年月ごと

横浜市の「ファイブラウンド方式」を導入した英語教育【動画あり】

投稿日時:

「ファイブラウンド方式」を導入した英語教育

 

中高一貫教育校である南高校附属中学校で既に実践している、英語の教科書を1年に5回繰り返す「ファイブラウンド方式」については、新聞報道でも取り上げられ、85%の生徒が英検準2級以上に合格して英検の協会から表彰されるなど、成果が上がっており、全国的に注目され、視察者が多数来校していると聞いています。

  本市の市立中学校では、まだ一斉に導入していませんが、南附属中学を視察した埼玉県熊谷市では、市立全中学校でファイブラウンド方式を採用実践していると聞いています。南高校附属中学校で先駆的に開発し、実践を始めましたが、中学校への横展開では他都市が模倣して先行している状態にあります。そこで、

 

(1)南高校附属中学校で先駆的に行っているファイブラウンド方式を視察した他都市が英語教育に取り入れていることについての見解を教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】南高校付属中学で実施している英語のファイブラウンド方式については、教科書を繰り返し「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を5回のラウンドを通して磨くという特徴があります。この部分を他都市にご評価いただいたものと思っています。

 

他都市が模倣して先行している状態についての見解を聞いたのですが、答えられないくらい都合の悪い状況のようです。仲間の伊藤議員が今年2月の予算代表質疑で、「ラウンド方式の市立中学校への横展開」について質問をし、教育長は、「他の市立中学校への導入も検討する」と答弁されています。そこで、

 

(2)ファイブラウンド方式の市立中学校への横展開の検討状況について国際教育等担当部長に伺いました。

 

【担当部長答弁】ラウンド方式については、毎年、南高校付属中で行う公開授業研究会について市立中学校に周知し、英語科教員が実際に見ることで、ラウンド方式の理解を進めています。また、ラウンド方式を実践している市立中学校の取り組み状況の把握や、授業づくり講座などを行うことで、教員の授業力向上を図っています。南高校付属中が採用しているファイブラウンド方式だけではなく、教科書のユニットごとのラウンドや前の学年の学習内容も合わせた2年間、あるいは3年間のラウンド方式など、教科書の使い方については、生徒の学習状況に応じた、様々な方法を活用し、生徒の英語力向上に努めて参ります。

 

結局は、今の学習内容でも復習をしているので、ある意味ラウンド方式と同じであると言っているのですね。では、何で成果に違いが出るのでしょうかね?

ラウンド方式の導入について、学校現場の声を聞いてきましたが、一般の市立中学校では高校受験を念頭に置くことが大切であり、高校受験がない前提での南高校附属中学校のラウンド方式をそのまま導入することは難しいとの意見がありました。しかし、同様に高校受験のある他都市の市立中学校が実施しているので、そのような考えは、理解に苦しみます。 一方、本市では横浜型小中一貫教育を進めており、西金沢小中学校と霧が丘義務教育学校では、特色ある教育課程を編成するとしています。そこで、

 

(3)西金沢小中学校や霧が丘学園へのファイブラウンド方式の導入について、国際教育等担当部長に伺いました。

 

【担当部長答弁】両校では、義務教育9年間の連続性や一貫性をより重視した特色ある小中一貫教育を推進しています。英語教育についても学校の特色を生かし、子どもの実態を踏まえたカリキュラム編成や指導方法を検討、実施しているところです。今後の小学校英語の教科化を踏まえ、ラウンド方式を含めた指導方法について検討していきます。

 

どうしてもラウンド方式には抵抗があるようです。では、高校受験がないという点では、同じ中高一貫校である横浜サイエンスフロンティア高校附属中学校の英語教育には、このラウンド方式に着目できると思います。そこで、

 

(4)横浜サイエンスフロンティア高校附属中学校への導入について、国際教育等担当部長に伺いました。

 

【担当部長答弁】横浜サイエンスフロンティア高校付属中学校の英語教育については、現在検討を行っているところです。同校に相応しい英語教育となるよう、南高校付属中のファイブラウンド方式をはじめとした様々な中高一貫教育校での実施方法を参考にしながら研究を進め、よりよい方法で実施していきたいと考えています。

 

  教育には正解はありませんし、比較検証も難しいものです。だからこそファイブラウンド方式を展開できない理由を考えるのはなく、より良い教育環境を目指すためにも、積極的に新たな挑戦をして頂きたいと思います。

「政令市ならではの教育の在り方」について考えてみました!

