年月ごと

高校ダンス部選手権の横浜地区予選に行ってきました!

投稿日時:
7月28日に横浜みなと総合高校で行われた 「高校ダンス部選手権」横浜地区予選に行ってきました。 この大会は高校の部活動の団体しか参加できないんです。 だからある意味、球児が甲子園を目指すのと同じようなダンス部の大会なのです。 本当は横浜は東日本地区予選枠なのですが、 主催者と行政の努力によって横浜シード枠みたいのが設けられました。 もともと今年は、市長の方針によるダンスの年で 私は昨年から、どうせやるなら多くの市民の皆さんが参加できる 仕組みをつくっていくことが重要だと議会で訴えてました。 そして実現した取り組みのひとつがこの大会なのです。 今回は、横浜地区予選で参加した学校は、 ビッククラス9校とスモールクラス6校でした。 横浜市にはダンス部のある高校が66校あるのですが、 すべてがヒップホップ系もやっている訳ではないので難しい面もありますが、 もっともっと多くの学校が参加して頂けたら良いなあと思っています。 今回、地区予選が行われた「横浜みなと総合高校」は、唯一、エアコンの無い会場で、 見ているだけでも汗だくになるほど、とっても蒸し暑い会場でした。 会場費や設備等の問題もあり、色々と調整した結果なのでしょうが、 サウナスーツのようなビニール生地の衣装を着ているチームもあり、 熱中症の問題などもあり、改善する課題はあるなあと感じました。 そして、今回は高校の体育館が会場なのでセキュリティの問題もあり、 多くの方に自由に見て頂ける環境になく、 見学者に制限があったのも残念に思いました。 行政として検討すべき課題はあるにしても、 横浜代表に選ばれた 川和高校、氷取沢高校、元石川高校の皆さん 全国大会では優勝を目指して頑張ってください。 このような行政の取り組みが一過性のものではなく、 継続していけるような方法を検討して 今後も横浜をダンスで盛り上げていければと思っています。

鶴見会館跡地の利用計画は着々と動き始めています!

投稿日時:
平成22年に閉館した鶴見会館跡地(現在はさら地)は、 ■高齢者向け住宅 約2700m2 ■保育所 約1100m2 ■鶴見小学校の用地 約600m2 の3つの利用用途に分けて 進めて行くとの方針を立てていましたが、 今回、高齢者向け住宅について 整備・運営事業者の公募を開始しました。 今後のスケジュールは、 平成24年5月7日  事業計画書受付開始 平成24年7月31日  事業計画受付締切 平成24年8月頃  事業計画書提出者によるプレゼンテーション 平成24年9月頃  整備事業者選定 平成24年12月1日予定  定期借地契約締結 平成24~25年度  設計、工事 平成26年度中    入居予定 となっています。 この土地は、事業者が横浜市と 定期借地契約50年を結び、 横浜市のコンセプトに基づき、 事業者の責任において事業を行う というスキームです。 応募があるかどうかは未だ不明です。 ちなみに保育所に整備に関しては、 昨年の11月に整備計画を発表しており 3階建で120人程度収容の施設となります。 スケジュールは本年度に設計・建設し 平成25年4月に開所を目指しています。 今後も、ここの動向を注意しながら見ていきます。