年月ごと

横浜市鶴見区のワクチン接種の予定!

投稿日時:

私のところにもワクチン接種に関するお問い合わせがとても多くなっています。
そこで横浜市鶴見区の現在の状況をお伝えします。
個別通知(接種券)の送付開始は、
80歳以上の方4/23(金)横浜市内約34万人
75歳以上の方4/30(金)横浜市内約19万人
70歳以上の方5/10(月)横浜市内約25万人
65歳以上の方5/14(金)横浜市内約19万人
基礎疾患のある方と高齢者施設等の従事者等
上記以外の者
の順番です。
通知が届いたら接種の予約が必要です。
予約開始は5/3(月)9:00~となります。
予約方法は2つ
1. 電話で予約 0120-045-112
2. パソコン。スマートフォン 通知記載のURL参照
集団接種会場 鶴見公会堂 今のところ日、水、木、土の9時45分から15時30分まで。
5/24(月)から病院・診療所等での「個別接種」を開始します。
6月7日以降、順次、集団接種の会場を追加する予定です。
横浜市内であれば、お住いの区以外の接種会場でも接種できます。
自己負担はありません。
その他、新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせは 0120-045-070 まで。

横浜市の新型コロナウイルスワクチン接種

投稿日時:

※2021年2月に横浜市議会、本会議の現年度議案の質疑で有村としひこ議員(鶴見区選出)が質問をした内容です。

新型コロナウイルスワクチンの接種については、市民の皆さんの関心も大変高く、感染症対策の切り札として期待されています。

感染拡大を防止するためには、希望するすべての市民の皆様が、できるだけ早く、ワクチンの接種を受けられることが重要です。

人口375万人の横浜市では、集団接種の会場費用など、大都市ならではの経費が掛かることが想定されます。河野大臣からは「全額、国が負担する」との発言もありましたが、迅速かつ、着実な接種の実施に向けては、財源の確保が不可欠です。そこで、

ア 接種に必要な費用は、国からの補助金で賄うことができるのか、副市長に伺いました。

《副市長答弁》【指定都市市長会として要望を行った結果、国からは、接種体制確保に必要な費用については、地方負担が生じることのないよう、国が全額を負担する方針が示されました。市民の皆様が接種を受けられる体制を確保できるよう、引き続き、国と連携しながら、しっかりと準備を進めます。】

2月中旬以降に実施される予定の、医療従事者等への接種体制の確保は、神奈川県が行うこととなっており、横浜市では、医療従事者以外の市民の方についての接種を実施することになっています。

ワクチン接種の順位については65歳以上の高齢者の方、基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者、一般の方と国から示されています。

市民の方は、「横浜市では、いつ、どのようにワクチン接種が実施されるのか」を知りたいと思っており、速やかに、わかりやすく情報提供をしていくことが必要です。

他の自治体では、個別接種と集団接種を組み合わせて、短期間で接種の完了を目指す、計画を策定したと聞いています。そこで、

イ 本市でも、できるだけ早く、ワクチン接種についての計画を策定し、示すべきだと考えますが市長に伺いました。

《副市長答弁》【短期間で全ての市民の皆様に接種を実施するためには、人口や医療体制など地域の実情に合った接種方法により、計画的な接種を行うことが重要と考えます。

不確定要素も多い中、現在、様々な課題を整理しながら、接種に向けた準備を全力で進めています。できる限り早く予防接種実施計画を策定し、市民の皆様にお示しをしていきます。】

医療・福祉の現場では、日々対応に追われ、大変な状況ではありますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、市民の皆さんへの接種を、円滑に実施していただく体制を整えることを要望しました。

↓動画はこちら↓

新型コロナウイルスワクチンの接種について

投稿日時:

新型コロナウイルスワクチンの接種にあたり、横浜市から市民の皆さんに個別通知を発送します。

個別通知は、発送後のコールセンターへの問い合わせや予約集中を避けるため、次のとおり対象者ごとに発送時期をずらして通知を送付します。

なお、個別通知には、接種の際に必要となる接種券(クーポン券)や、横浜市からの接種のご案内を同封する予定です。

接種券を発行する時期は、3月下旬 80歳以上(高齢者)約29万人、4月上旬75歳以上(高齢者)約19万人、4月中旬70歳以上(高齢者)約24万人と65歳以上(高齢者)約20万人、その後に順次、基礎疾患保有者 約24 万人、高齢者施設等従事者 約5.6 万人、その他の方 約237 万人となります。

鶴見区の場合の接種方法は、1)集団接種(鶴見公会堂)2)個別接種(病院・診療所等)3)施設接種(高齢者施設)となります。

予約は、ワクチン接種のための予約システムを新たに開設しますので、施設接種の対象者(施設利用の高齢者)以外の方は、集団接種または個別接種のいずれかにご予約いただき、接種を受けることになります。

また集団接種会場は、現時点では鶴見公会堂のみですが、場所を増やせるか検討中です。

従いまして、鶴見公会堂の会議室等は4月から少なくとも3ヶ月程度は利用が制限されますし、集団接種会場を拡大する場合には、その他市民サービスを提供している場所を使うので利用が制限される可能性もあります。

市民の皆さんのご協力をお願いします。