年月ごと

鶴見公会堂でのワクチン集団接種のイメージは?

投稿日時:

来週から横浜市内でワクチンの集団接種がスタートします。

鶴見は鶴見公会堂よりスタートします。

そこで実際の会場のイメージを皆さんにお伝えします。

鶴見公会堂(フーガ6階)へ行くと

先ずは受付をします。

次に予診票の記入

そして記入事項確認

医師による予診

そして看護師によるワクチン接種

終了!となります。

会場全体のイメージはこんな感じ

日本語ができない外国籍の方や個別相談が必要な場合は、相談ブースへ!

15分間隔で20人を予定しています。

密にならないように予約時間にお越しください。

新型コロナウイルスワクチンの接種について

投稿日時:

新型コロナウイルスワクチンの接種にあたり、横浜市から市民の皆さんに個別通知を発送します。

個別通知は、発送後のコールセンターへの問い合わせや予約集中を避けるため、次のとおり対象者ごとに発送時期をずらして通知を送付します。

なお、個別通知には、接種の際に必要となる接種券(クーポン券)や、横浜市からの接種のご案内を同封する予定です。

接種券を発行する時期は、3月下旬 80歳以上(高齢者)約29万人、4月上旬75歳以上(高齢者)約19万人、4月中旬70歳以上(高齢者)約24万人と65歳以上(高齢者)約20万人、その後に順次、基礎疾患保有者 約24 万人、高齢者施設等従事者 約5.6 万人、その他の方 約237 万人となります。

鶴見区の場合の接種方法は、1)集団接種(鶴見公会堂)2)個別接種(病院・診療所等)3)施設接種(高齢者施設)となります。

予約は、ワクチン接種のための予約システムを新たに開設しますので、施設接種の対象者(施設利用の高齢者)以外の方は、集団接種または個別接種のいずれかにご予約いただき、接種を受けることになります。

また集団接種会場は、現時点では鶴見公会堂のみですが、場所を増やせるか検討中です。

従いまして、鶴見公会堂の会議室等は4月から少なくとも3ヶ月程度は利用が制限されますし、集団接種会場を拡大する場合には、その他市民サービスを提供している場所を使うので利用が制限される可能性もあります。

市民の皆さんのご協力をお願いします。