年月ごと

横浜市立中高一貫校の教職員人事【動画あり】

投稿日時:

 

市立中高一貫教育校では、中高6年間を一体として特色ある教育を実践するため、教職員には3年サイクルの教育とは違う知識・経験・能力が求められます。そのため、中高一貫校の特色に配慮した人事の仕組みがあっても良いのではと私は思っています。そこで、

 

(1)現在、市立中学校・市立高校教員の人事と、市立中高一貫校の人事とで制度に違いがあるのか、教職員人事部長に伺いました。

 

【部長答弁】中高一貫教育校は、高校と付属中学校それぞれに教職員が所属しています。在籍年限などの異動制度はそれぞれの学校に適用され、その内容は一般の中学校、高校と同様です。

 

そうなんです。一般に中学校や高校と扱いはまったく同じなのです。中高一貫校に登用する教員は、特色や求められる役割等を考えると、他校種に比べて同一校に長く在職させるなどの工夫が制度上で必要だと思います。そこで、

 

(2)中高一貫教育校への人事配置の考え方について、教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】現在も、中高一貫校の高校教員に付属中学を兼務させるなど、人事上の対応を行っています。どの校種であっても、適材適所の人事配置を努めていますが、特に中高一貫校への配置にあたっては、各校が行う特色ある教育の実践に適する人材を登用するよう引き続き努めていきます。

 

そのように思うのであれば、在職期間の延長など制度上できちんと定めておけば良いのにと思うのですが・・・

中高一貫校の特色ある教育活動の実現には、人事配置だけではなく、中高一貫校の取り組みに特化した研修も重要です。東京都は、10校の中高一貫校を設置していて、中高一貫校教員用の研修制度を設けているそうです。そこで、

 

(3)中高一貫校教員専用の研修プログラムの必要性について、教育長の見解を伺いました。

 

【教育長答弁】中高一貫校では、その使命や役割に鑑み、特色あるカリキュラムや授業を進めるための校内研修やOJTを積極的に行うことが必要と考えています。教育委員会では、専門家や指導主事による支援を通じて、各校独自の取り組みを推進していきます。

 

 どうも既存の研修制度で対応していこうという考えが強いように感じます。中高一貫校では高校の授業の先取りなど行っていますので、教員にも専用の研修プログラムは必要だと思います。

現在、神奈川県内の公立中高一貫校としては歴史の浅い4校しかありません。県内の公立中高一貫校の情報だけでは不十分です。本市の教員は、他都市の中高一貫校をもっと広く学ぶべきだと思います。そこで、

 

(4)中高一貫教校の教員を、他都市の先進校に派遣し研修させるべきですが、教育長はどう考えているのか見解を伺いました。

 

【教育長答弁】他都市への研修派遣については、今年度は実施していませんが、必要に応じて実施してきたし、今後も検討していきます。

 

横浜市立中高一貫校については、新たな選択肢として、高い期待があります。是非とのその期待に応えるために、積極的に様々な取り組みをして頂きたいものです。

 

ところで、学校現場において校長先生の影響というのは非常に大きいのですが、サイエンス附属中学は、校長がまだ公表されていません。

 

サイエンスフロンティア高校を開校した時は、1年前から準備室長として任命し、前年の10月1日に佐藤春夫室長を校長として発令しました。南高校附属中学の場合も同様でした。

 

開校の前年の秋には、神奈川県には設置を届け出るため、また、今後入学の募集といった観点からも、そろそろ校長を発令する必要があります。昨年あたりには、附属中学に校長は置かず、高校の校長が兼務する案も検討されていると聞いたこともあります。そこで、

 

(5)南高校附属中のように、高校とは別に附属中学の校長を発令するのか?あるいは高校の校長に兼務させるのか?教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】サイエンスフロンティア高校付属中の教育の特色や生徒数等から、どのように学校管理職を置くべきか現在検討中です。

 

(6)それでは、いつ校長を発令するのか?教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】実際の発令は、人事異動の時期になりますが、人事異動の時期までには教育委員会に諮り、決定していきたいと考えています。

 

たぶん、一体的な教育といった観点より、高校の校長が中学を兼務することになると思いますが、学校運営には、組織を明確にして、できるだけ準備期間を多く取った方が良いと思いますので、早急な決定をお願いしたいものです。

