年月ごと

中学の部活動はどう考えるべきか?【動画あり】

投稿日時:

 

中学校に入学して学校生活で楽しみしていることの一つに、部活動を挙げる小学生も多くいると思います。

中学校の部活動は、課外活動ではありますが、私たちの世代は、重要な教育活動であると認識しています。私は中学の時にサッカー部だったのですが、新卒の先生が顧問で、熱心に指導頂いたこともあり、高校でもサッカー部に入り、社会人になってからもしばらくサッカーをしていました。岡田教育長ご自身の部活経験も踏まえて、先ずは、

 

(1)中学校の部活動の認識について教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】私は、中学・高校とバスケット部に所属しておりました。部活動は、学校教育の一環として、教育課程との関連が図られるよう留意して取り組まれています。スポーツや文化及び科共通の興味・関心をもつ生徒が集い、活動を通じて学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養等、生徒が豊かな学校生活を送る上で大いに意義のある活動であると認識しています。

 

部活動を取り巻く環境は、私たちが中学生の時と今の時代はだいぶ違っているように思います。別にプロになる訳ではないのだから、そんなに一生懸命に取り組まなくても良い、という考え方もあり、私立中学の一部では、部活動を推奨しない学校も存在します。

その一方で部活動を通じ、自分自身に厳しく練習に取り組んで欲しい。集団行動の中でコミュニケーション力を育んで欲しいと望む親もいます。そこで、

 

(2)部活動に対する保護者の価値観に関する認識について教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】部活動に取り組む生徒の目的や気持ちは先生もおっしゃるとおり非常に様々それをサポートする保護者の部活動に対する価値観も様々です。一方で生徒指導の場として学校にしっかり取り組んで欲しいという保護者もおり、また、実施するからには大会での優勝などの、成果を出してほしいとの願いなど、保護者の思いが多様化している状況を認識しています。

 

そういった多様化した価値観の中、中学校の部活動は、多くの先生方に支えられている現状があります。そこで、

 

(3)中学校の教職員が顧問を務める割合について指導部長に伺いました。

 

【部長答弁】28年度は、教職員のうち約9割が中学校の顧問を務めています。

 

これだけ多くの先生方が、日々の授業や学級担任業務に従事しながら部活動の顧問を引き受け、子どもたちのために頑張ってくれていることに感謝申し上げます。

こういった現状の中、先生方の負担を考えると、部活動の顧問の先生を支援し、部活動を充実させる一つの方法として、外部指導者の活用も有効であると考えます。そこで、

 

(4)現状の外部指導者の派遣状況について指導部長に伺いました。

 

【部長答弁】27年度は、約9割の学校へ外部指導者を派遣しています。派遣人数は運動部で171人、文化部で110人、合計で281人となっています。

 

学校へはできるだけ多くの外部指導者を派遣してほしいと思うのですが、そこで、

 

(7)外部指導者の派遣回数の調整について指導部長に伺いました。

 

【部長答弁】外部指導者の派遣回数については、各学校に次年度の外部指導者の活用状況を事前に調査した上で、公平性を担保しながら派遣回数を決定しています。

 

外部指導者は誰でも良いという訳にはいきませんので、ふさわしい人材を考えると、実技指導に堪能で、人格・識見ともに優れ生徒指導に適する人材ということになるのでしょうか?

そこで提案なのですが、私のイメージでは中学の校長先生は、指導熱心な体育の先生が多い印象なのですが、特に運動部の場合は、まさに適任ではないかと思います。そこで、

 

(9)退職教員が部活動の外部指導者をすることについての見解を、教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】指導経験の豊富な退職教員が、外部指導者として部活動指導に積極的に携わっていただけることは、学校にとって大きな支援になると思いますし、私もありがたいと思っています。

 

これは外部指導者拡充の手段のひとつなので、各学校の実態に合わせて、今後も部活動を支援する環境整備が必要な訳ですけれども、そこで、

 

(10)外部指導者派遣の仕組みづくりや事業の充実について教育長に伺いました。

 

【教育長答弁】学校で指導者を見つけることが困難な場合は、教育委員会事務局から横浜市体育協会等の関係機関にマッチングを依頼しています。文科系の指導者についても、関係機関への依頼について現在調整しています。また、国が検討している「部活動指導員」などの動向を注視し、外部指導者の在り方や、適任者選出の方法などを検討していかなければいけないと考えています。

 

 いずれも、学校の状況に応じて柔軟に支援できるような仕組みづくりをお願いしたいと思います。

生見尾踏切は閉鎖すべきか?

投稿日時:
生見尾踏切についてこの度、踏切を閉鎖してエレベータと跨線橋を設置する計画が示されました。理由は、今後の超高齢社会において、将来にわたる安全性が確保できないためとのことです。 そもそも生見尾踏切は以前より横断延長が40mと長いことや開かずの踏切であること等、緊急対策が必要な踏切に指定されていました。そして、誰もが安心して利用できるようにと、踏切と併用してお年寄りや体の不自由な方用のエレベータを設置する検討が進められていました。しかし踏切と併用してエレベータを設置する場合には用地買収が必須であり、用地確保の目途が立たないために計画が進んでいませんでした。 横浜市は昨年の生見尾踏切での事故を受け、踏切が利用できる状況では事故のリスクはゼロにはならないと考え、踏切の閉鎖をする方針を打ち出したのです。 誰もが安心して横断できるようにエレベータと跨線橋を設置することには誰も反対はしていません。しかし、踏切を閉鎖することには利便性や街の賑わい、防災上の観点より問題があると多くの方々が思っています。 そもそも鶴見はJR各線により地域の東西が寸断されているといった課題がありました。横浜市も防災上の観点から東西の寸断は課題があると言ってきたのです。それにも係わらず近年では總持寺前の踏切を閉鎖し、次は生見尾踏切までも閉鎖しようとしているのです。 その場しのぎの対策は、将来の街の発展を抑制してしまう可能性があります。もっと広域での安心・安全や街の賑わい等、様々な観点での検討した上で将来を見据えた街づくりをするべきと考えています。 【踏切事故後の検討経緯】 平成23年9月に地元地域が生見尾踏切の改善を求めた要望書を、横浜市道路局に提出。JRは同年10月より踏切保安員を配置。11月から地域代表者による「生見尾踏切安全対策検討会」を数回開催。その中で横浜市は4つの概略ルート案を示していた。 【横浜市が考える踏切閉鎖の必要性】 昨年8月に起きた事故を重く受け止め、同じ事故を繰り返さないよう自転車や歩行者が安心して渡れる「こ線人道橋」を、時間を要する用地買収は行わず、現在の踏切上に、短期間で整備します。 また、横浜市では、 ① 生見尾踏切は、横須賀線と京浜東北線、東海道線を横断する延長約40mの踏切であるため、高齢者等が安全に渡りきるには、相当の時間を必要とします。(貨物線を横断する約20m区間は立体交差となっています) ② 高齢者等が安心して渡れるように、踏切警報機が鳴り始めてから遮断機が下がり始めるまでの時間を長めに設定すると、踏切の遮断時間※はさらに長くなってしまいます。(現在の遮断時間はピーク時1時間当たり45 分) ③ 踏切内は鉄道の構造上、凹凸があるため、高齢者等の転倒などの危険性があります。このようなことから、今後の超高齢社会において、将来にわたる安全性の確保ができないため、踏切を閉鎖する必要があると考えています。