年月ごと

新市庁舎周辺のユニバーサルデザインが重要!

投稿日時:

横浜市は、いよいよ6月から新市庁舎が本格稼働します。こともと新市庁舎は東京オリンピック・パラリンピックまでに完成させるといった方針を市長が示し、そのスケジュールで粛々と進んできました。新市庁舎自体は、順調に予定通り完成しますが、その市庁舎周辺の環境整備は整っているのか気になるところです。誰もが安全に新市庁舎までアクセスできるようになっているのでしょうか?

そこで「新市庁舎周辺の歩行者ネットワーク形成の取組状況はどうなっているのか?」聞いてみました。

横浜市答弁)「新市庁舎からJR桜木町駅の新改札につながるデッキの整備を進めるとともに、JRの新改札から市営地下鉄桜木町駅、そして野毛地区への歩行者動線の強化に取り組んでいます。さらに、新市庁舎から栄本町線を横断するデッキの整備をはじめ、北仲通地区で開発が進む敷地においても、民間事業者としっかり連携しながら、回遊性向上につながる歩行者ネットワークの構築を進めています。」

新市庁舎の最寄り駅は桜木町駅で、人の流れが大きく変わります。多くの人が行き来することになりますが、そもそも新市庁舎周辺には現在、バリアフリー化のための方針等をまとめたバリアフリー基本構想がありません。もちろん関内になる現市庁舎にはバリアフリー基本構想はありますよ。こういったことが新市庁舎建設を急ぐことによる弊害ではないでしょうか?

そこで「新市庁舎周辺のバリアフリー基本構想についてどのように取り組んでいくのか?」聞いてみました。

横浜市答弁)「新市庁舎が全面供用開始いたします6月には、最寄り駅である桜木町駅、馬車道駅を結ぶバリアフリールートは確保できます。なお、周辺エリアのバリアフリー基本構想は、まちづくりにあわせまして、令和2年度から作成に着手します。」

新市庁舎の内部にはユニバーサルな観点で整備されていますが、新市庁舎へ行くまでの周辺環境は、未だユニバーサルな観点での整理がなされていません。新市庁舎周辺は、従来からのハード整備に加えて、丁寧でユニバーサルな整備と情報提供が必要なのです。特に視覚障害のある方は、視覚情報を得られない分、初めて訪れる場所に一人で行くことが難しいと聞いています。新市庁舎へは、そういった視覚障害のある方にも道順がわかるように案内する必要があります。

そこで「新市庁舎へのアクセスの案内における視覚障害者への対応について」聞いてきました。

横浜市答弁)「スマートフォンなどの音声読み上げソフトを使用いたしまして、視覚障害のある方に音声で新市庁舎への道案内を行います。具体的には、案内する情報につきまして、読み上げ用の文章を作成し、サイトに掲載の上、これを音声にしてご利用いただきます。まずは、桜木町駅と馬車道駅などの最寄り駅から新市庁舎まで実証実験を行い、他の場所にも展開できるか検討してまいります。」

私が以前より提案していた視覚障害者向けの案内システムが採用されることになりました。今までは道路脇に音声案内装置が設置されていましたが、そもそも音声案内装置の設置場所が分からないといった課題があり、ほとんど使われていない状況だったのです。今後は、個別にハードをつくるのではなく、汎用性の高い機器(スマートフォン)とソフト(専用アプリ)を使って低廉な予算でも展開できる仕組みを考えるべきと提言をして参りました。引き続き、新市庁舎の整備に合わせて、その周辺も、視覚障害者への対応を拡充すると共に、ユニバーサルデザインのまちづくりを展開していくことを提言して参ります。

「ことばの道案内」についてはコチラ!

ユニバーサルな横浜を目指して!

投稿日時:

 

私は常々、横浜が誰もが安心して充実した暮らしができるようユニバーサルな街を目指し施策提言をしていますが、現在「NPO法人横濱ジェントルタウン倶楽部」さんが「触る地図」のリニューアル計画を進めており、私も全力で応援をしています。そしてオリパラに間に合うようにクラウドファンディングで資金調達をしています。是非、趣旨に賛同頂ける皆さん、ご支援をお願いします。

↓詳細はこちら↓
https://readyfor.jp/projects/sawaruchizu

障害者スポーツ文化センター横浜ラポールについて局長に聞いてみました!