横浜市の「ファイブラウンド方式」を導入した英語教育【動画あり】

投稿日時:

「ファイブラウンド方式」を導入した英語教育

 

中高一貫教育校である南高校附属中学校で既に実践している、英語の教科書を1年に5回繰り返す「ファイブラウンド方式」については、新聞報道でも取り上げられ、85%の生徒が英検準2級以上に合格して英検の協会から表彰されるなど、成果が上がっており、全国的に注目され、視察者が多数来校していると聞いています。

  本市の市立中学校では、まだ一斉に導入していませんが、南附属中学を視察した埼玉県熊谷市では、市立全中学校でファイブラウンド方式を採用実践していると聞いています。南高校附属中学校で先駆的に開発し、実践を始めましたが、中学校への横展開では他都市が模倣して先行している状態にあります。そこで、

 

(1)南高校附属中学校で先駆的に行っているファイブラウンド方式を視察した他都市が英語教育に取り入れていることについての見解を教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】南高校付属中学で実施している英語のファイブラウンド方式については、教科書を繰り返し「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を5回のラウンドを通して磨くという特徴があります。この部分を他都市にご評価いただいたものと思っています。

 

他都市が模倣して先行している状態についての見解を聞いたのですが、答えられないくらい都合の悪い状況のようです。仲間の伊藤議員が今年2月の予算代表質疑で、「ラウンド方式の市立中学校への横展開」について質問をし、教育長は、「他の市立中学校への導入も検討する」と答弁されています。そこで、

 

(2)ファイブラウンド方式の市立中学校への横展開の検討状況について国際教育等担当部長に伺いました。

 

【担当部長答弁】ラウンド方式については、毎年、南高校付属中で行う公開授業研究会について市立中学校に周知し、英語科教員が実際に見ることで、ラウンド方式の理解を進めています。また、ラウンド方式を実践している市立中学校の取り組み状況の把握や、授業づくり講座などを行うことで、教員の授業力向上を図っています。南高校付属中が採用しているファイブラウンド方式だけではなく、教科書のユニットごとのラウンドや前の学年の学習内容も合わせた2年間、あるいは3年間のラウンド方式など、教科書の使い方については、生徒の学習状況に応じた、様々な方法を活用し、生徒の英語力向上に努めて参ります。

 

結局は、今の学習内容でも復習をしているので、ある意味ラウンド方式と同じであると言っているのですね。では、何で成果に違いが出るのでしょうかね?

ラウンド方式の導入について、学校現場の声を聞いてきましたが、一般の市立中学校では高校受験を念頭に置くことが大切であり、高校受験がない前提での南高校附属中学校のラウンド方式をそのまま導入することは難しいとの意見がありました。しかし、同様に高校受験のある他都市の市立中学校が実施しているので、そのような考えは、理解に苦しみます。 一方、本市では横浜型小中一貫教育を進めており、西金沢小中学校と霧が丘義務教育学校では、特色ある教育課程を編成するとしています。そこで、

 

(3)西金沢小中学校や霧が丘学園へのファイブラウンド方式の導入について、国際教育等担当部長に伺いました。

 

【担当部長答弁】両校では、義務教育9年間の連続性や一貫性をより重視した特色ある小中一貫教育を推進しています。英語教育についても学校の特色を生かし、子どもの実態を踏まえたカリキュラム編成や指導方法を検討、実施しているところです。今後の小学校英語の教科化を踏まえ、ラウンド方式を含めた指導方法について検討していきます。

 

どうしてもラウンド方式には抵抗があるようです。では、高校受験がないという点では、同じ中高一貫校である横浜サイエンスフロンティア高校附属中学校の英語教育には、このラウンド方式に着目できると思います。そこで、

 

(4)横浜サイエンスフロンティア高校附属中学校への導入について、国際教育等担当部長に伺いました。

 

【担当部長答弁】横浜サイエンスフロンティア高校付属中学校の英語教育については、現在検討を行っているところです。同校に相応しい英語教育となるよう、南高校付属中のファイブラウンド方式をはじめとした様々な中高一貫教育校での実施方法を参考にしながら研究を進め、よりよい方法で実施していきたいと考えています。

 

  教育には正解はありませんし、比較検証も難しいものです。だからこそファイブラウンド方式を展開できない理由を考えるのはなく、より良い教育環境を目指すためにも、積極的に新たな挑戦をして頂きたいと思います。