜市会議員会議にて、「鶴見・あいねっと」はとっても重要な計画なので、無理に期日までに改定をしないで改定の時期をずらしてでも、しっかりと地域の声を中身に反映させてから改定するように申し入れしていましたが、その後、区役所よりスケジュールを見直す旨の連絡がありました。

・令和3年3月~4月 素案に対する区民意見募集
・令和3年8月 第4期計画(区域、地区別)報告
・その後 第4期計画の発表

「鶴見川サマーフェスティバル」が休止に!

投稿日時:

鶴見区三大区民まつりの一つ「鶴見川サマーフェスティバル」が、今年から2年間、開催休止が決定しました。それ以降については、改めて検討してていくそうです。

これまで 32 回開催され、地域の皆さんに親しまれてきた「鶴見川花火大会」は、観客の増加に伴う激しい混雑により、狭い会場の中で安全・安心なイベントを実施することが年々困難とのことと、来年に東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会が実施されることなどから、花火大会を含むサマーフェスティバル全体を、今年から2年間休止としたそうです。

鶴見区民の夏の楽しみだった花火大会が、再び開催されることを期待しています。

鶴見川などの水辺をもっと活用しよう!

投稿日時:

横浜には魅了的な水辺がたくさんあります。

しかしながらそれを大事にしない街づくりが行われてきました。

今後は、水辺空間を大切にしながら街づくりをして欲しいという想いから、横浜駅西口周辺と鶴見川を例に水辺空間を活用を議会の一般質問で聞いてみました。

横浜駅周辺は、時代と共に人の流れや賑わうエリアなど、街の姿が変わってきました。

現在は「エキサイトよこはま22」の計画に基づいて、開発事業が推し進められていますが、そのガイドラインに「環境豊で憩い・にぎわいに満ちた、魅力あふれる親水空間ネットワークの形成を目指す。」と記されています。

私が着目しているのはビブレ周辺の水辺空間です。

今まで川に背を向けてきた街を、川に向き合い、水辺空間を活用して、街の活性化や地域の魅力向上に繋げることができると期待しているからです。そこで、

(1)横浜駅西口周辺における、水辺空間の更なる活用に向けた、今後の進め方について、市長に聞いてみました。

【市長答弁】
「河川は、横浜駅西口周辺の貴重な資源であり、環境豊かで憩いと賑わいに満ちた、特徴ある空間づくりが重要です。今後も、治水安全度の向上を図りながら、地域の皆様や河川管理者と力を合わせて、賑わいや回遊性のある水辺空間づくりを進めてまいります。」

治水安全度の向上というのが大きな壁なのです。この観点では水辺は活用しない方が良いとなってしまい、余計な知恵を出せば、リスクを負うと危惧してしまうのです。

そこで話をもう少し広げてみたいと思います。

地元鶴見に話を広げまして、鶴見区には市内最大の一級河川である鶴見川があります。鶴見川沿いには堤防の上に遊歩道があり、散歩やジョギング、サイクリングはもとより、通勤・通学の重要な導線としても地域の皆さんに幅広く利用されています。

しかし、この遊歩道は、橋が架かっている箇所ごとに寸断され、連続した通路として確保されていません。末吉橋の部分もまさにその状況にあります。

横断歩道もなく不便なので、交通量が多い中、無理に横断する方も多く、非常に危険な状況といえます。

以前、決算特別委員会にて「末吉橋かけかえ事業にあわせて連続した川沿い通路となるように、利便性向上も考えた整備をすべき」と指摘させて頂き、当時の手塚道路局長からは、

「末吉橋の整備にあわせて川沿いの通路も快適に利用できるよう、橋の下に歩行者や自転車が通行できる通路の整備も非常に大事だと考えますので調整して参ります。」

との明確な回答を頂いていますが、現状では、まったく何も進展していません。そこであらためて、

(2)末吉橋の架け替え工事においても、川沿い遊歩道の連続性を確保した快適な歩行空間の整備を推進すべきですが、市長の見解を聞いてみました。

【市長答弁】
「ご提案の堤防道路の連続性の確保については、橋と堤防との間に段差があるなど、様々な課題があり、河川管理者である国土交通省との調整も必要ですが、その可能性や方法について、引き続き検討を進めていきます。」

本市では、健康志向が高まる中、健康増進や外出意欲の向上につながる歩きやすい歩行空間の創出を「健康みちづくり」と位置づけ推進しているところです。

一度つくった橋の形状は、その後100年は変わることはありません。是非、様々な観点から将来を見据えた街づくりを推進するように今後も提言して参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。