投稿日時:
動画でご覧になる方 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 質問の内容はこちら 答弁の内容はこちら 生徒に対してよりよい教育環境を提供していくことが本市の役割でありますが、政令市としての権限を最大限に活かして特色ある教育に取り組んでいくことも本市の重要な役割であると考えています。 横浜市は小・中・高・大と全ての学校を設置しています。 その意義を考えた時に、本市が行う教育という将来への投資が横浜に貢献するかたちになることが望ましいと思います。 横浜市が横浜市立大学に毎年100億円以上の投資をしている実情も踏まえ、より連携を強化し横浜に還元できる仕組みをつくっていくことも必要であると思います。そこで、 (1)本市が小学校から大学まで市立として設置し運営している意義は何か伺いました。 【横浜市の答弁】 本市が小学校から大学まで市立として設置し運営している意義でございますが、横浜は、他の多くの政令指定都市や基礎自治体と異なり、その成り立ちや歴史的経緯から、義務教育に加えまして、市立の高校、大学を設置しているなど、大都市ならではの強みを持っております。そうした強みを生かしまして、義務教育と高校教育、高校教育と大学とが密接に連携することで、子供たちが、将来の横浜はもとより、日本、さらには国際社会で活躍できるよう育てていけることに大きな意義があると考えております。 日本や国際社会で活躍できる人材を育てることが意義であれば、特に市立大学は横浜市が取り組む必要性について、より明確な説明が必要だと思います。 そういった中、今年の初めに横浜市立大学と神奈川県が包括連携協定を締結したとの報道がありました。 連携協定に関する報道では、横浜市大医学部医学科が県立高校を対象とした推薦入学制度の導入を検討していくとの内容でした。 県立高校との連携を否定するものではありませんが、本市の立場としては積極的に市大との連携を強化していくべきなのに、横浜市立大学は大学法人であり、本市が口を出す立場に無いと言わんばかりのスタンスに違和感を覚えました。そこで、 (2)横浜市大医学部の指定校推薦枠を市立高校にも設けるように本市として積極的に働きかけるべきと考えますが、見解を伺いました。 【横浜市の答弁】 市大医学部の指定校推薦枠を市立高校にも設けるように働きかけるべきとの御意見についてでございますが、市大医学部では、公募制推薦制度なのか、指定校推薦制度なのかなど、推薦入試制度の中身について具体的な検討が行われております。このことに関しましては、平成26年度予算案の記者発表時に、当然市立高校も対象になると本市の見解を申し上げておりまして、市立大学にも既に要請したところでございます。現在検討している推進制度の導入が横浜市民の医療に一層貢献していただける人材の獲得につながることを強く期待をしております。 この答弁を時系列に整理すると、本年1月27日の発表では、市立大学の理事長と神奈川県知事が笑顔で握手を交わしており、この時点では、横浜市の立場は考えていなかったものと察します。 その後、横浜市との調整を行い予算案の記者発表時に見解を修正したようにも見えます。 そういう状況からも横浜市の政令市ならでは教育といった考えは、後手になっているといった印象は否めません。 何れにしても、私が議会で質問をした後の6月5日に横浜市立大学は医学部医学科へ2016年度入試から、5人を推薦枠で募集することを発表しました。 高校からの推薦に基づく公募制推薦で、横浜市立高校9校を含む同大医学部医学科に合格実績のある県内の高校36校の計45校が対象となりました。 これで市立サイエンスフロンティア高校は昨年に市大医学部の合格実績もあり、有力視されることとなります。 また、中高一貫教育となった市立南高等学校附属中学校も今後、期待されます。何よりも、生徒の持つ夢が実現できる可能性を広げていくことは大切なことだと思います。 そういった状況も踏まえ、横浜市が小学校から大学までを設置している意義について、もう一度考え直す時期にきているように感じます。