年月ごと

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その2)

投稿日時:

鎌倉市は、中学校給食を実施するにあたり、平成22年より平成29年までじっくりと議論をして丁寧に進めてきました。特に大事にしてきたのは学校現場の声です。

普段でもカリキュラムをこなすのに時間が足りない状況の中、昼食を取とる時間が15分という中学校も多く、配膳から片付けを合わせると最低でも、あと5分は昼食に時間をとる必要があり、それでも食べ終わらない生徒にどのように配慮するのかといったことなど、様々な話し合いを行ってきたそうです。

最終的な時間半分は学校長の判断によるものですが、9校中8校で給食時間5分延長の見直しを行いました。また、それでも食べ終わらず、昼休みにズレ込む生徒に対しては、昼休みでも食事をしやすい環境づくりに配慮しているそうです。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その1)

投稿日時:

中学校給食を早期実現するために、全国のあらゆる手法を研究し提言を行ってきました。

今回は、鎌倉市が平成29年より実施した中学校給食について勉強してきました。

 

私は中学校給食の必要性は、子ども達の環境だけではなく、子どもを育てる親のサポートをすることも重要と考えており、兼ねてより、ハマ弁の在り方については、PTA等の保護者の意見を聞くべきと議会でも提言をしてきたところです。

 

鎌倉市の中学校給食導入のきっかけは、平成22年度に行ったアンケート結果に基づいています。このアンケートの結果を見ると、「給食が良い」と答えた割合は、小6児童で20.3%、中2生徒で18.6%なのに対して、小6保護者で65.1%、中2保護者で53.6%という結果となっています。鎌倉市は、まさに子どもを育てる親のサポートをするべきとの考えで中学校給食実施に踏み切ったのです。

【福祉】横浜市がホームヘルパーの資格取得にかかる費用を助成します!

投稿日時:

団塊の世代が 75 歳を迎える 2025 年には、市内で約 8,500人の介護人材不足すると言われています。

そこで新たな介護人材を確保するため、

横浜市はホームヘルパー等を目指す市民の方が市内事業所に一定期間就業することを条件に、

資格取得にかかる研修費用を助成することにしました。

行き場のない子どもを守る自立支援ホームとは?

投稿日時:

横浜市内にある自立支援ホーム「あいらんど」を視察してきました。


そもそも自立支援ホームとは、義務教育終了後からおおむね22歳までの家族関係がバラバラで親が受け入れない等、家庭がなかったり、虐待等で家庭に居ることができない子どもを対象に自立を目指す家なのです。
施設はNPO等の民間主体ですが、公の支援を受けながら運営を行っています。横浜市には児童相談所が4カ所あって一時保護を行っており、長期的な保護が必要な場合は、児童相談所長の判断に基づき児童養護施設に入所となります。
しかしながら、全日制高校に通っていない子どもは、児童養護施設の入所が極めて困難となるので、自立支援ホームがシェルターとなっています。


昨今、問題を抱える青少年の育成は、ケースワーカーの経験が乏しかったり、一時保護所はいつも満杯であったり、障害を抱える子どもが増えていたり、課題が多様化、複雑化しています。
更には就労を希望しても、会社側の雇用条件に合わなかったりと社会的な課題も残っています。
自立支援ホームに入所して生活するには、月額約3万円の自己負担金があります。しかし、その負担金を支払えない状況も発生しており、子ども達の自立支援のために公的に何をするべきか考えさせられます。


現状、まだ自立支援ホーム自体があまり知られてなく、児相や関係機関からの相談が少ないそうです。社会のニーズに対応したセーフティーネットの仕組みをしっかりとつくっていくことが公的役割の第一歩であると考えています。

私が提言したスカイウォークがいよいよ再オープンします!

投稿日時:

私はずっと提言してきた鶴見区大黒ふ頭のスカイウォークの再オープンはいよいよ来月です!

そこでオープンを前に整備完了した施設を視察して参りました。

大黒ふ頭に着岸する超大型客船を真上から見れる施設として活用されるのです。

この日も4000人の乗客を乗せたクァンタム・オブ・ザ・シーズが着岸していました。

はじめは超大型客船が来る時だけの開放となります。

事前申し込みでスカイウォークに入場できるのらしいのですが、

当日に行っても入場できるようにすべきと思っています。

また何れは常時オープンできる施設として私は提言をしています。

片道320mあるスカイプロムナードを渡って展望フロアへ行きます。

展望台からは晴れた日には富士山も一望できます。

眺めはとっても良いのですが、

今のままでは施設自体の魅力が乏しいので、

私はPFI等のスキームを使って民間の知恵を借りながら、

規制緩和して収益事業を取り入れて柔軟な運用をすべきと提言をしています。

隣りには港湾緑地もあり、ここも含めて一体的に賑わい創出をすべきと考えています。

また、客船の乗客が乗降時の時間調整のために憩える場として活用して欲しいと思っています。

その他にも、超大型客船の乗客が鶴見を楽しんでもらうツアーを企画することも提案しています。

鶴見には、總持寺、横溝屋敷、生麦魚河岸、キリンビールなど、観光スポットも点在しています。

私は、点と点を結んで、エリア全体が活性化する仕組みが大切だと考えています。