年月ごと

児童生徒の学びを確保は重要!

投稿日時:

※2021年2月に横浜市議会、本会議の現年度議案の質疑で有村としひこ議員(鶴見区選出)が質問をした内容です。

今回の補正予算案では、職員室業務アシスタント配置事業が、1億8千万円の減額、非常勤講師等人件費が、5億5千万円の減額となっています。

そもそも、これらの事業費は、令和2年第2回定例会において、増額補正したものです。当時の当局の説明では、段階的な学校再開に伴う、家庭用教材等の印刷、保護者への連絡業務、健康管理、消毒などの感染症対策等、増加する教職員の業務をサポートするため、2人目となる職員室業務アシスタントの経費を計上した、ということでした。

非常勤講師等 人件費については、長期休業期間の短縮による、授業実施日の増加分への対応や、少人数指導のために、各学校に1人ずつ非常勤講師を配置する、というものでした。今回相当な額の減額補正となっていますので、当初の目的がしっかり達成できているのか?気になるところです。そこで、

ア 職員室業務アシスタント配置事業や非常勤講師等 人件費の執行状況について、教育長に伺いました。

《教育長答弁》【1月末時点において、配置を希望する学校のうち、職員室業務アシスタントは約95%、非常勤講師等は約88%に配置しています。学校の状況や就労希望者の意向により、勤務実績が変動したことや段階的な配置となったこと、一部未配置になったことから、執行見込みを見直しました。補正予算による緊急的な増員は、教職員の負担軽減と子ども達の学びの確保につながっております。】

新型コロナウイルス感染症の動向が、不透明な中、感染への不安により「子供を通学させたくない」「児童生徒が行う清掃作業に不安を感じる」という保護者の声も聞いています。

また、終わりが見えないコロナ禍で「子ども達を守らなければならない」といった責任感から、教職員が積極的に消毒作業も行っていますが、業務負担が増えるだけでなく、その重圧から精神的な負担も増え、疲弊してしまう教職員もいると思います。すべての学校関係者が感じている、心理的負担へのケアも今後ますます必要です。

先ほど触れた、職員室業務アシスタントも、学校現場の負担軽減につながっているとは思いますが、緊急事態宣言期間が延長となった今、学校で消毒や清掃が、生徒や教職員の重荷になっていないか気になるところです。そこで、

イ 学校の消毒や清掃作業の現状について、教育長に伺いました。

《教育長答弁》【消毒は教職員が行っていますが、国の通知を受け、8月からはドアノブなど消毒範囲を限定して、1日1回行っています。机やいすなどは、教職員と児童生徒が、清掃活動の中で消毒効果のある家庭用洗剤等を使い、拭き掃除をしています。密を避け、十分換気し、終了後は、石鹸で手洗いしており、問題ないと考えております。今後も状況に応じた本市ガイドラインの改訂や感染対策費の配当等により学校を支援してまいります。】

感染症対策と、児童生徒の学びの保障を両立させていくのは、大変ですが、今後も学校現場に寄り添った対応を要望します。

↓動画はこちら↓

夕張視察(教育環境編)

投稿日時:
夕張市は炭鉱閉鎖に伴い財政状況が悪化、 更には人口減少率が全国1位といった状況の中、 教育環境も徐々に厳しい状況へと変わっていきました。 市内に4校あった高校は現在1校となりました。 中学校も10ありましたが現在は1校のみです。 そしてなんと小学校も28校から1校へと統合していったのです。 ボロボロの校舎で隙間風に凍えながら 授業を受けているものだと勝手にイメージしながら 学校を見に行ってみると、その立派な校舎にびっくり! 【統合された中学校】 箱モノにはお金掛けている感じです。 【統合された小学校】 また学校へ行くための公共交通手段はバスのみです。 財政難状況の中、バス事業者も十分に運行することができません。 朝の通学の時間はバスを1本走らせるのがやっとのようです。 子ども達の教育環境整備の優先度は各々の事情があるようです。

高校ダンス部選手権の横浜地区予選に行ってきました!

投稿日時:
7月28日に横浜みなと総合高校で行われた 「高校ダンス部選手権」横浜地区予選に行ってきました。 この大会は高校の部活動の団体しか参加できないんです。 だからある意味、球児が甲子園を目指すのと同じようなダンス部の大会なのです。 本当は横浜は東日本地区予選枠なのですが、 主催者と行政の努力によって横浜シード枠みたいのが設けられました。 もともと今年は、市長の方針によるダンスの年で 私は昨年から、どうせやるなら多くの市民の皆さんが参加できる 仕組みをつくっていくことが重要だと議会で訴えてました。 そして実現した取り組みのひとつがこの大会なのです。 今回は、横浜地区予選で参加した学校は、 ビッククラス9校とスモールクラス6校でした。 横浜市にはダンス部のある高校が66校あるのですが、 すべてがヒップホップ系もやっている訳ではないので難しい面もありますが、 もっともっと多くの学校が参加して頂けたら良いなあと思っています。 今回、地区予選が行われた「横浜みなと総合高校」は、唯一、エアコンの無い会場で、 見ているだけでも汗だくになるほど、とっても蒸し暑い会場でした。 会場費や設備等の問題もあり、色々と調整した結果なのでしょうが、 サウナスーツのようなビニール生地の衣装を着ているチームもあり、 熱中症の問題などもあり、改善する課題はあるなあと感じました。 そして、今回は高校の体育館が会場なのでセキュリティの問題もあり、 多くの方に自由に見て頂ける環境になく、 見学者に制限があったのも残念に思いました。 行政として検討すべき課題はあるにしても、 横浜代表に選ばれた 川和高校、氷取沢高校、元石川高校の皆さん 全国大会では優勝を目指して頑張ってください。 このような行政の取り組みが一過性のものではなく、 継続していけるような方法を検討して 今後も横浜をダンスで盛り上げていければと思っています。