投稿日時:
本市では新横浜にある障害者スポーツ文化センター横浜ラポールが 市内唯一の障害者のスポーツ・文化・レクリエーション振興の中核拠点施設としての役割を担っています。 私は、このような公益性の高い施設を安定して継続運営していくことが重要だと思っており、 そういった観点で平成26年度の予算に関連して、ラポールの運営状況について確認していきました。まず最初に、 (1)ラポールの指定管理料と利用料収入について、前年度との比較を含め、障害福祉部長に伺いました。 横浜ラポールを運営していくにあたっては多くの予算が必要である一方で、利用料収入の割合が少ない状況です。 これは施設設置の趣旨から障害者およびその介助者が無料となっていることが大きな要因ですが、 この公益性の部分は担保した上で、安定した運営のために収入増を模索する必要があると思います。そこで (2)ラポールの障害者の方の利用と一般の方の利用状況について、障害福祉部長に伺いました。 ラポールの中には、メインアリーナをはじめ、フィットネスルーム、ボーリングルーム、プール、大ホール、大会議室等、たくさんの機能があります。 視察に行って感じたことは、時間帯や曜日によっては稼働率が低い場所があるということです。そこで (3)ラポールの機能別の稼働率について、障害福祉部長に伺いました。 やはり稼働率の低い部分に関しては収益性を上げる努力が必要だと思います。 多くの市民に利用をしてもらい施設をできる限り稼動させれば、施設が活性化するだけではなく、 利用料収入の増は、施設の公益性に還元することもできると思います。 それが持続的な施設運営であると私は考えます。そこで (4)ラポールの利用料を増やすための現在の取組について、障害福祉部長に伺いました。 稼働率が低い場所があるのは事実なので、内部での検討に限界があるのであれば、 外部コンサルを活用するなど、利用料収入を増加させるための分析をすべきだと思います。 ラポールの目的に「障害者その介護人、その他の市民の相互交流を図ること」とうたわれており、 私は今後、これが重要になってくると思います。 横浜ラポールは、障害者及びその介護者の利用を優先する施設です。 またその目的として障害者、その介護人その他の市民相互の交流を図ることがうたわれています。 しかしながら、今の運営実態をみると、一般利用者同士、障害者同士の交流は図ることはできても、 一般利用者と障害者との交流ができていないのではないかと感じました。 利用料収入を増やすとともに、その目的も達成する必要性があると思います。そこで (5)もっと一般利用者と障害者との交流が図れるための工夫が必要と思いますが、見解と取組を局長に伺いました。 一方で、横浜ラポールは市内で一箇所しかなく、 全市的に障害者スポーツ、文化の振興、そして市民相互の交流をすすめるためには、 障害のある方を障害者優先の施設のみで活動することをすすめるのではなく、 障害者が市内のどこに住んでいてもスポーツや文化活動を行うことができるようになることが必要だと思います。 一般の他の施設でも、障害のあるなしに関わらず、一緒に活動することで、他の利用者の障害理解がすすみ、 今まで以上に市民相互の交流がすすんでいくのではないかと感じています。そこで、 (6)障害者が市内のどこに住んでいても、スポーツや文化活動ができるようになることが必要だと思いますが、見解とその対応について局長に伺いました。 このような全市的な課題になると健康福祉局のみで方向を示すことは難しいと思います。そこで、 (7)同様の質問を副市長にもお尋ねしました。 今後、障害者のスポーツ、文化活動が発展していくためには、地域資源との連携がとても重要です。 障害がある方が身近な地域で気軽にスポーツを楽しみ、文化活動を行っていくことができるために、 施設等のハード面の整備だけでなく、市民理解というソフト面も重要だと思います。 横浜ラポールが障害者スポーツ文化センターとしての役割をきちんと果たし、 さらに障害のある方の身近にある施設でいつでも活動することができ、 多くの市民の理解を得られている環境こそが、横浜市の目指す方向性と考えます。 私は常々「障害は、当事者にあるのではなく、社会にあるんだ!」と訴えています。 施設等のハード面の整備だけでなく、併せて「市民理解」というソフト面の環境整備もしていくことを要望しました。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 局長とのやり取りの動画はコチラからご覧になってください! 【Internet Explorerでご覧になってください!】