年月ごと

横浜市水道局の浄水場は国内トップレベルの管理だった!

投稿日時:
横浜市水道局の浄水場を視察して参りました。 現在、横浜市には西谷と小雀と川井の3つの浄水場が稼働しています。 川やダムから送られた水はこれらの浄水場で 普段皆さんが口にしている飲み水に浄化されるのです。 そんなとっても重要な機能を担っている場所なので、 西谷と小雀の2カ所を視察してきました。 先ずは、保土ヶ谷区にある西谷浄水場。 ここに相模湖系の水が1日に25万トン送られてきます。 相模湖から30km以上の道のりを自然流下で流れてくるので 到達するまで半日ほど掛かります。 送られてきた水は沈殿池に送られ PAC(凝集剤)を入れて細かな浮遊物を塊にして沈めます。 これを凝集沈殿と言います。 次に急速ろ過池に送られた水は砂の層を通過させて 取りきれなかった浮遊物をろ過します。 そして殺菌管理されて飲み水となります。 この行程で取り除かれた浮遊物は排水処理設備に送られて、 濃縮されて脱水・乾燥させて 園芸土の原料として再利用されていました。 それが原発事故以来、放射能の問題が発生したため、 現在は、規定値以下であることを確認した上で コンクリートの材料として コンクリート製造会社にお金を払って 産廃として引き取ってもらっています。 施設内には約80人の職員さんが働いており、 水道事業としては国内でも数少ない 「ISO/IEC17025」の水質検査室を持っています。 要するに外部機関に水質検査を出さなくても、 ここで測定検査した結果(数値)は公文書として証明できる 国際規格を取得しているのです。 この検査設備は凄かった。 微生物検査から生物検査、異物検査に有機物検査、無機物検査、 水道水質基準の50項目を含め、 約150の検査を行うことができるのです。 ですから、万が一、水道水に異物が混入していた場合でも その物質が何なのか?ほとんどの場合は特定可能なんです。 更には、原発事故に伴い関東地方の水道水から 一時的に放射能物質が検出されたことを受け、 横浜市水道局ではいち早く放射性物質を測定する装置を導入し、 常に安全であることを確認しています。 これだけの設備でしっかりと管理していれば、 横浜の水道水は安心・安全であることが実感できます。 次に向かったのは、戸塚区にある小雀浄水場。 こちらは相模川の水を寒川あたりから取水しています。 小雀浄水場までは12km離れており、 更には浄水場が高台にあるため 56mの高さをポンプで圧送しているのです。 その量なんと1時間で2万7千トン。 そんなこともあり小雀浄水場の電気料金は 年間7億9千万円にものぼり そのうち約半分が揚水ポンプの電力に使われているのです。 だから小雀浄水場は以前より太陽光発電に力を入れているのです。 なかなか費用対効果を考えるとコスト低減には貢献できませんが、 環境配慮といった観点では貢献しているものだと思います。 それと小雀浄水場って横浜市と横須賀市の 共同施設だって皆さんご存知でした? 管理は100%横浜市が担っていますが、 必要経費は両市で按分しているのです。 その他の特徴としては、 西谷ではセメント材料として処理されていた 水から除去された物質は、 この浄水場では汚泥のまま 南部汚泥資源化センターに配管で送られているのです。 どちらが効率的かはもっと勉強しなければ判断できませんが、 現地を視察すると色々なことに気づきます。 これからも現場第一で取り組んで参ります。