年月ごと

新市庁舎計画の一体的な建物配置の考え方とは?

投稿日時:
新市庁舎を検討する委員会で 「新市庁舎整備基本計画(案)」が示されました。 この中には、今年一年間議論された内容が盛り込まれているのですが、 基本的には委員会で使われた資料を束ねたものとなっています。 そして最後に「今後の検討にあたって」と3ページ程で考え方が示されています。 先ず初めに気になるのは「建物配置・空間構成の考え方」です。 今まで委員会では北仲通南地区は全体がひとつの工区なので、 アイランドタワーと一体で開発が必要であると説明をしてきました。 であればアイランドタワーの一部であるヨコハマ創造都市センターは 横浜市が所有する普通財産なので、 今後の位置付けや在り方、新市庁舎との関係等は 基本計画の中で方向性を示すべきと思います。 しかし横浜市としては計画が具体化してから ヨコハマ創造都市センターの在り方を考えていきたいとのことでした。