年月ごと

汚染残土の行方?

投稿日時:
以前、鶴見区では、 上末吉交差点付近にて アーケード雨樋からの排水を受けていた植栽ますで 放射能濃度が周辺より高くなっている土砂があり、 堆積物の撤去を行い、 残土は管理施設内に保管したとの発表がありました。 ※道路局の発表内容はこちら そしてその後、道路局より、その残土の保管施設は 各区の土木事務所であるとの説明がありました。 そこで早速、その保管状況を確認してみることにしました。 行ってきたのは鶴見区の土木事務所。 副所長さんの案内で保管状況を見せて頂きました。 残土は、二重の袋に入れ、 その周囲をコンクリートの成型物で囲い 更にブルーシートで覆って保管しているそうです。 気になる放射線量に関しては、 このブルーシートの周囲、及び保管小屋の外、 土木事務所敷地境界で測定確認をしており 何れも線量は暫定基準値以下です。 私が確認した範囲では、 保管及び管理状況に問題は無いと思います。 しかし、これだけではなく、 様々なところで発生している放射能濃度が高い物質について 今後どう処理するのか、私たち市民の不安は残ります。