年月ごと

減っていく財政調整基金が大問題!

投稿日時:

※2021年2月に横浜市議会、本会議の現年度議案の質疑で有村としひこ議員(鶴見区選出)が質問をした内容です。

本市では例年、2月補正において減額補正等を実施し、捻出された一般財源を財政調整基金に一時的に積み立てた上で、次年度の当初予算の財源として活用する、といったテクニックを使っており、いわゆる「財源の年度間調整」を行っています。今回の2月補正では、その年度間調整として財政調整基金 積立金を54億円していますが、昨年度は5億円だったため、増額したことになります。そこで、

ア 年度間調整額54億円の捻出方法について、副市長に伺いました。

《副市長答弁》【令和2年度の事業執行に臨むに当たり、4月、5月の2度、副市長通知を発出し、コロナ禍において危機的状況にあることや最大限の財源確保の必要性を庁内で共有してきました。このような認識の下に、事業の優先順位や状況を見極め、事業の中止・延期・縮小、事業手法の転換など、効率的・効果的な執行に取り組み、54億円の年度間調整額を捻出いたしました。】

一般的には、財政調整基金は「経済事情の変動等により、財源が著しく不足する場合に財源不足を補ったり、災害が発生した時に直ぐに対応するための貯金」という意味で理解しており、本市のHPにおいても財政広報のマスコット「エビちゃん」が同様の解説をしています。しかし、今お聞きした54億円は貯金の積立額ではありません。

では本来の目的の貯金額は、どのような状況にあるのかと言うと、財政調整基金の実質的な残高は、平成30年に129億円ありましたが、令和元年には一般会計予算の補填に使われて74億円となり、今年度末は、更に減って約59億円となる見込みです。そして来年度は実質、積み立てはせず59億円の同額を予定しています。本市では過去にも、横浜博Y150の赤字補てんに、この財政調整基金が使われました。

まさに今のコロナ禍において、多くの自治体が財政調整基金を取り崩し、感染症対策等に取り組んでいます。それだけではなく、頻発する自然災害なども含めて、新たな脅威(きょうい)が発生する可能性もあります。そうしたことに備えるためにも、本来の目的に沿った、一定程度の基金の積立が必要です。そこで

イ 財政調整基金残高の適正規模の考え方について、市長に伺いました。

《市長答弁》【地方財政制度上、基金残高に関する明確な基準は無く、基金の積立は各自治体の裁量に委ねられています。本市の財政規模や、リスクへの対応などを考えると、機動性や弾力性といった観点から、その額は一定程度、必要だと認識しています。持続可能な財政運営の視点も含め、検討していく必要があると考えます。】

本市における過去の財政調整基金の使われ方は、ご家庭で例えるなら「冷蔵庫や洗濯機も新しくしたいし、遊園地やキャンプにも行きたいけど、お父さんの給料が下がっちゃったから貯金を100万円おろして使っちゃおう」というような印象で本市を見る市民の方も居るかもしれません。だからこそ、基金の在り方については、分かりやすく伝えると共に、しっかりと優先順位をつけて使っていくことをお願いしました。

↓動画はこちら↓

横浜の貯金って何でそんなに少ないの?

投稿日時:

横浜市のお財布には、経済事情の変動等により財源が著しく不足する場合に、財源不足を補うための貯金として財政調整基金があります。

今回コロナ対策で補正予算5千743億円を組みましたが、その大部分は国からの交付金を予定していて、横浜市の独自予算は財政調整基金を切り崩した10億円程度です。

こういう非常事態の時に、もっと自主財源を投入して市民の生活を守るべきと思いますが、そもそも横浜の貯金である財政調整基金は38億円しか残っておらず何とか絞りだした10億円といった感じなのです。

横浜の貯金は他にも減債基金とかありますが、これは市債(借金)の満期の一括償還の財源積立ですので、そこに手を付けても問題先送りするだけなので、ここでは財政調整基金に絞って話をします。

横浜の財政調整基金は平成30年までは、ずっと100億円ちょっとくらいでバランスをとってきました。

令和1年には基金の積立を約10億円したものの、一般会計予算の不足分に36億円使って、災害救助基金として26億円を捻出したので、残りが約74億円となりました。

そして令和2年(今年度)も一般会計予算の不足分に36億円使ったので、38億円しか残っていないところ、今回のコロナ対策で10億円を捻出したので、あとは28億円しか残っていないのです。

じゃあ何に使ったのと言うと、過去には横浜博Y150の赤字補てんにも基金が使われたりしましたが、特定財源として基金が使われるのではなく、予算全体が足りないから繰り入れするといった仕組みなので、何に使ったかは特定するのは難しいのです。

皆さんのご家庭で言うならば、今年はテレビや冷蔵庫も新しくしたいし、海外旅行も行きたいけど、お父さんの給料は上がらないから、貯金を100万円おろして使っちゃおうといった感じです。

だからこそ今考えなければならないのは、一般会計予算全体を膨らませないこと。そして収入を増やすことです。

これからも、そういった提言をし続けて参ります。