年月ごと

ずっと公園の活用を提言しています!

投稿日時:

私がずっと提言し続けている公園の活用ですが、昨年9月に横浜市では「公園における公民連携に関する基本方針」が策定され、少しづつ前進しています。

引き続き将来に向けた、持続的な維持管理や運営のためにも、戦略的に様々な形で公民連携を進めて公園を最大限活用していくことが重要です。

公園事業における民間事業者との公民連携にあたっては、魅力づくりや賑わいの創出に加え、一定の収益性など経営的な視点も重要な条件と考えていますが、市内の全ての公園が高い収益性を見込める訳ではなく、むしろ一定の収益が見込める公園は限られてくるのではないでしょうか。

基本方針においては、民間事業者の意欲の高い公園で公民連携の推進に向けてパークマネジメントプランを策定する予定ですが、民間事業者から横浜にふさわしい良質の提案を引き出すためにも、プランを策定する公園を示すことが重要です。

また基本方針では、公民連携を具体的に進めていくにあたっての公園における「公」と「民」の向き合い方の原則として公民連携の行動5原則を示しており、「公」と「民」の相互理解が必要としています。

「公」と「民」の相互に理解し合い、民間事業者のアイデアやノウハウを最大限に引き出すことが公民連携の効果を高めるために重要です。

しかし現状では、民間では行政のルールが良く分からないし、行政は民間感覚に慣れていないので、まだまだギャップがあります。これからは、そのギャップを埋める仕組みづくりが必要です。

民間の新たなアイデアで横浜らしい魅力的で賑わいのある公園を増やすためにも、公民連携の取組をより一層推進することに期待しています。

「象の鼻パーク」って何処にあるの?

投稿日時:
横浜には「象の鼻パーク」という素敵な場所があります。 赤レンガと山下公園の間にあるパークで その中に素敵なテラスがあります。 しかし、この場所が分かりにくいといった声を耳にします。 確かにタクシーの運転手さんでも「象の鼻パーク」を知らない人もいます。 また日本大通り駅からも案内看板も無く分かり難い。 しかもパークに住所が無いのです。 この辺り一体が海岸通1丁目とのことなのです。 隠れパーク的なコンセプトなのかと思うくらい分かり難いのです。 と思っていたところ・・・・・ 素敵なサインが出来ているではないですか? 〔テラスの入り口〕 〔分電盤を利用したり〕 〔パークの入り口にも〕 しかも立派な「象の鼻」まであります。 このサインの経緯を象の鼻テラスでお聞きすると、 「ENJOY ZOU-NO-HANA -象の鼻の遊び方- 展」 のイベントの為に特別に許可を得てサインを取り付けたとのこと。 イベントが終わると全て撤去しなければならないそうです。 このパークを管理しているのは「港湾局」です。 港湾局としては横浜の港の安心安全を守るためには、 スタイリッシュなサインは不要と思っているのでしょうか? 象の鼻テラスの運営は、別の局「文化観光局」の管轄なんです。 この辺の縦割り行政が市民の皆さんの思いと逆行したり、 横浜の魅力づくりの壁になっているような気がします。 横浜の歴史を理解し、将来を考えた時に何を優先すべきか しっかりと考えていかなければならないと危惧しています。