年月ごと

鶴見に1カ所「津波警報システム」を設置

投稿日時:
第4回市会定例会において 震災対策9事業の補正予算が可決されましたが、 そのうちのひとつが予算8700万円の 津波警報システム整備事業でした。 この予算に基に市内10カ所に 津波警報システムが設置場所が決定しました。 鶴見区におきましては、 生麦貝ノ浜公園(生麦4丁目34番地) に設置されます。 この警報システムは、 気象庁から発表される津波警報を受けて、 スピーカーから自動的に津波警報、 避難勧告・指示などの緊急情報を放送したり、 市役所や区役所から直接放送できるようになります。 本年度は鶴見区に1か所ですが、 来年度は90カ所を予定していますので、 津波による浸水が予想される鶴見区では、 更に津波警報システムが設置される予定です。 今後4年で巨大地震が起こる確率が70%とも言われていますので、 早急に整備を進めていかなければならないと考えています。