年月ごと

ハマ弁が中学校給食に!

投稿日時:

私は現状の横浜を鑑みて、ハマ弁を学校給食法の給食に位置付けることが第一歩であると主張し続けて参りました。そして市長は、令和2年度第1回の議会で、私の考えに沿った方針を示しました。

そこで、この方針転換によって、中学生のお子さんを持つご家庭にとってプラスになるよう「ハマ弁の給食化」の中身を整理していかなければなりません。給食になることで今までの課題がどの程度改善されるかが重要です。

利用が伸び悩む一つの要因として、今までは「家庭弁当が基本」と位置づけしたことです。今後は、もっと保護者の思いに寄り添い、気兼ねなく利用できるように、本市としても後押しすべきなのです。

そこで「学校給食法上の給食に位置付けるにあたっては、給食を基本とすべきでは?」と聞いてみました。

横浜市答弁)「学校給食法の実施基準によれば、学校給食はすべての生徒に対し実施されるものと規定されてますけれども、これは努力目標でございます。アレルギー対応ができないことなどから、他都市では家庭弁当との併用での選択制としてのデリバリー型給食を実施していることが多くなってきております。今回実施したアンケート結果から、現在の選択制は評価されておりまして、今まで以上に栄養バランスのとれたハマ弁の利用を促進することを、今は考えております。」

私は選択制にするな!と言っているのではありません。現在の横浜市の「家庭弁当を基本とする」といった方針を撤廃して、「給食を基本とする」との位置づけのもと、選択制を導入するべきと言っているのです。ハマ弁を給食に位置付けて、さらには給食を基本とした場合、喫食率が現状に比べ大きく増加すると思います。

そこで「学校給食法の給食と位置付けた場合、喫食率の上限をどの程度と見込んでいるのか。また、上限を超えた場合のリスクを担保するため、デリバリー以外の、その他の実施手法も含め検討すべきではないか?」と聞いてみました。

横浜市答弁)「現在の2社体制では、喫食率は20%までの供給体制となっておりますが、昨年実施いたしましたサウンディング調査の結果から、参入企業を増やすことにより、喫食率30%まで対応可能ということが見えてまいりました。学校給食法上の給食に位置付けるには、希望するすべての生徒に提供する必要があります。確実に提供できるようデリバリー型給食での供給体制を整えていきたいと考えております。」

 私は、以前より親子方式など、地域事情に合わせて、柔軟に給食の供給方法を考えていくべきと提言して参りました。横浜市は様々な供給方法を採用すると子ども達にとって平等でなくなるのでやらないと言っているのです。

現在のハマ弁の価格は、人気がないため徐々に値下げをして、現在はフルセットで340円となっています。今後、給食法に位置付けされれば、給食に係る保護者負担は、小学校の給食と同様に、基本的には食材費相当分になるため、更なる値下げの方向になります。

そこで「給食となることに伴い、値下げするなどハマ弁の価格を見直すべき!」と聞いてみました。

横浜市答弁)「有村議員のお話の通り、ハマ弁の牛乳付きフルセットの価格は340円でして、製造業者の人件費等が一部含まれておりますけれど、学校給食法上の給食となれば、保護者負担は、おっしゃる通り原則食材費のみとなります。このため、製造業者の人件費分を国産比率の向上や地産地消など、食材の質の向上に充てるとともに、利用しやすい価格にすることを含めまして、保護者負担の見直しを検討いたします。」

 値下げの検討については、進みそうです!

更には、給食をより良いものにしていくためには、残食率の把握が重要です。重量ベースで残食量を把握することで、献立の改善や、生徒の給食に対するニーズ把握などに活用できるだけでなく、給食を供給する事業者間の質のバラつきもチェックできます。

そこで「ハマ弁の残食率について、詳細な把握をすべき!」と聞いてみました。

横浜市答弁)「現在、ハマ弁の残食率は、製造工場のスタッフが目視で残食量を確認しております。ご飯と汁物、おかずについては、品目別に20%刻みの5段階でチェックしており、多くは20%以下となっております。また、教育委員会の担当の職員が確認した日には、残食はほとんどありませんでした。給食と位置付けることによりまして、残食率として、より正確な把握が求められますので、事業者の負担にも考慮しながら、より精度の高い残食率の把握を検討してまいります。」

今の確認方法は分かっていて質問をしているのです。目視では曖昧なので数値に基づく確認が必要と提言しているのです。中学校給食は、子どもの環境のみならず、共働き世帯の多い保護者を支えるといった観点でも大きな役割を果たしています。市長には横浜の働き盛りのご家庭を支える重要な施策であることを理解して頂きたいですね。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その5)

投稿日時:


鎌倉市の中学校給食。実際に食べてみて、どうだったか?というと、ご飯と味噌汁がちゃんと温かくて、冷やしたおかずも、しっかりと美味い!といった感想です。う~ん!ヤル気の問題なのだろうか?

私は、小学校のような自校調理方式といった極論ではなく、横浜の中学校給食の早期実現に向けて、ハマ弁をどう改善していくかも含めて、引き続き、様々な手法を提言して参ります。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その4)

投稿日時:


鎌倉市の中学校給食の費用負担についてですが、学校給食法の考えに基づき、保護者の負担は食材料費のみで1食330円(牛乳代50円を含む)となっています。

財政の負担についてですが、おおよそ2億5千万円弱が年間事業費で、そのうち調理等の業者委託費がおおよそ2億円となっています。

鎌倉市の中学校は9校で生徒数は3,350人ですから、中学校給食を実施するにあたり生徒1人あたりの財政負担額は年間7万5千円ということになります。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その3)

投稿日時:

鎌倉市の中学校給食はデリバリー方式です。方式を決定するまでに様々な検討が行われたそうです。親子方式も検討されたそうですが、小学校の給食室から中学校へ給食を配送すると用途が「工場」になるため、用途地域の制限から設置が難しいと判断しました。

またセンター方式についてですが、日課表への影響や教職員の負担を軽減させるために、食缶方式で提供するよりも、弁当方式で供給する方が負担が少ないと考えデリバリー方式を採用しました。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その2)

投稿日時:

鎌倉市は、中学校給食を実施するにあたり、平成22年より平成29年までじっくりと議論をして丁寧に進めてきました。特に大事にしてきたのは学校現場の声です。

普段でもカリキュラムをこなすのに時間が足りない状況の中、昼食を取とる時間が15分という中学校も多く、配膳から片付けを合わせると最低でも、あと5分は昼食に時間をとる必要があり、それでも食べ終わらない生徒にどのように配慮するのかといったことなど、様々な話し合いを行ってきたそうです。

最終的な時間半分は学校長の判断によるものですが、9校中8校で給食時間5分延長の見直しを行いました。また、それでも食べ終わらず、昼休みにズレ込む生徒に対しては、昼休みでも食事をしやすい環境づくりに配慮しているそうです。