年月ごと

新市庁舎計画の今後の方向で関内・関外地区のまちづくりは?

投稿日時:
「新市庁舎整備基本計画(案)」で、 最後に今後の方向が示されています。 関内・関外地区のまちづくりについては、 3つのケースを題材にして更に検討を進めます。と記されています。 この3つのケースは、 〔ケース1〕文化芸術創造都市拠点+スポーツ関連産業集積拠点 〔ケース2〕生活関連産業育成・集積拠点+スポーツ関連産業集積拠点 〔ケース3〕エンターテイメント集積拠点+スポーツ関連産業集積拠点 なのです。 即ち、どのケースを取ってもスポーツ関連産業集積拠点がマストなのです。 以前の委員会で議論したのは、 関内・関外地区のまちづくりについて テーマ1:アート&デザイン テーマ2:成長産業 テーマ3:観光・エンターテイメント テーマ4:スポーツ&健康 というグルーピングが出来るということだけです。 スポーツ関連産業集積拠点を前提とは決めていません。 基本計画(案)には「横浜文化体育館の再整備」まで書かれています。 まちづくりは、拠点の箱モノありきで周辺のまちづくりを考えるのではなく、 地域のビジョンや位置付けを明確にしてから そのまちに合ったハードとソフトを考えていくべきです。