年月ごと

駅名って勝手に変更してもいいの?

投稿日時:

「花月園前」の駅名が「總持寺」へと変更になる可能性が高いといったことご存知ですが?
現在、地域の皆さんが反対の立場から運動をしており、
その集まりに参加してきました。


私は賛成とか反対といった立場ではなく、
オープンダイアログをすべきといった考えです。
それぞれの立場や考え方があり正解はありません。
ただひとつ言えることは、過去の歴史を理解し、将来へのビジョンを持って、その地域の在り方をどう考えるのかが必要ということです。
それを抜きにして駅名を議論は出来ないと思っています。
是非とも対話の場を持って合意形成を図るといった手順で進めてもらいたいです。 

7/9市政報告&雑談会in生麦

投稿日時:
ビギナーのための市政報告&雑談会を 南仲町会館にて開催します。 【日時】7月9日(土) 17:00~18:30 【場所】南仲町会館 ※花月園前駅から魚河岸通りに向かって徒歩5分です! 議員1期目の有村としひこと一緒に横浜の行政のことを 一から学んでみませんか? ※入場無料!退場自由!お子さん連れも歓迎! ※この会は陳情の場ではないことご理解ください。 皆さんのおこしをお待ちしております!

生麦魚河岸通り

投稿日時:
鶴見には、生麦魚河岸という漁業で栄えた地区があります。 場所は、JR鶴見線の国道駅より南側にあたるところです。 戦後には160件ほどの生鮮魚介類のお店が立ち並び大変賑わっていた場所です。 今日は、ここで魚介店を営んでいる方に 魚河岸通りの歴史を教わりにお邪魔してまいりました。 生麦も昔は漁港としてたくさんの漁船があったそうです。 横浜の港には大きく3つの組合があり魚漁をしていたそうです。 そして生麦でたくさんの魚介類を加工して卸売市場に出荷していたそうです。 その名残のひとつが貝殻海岸です。 現在は、新鮮な魚介類を卸売市場より買い付け お寿司屋さん等のプロに販売するのが主になっているそうです。 もちろん一般の方でも購入できます。 そして私もここ魚河岸通りの新鮮な魚介類をご馳走になりました。 生きたアワビやエビ、鯛に鮪、 新鮮だからこそ食べられるアワビの肝は珍味でした。 アナゴは今でも子安のあたりでとれるそうです。 鶴見には、このようなすばらしい場所があることを とても幸せに思います。

第2回タウンミーティング(生麦)

投稿日時:
本日は、生麦地区にて第2回目のタウンミーティングを 南仲町会館をお借りして行いました。 夜の時間帯に開催するということもあり、 何人の方にご参加頂けるか?まったく予想ができませんでしたが、 南仲町会、南仲通り商栄会その他たくさんの方のお力添えにより 地域の方々約30人が集まっていただき、 みなさんからたくさんのご意見を頂戴することも出来、 たいへん有意義な時間となりました。 第2回タウンミーティングを開催するにあたり ご協力を頂きました皆様ありがとうございました。 ご参加頂いた皆さんからは、 地域のモラルの低下に関するご意見を頂きました。 中学生のタバコの問題 自転車の2人乗りや夜間の無灯火 ごみ捨てのマナー等 何とかならないかとのことでした。 私は、このような問題に関して、 やはり地域がしっかりしていくことが最も重要であると考えています。 そのためには、行政も地域に全てを依存するのではなく、 きちんと方針を立てて、取り組み方を示した上で この部分を地域に協力して欲しいといった依頼をして 相互関係を築いていくことが必要です。 私は、このようなことも行政改革の一環だと思っています。 商店街の方からは、 看板設置に関する費用が行政から一律に徴収されている。 売り上げが激減している店舗からも徴収しているのに 繁盛していても看板設置の費用を払わずに 歩道に勝手に置いている店舗もたくさんある。 とても不公平感を感じているといったご意見も頂きました。 条例全てが正しい訳ではありません。 時代に合わないのであれば改正すべきであるし、 行政にてルールを決めたのであれば、 それを徹底する取り組みが必要である。 正直に生活している人々が損をする世の中は変えなければならない と強く感じました。 その他にも、商店街の衰退の問題や 訪問介護の問題、花月園の跡地の問題等 たくさんのご意見を頂きました。 今日のご意見をしっかりと受け止め、 カタチにして変えていくため、日々努力をしてまいります。 「やるべきことはたくさんある!」 これからも「現場第一主義」で取り組んでまいります。