年月ごと

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その3)

投稿日時:

鎌倉市の中学校給食はデリバリー方式です。方式を決定するまでに様々な検討が行われたそうです。親子方式も検討されたそうですが、小学校の給食室から中学校へ給食を配送すると用途が「工場」になるため、用途地域の制限から設置が難しいと判断しました。

またセンター方式についてですが、日課表への影響や教職員の負担を軽減させるために、食缶方式で提供するよりも、弁当方式で供給する方が負担が少ないと考えデリバリー方式を採用しました。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その2)

投稿日時:

鎌倉市は、中学校給食を実施するにあたり、平成22年より平成29年までじっくりと議論をして丁寧に進めてきました。特に大事にしてきたのは学校現場の声です。

普段でもカリキュラムをこなすのに時間が足りない状況の中、昼食を取とる時間が15分という中学校も多く、配膳から片付けを合わせると最低でも、あと5分は昼食に時間をとる必要があり、それでも食べ終わらない生徒にどのように配慮するのかといったことなど、様々な話し合いを行ってきたそうです。

最終的な時間半分は学校長の判断によるものですが、9校中8校で給食時間5分延長の見直しを行いました。また、それでも食べ終わらず、昼休みにズレ込む生徒に対しては、昼休みでも食事をしやすい環境づくりに配慮しているそうです。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その1)

投稿日時:

中学校給食を早期実現するために、全国のあらゆる手法を研究し提言を行ってきました。

今回は、鎌倉市が平成29年より実施した中学校給食について勉強してきました。

 

私は中学校給食の必要性は、子ども達の環境だけではなく、子どもを育てる親のサポートをすることも重要と考えており、兼ねてより、ハマ弁の在り方については、PTA等の保護者の意見を聞くべきと議会でも提言をしてきたところです。

 

鎌倉市の中学校給食導入のきっかけは、平成22年度に行ったアンケート結果に基づいています。このアンケートの結果を見ると、「給食が良い」と答えた割合は、小6児童で20.3%、中2生徒で18.6%なのに対して、小6保護者で65.1%、中2保護者で53.6%という結果となっています。鎌倉市は、まさに子どもを育てる親のサポートをするべきとの考えで中学校給食実施に踏み切ったのです。

「ハマ弁」についてまとめてみました!

投稿日時:

ちょっと前の話になりますが、横浜市が中学校給食の代わりにやってるハマ弁について、議会の一般質問で取り上げたので、おさらいの意味も含めて、まとめてみました。

そもそも昨年の市長選で林市長は、公約で、ハマ弁をもっと利用しやすくするために、470円のお弁当の価格を、300円台に軽減すると、値下げの方針を示されました。

私は、値下げすれば利用し易くなるとは思っていませんが、一応、

(1)「ハマ弁」の値下げを検討するスケジュールを市長に伺いました。

【市長答弁】
新1年生の入学準備が本格化する平成29年の12月には新しい価格の周知を開始したいと考えております。それに合わせて価格の検討を進めてまいります。

本市は、中学校昼食のあり方の中で、「家庭弁当」を基本と位置付けてしており、ハマ弁を食べることに対し生徒からは、「他の生徒と違うのは、ちょっと嫌だ」という心理的な問題もあります。私は、ここが本質的な課題であると思っています。

そういった中、市長は「どちらを基本とするということは必要なく、それぞれ家庭生活にあった昼食を選べる「選択制」を実現していく」と言っているんです。でしたら、

(2)「家庭弁当を基本とする」と位置づける必要はありません。市長の見解を聞いてみました。

【市長答弁】
今後、本市の中学校昼食は、『ご家庭のライフスタイルや日々の都合に合わせて、「ハマ弁」、家庭弁当、業者弁当を組み合わせてご利用いただく選択制』により、充実を図ってまいります。それぞれに良さがある3種類のお弁当をご家庭のご都合で選んでいただきたいと思っております。

私が聞いているのは、そこじゃないんですが、はぐらかされてしまいました。ではでは現在、検討を進めているハマ弁の価格は、給食並みとなった場合、名古屋や神戸が実施している、選択式のデリバリー給食と、ほぼ差が無くなります。

でしたらハマ弁を学校給食法上の給食とすることで、保護者の費用負担も減り、給食実施を求める方にとっても受け入れやすくなるのではないでしょうか。そこで、

(3)「ハマ弁」を学校給食法の「給食」に位置づけるべきですが、市長に見解を聞いてみました。

【市長答弁】
「ハマ弁」は行政と民間企業がパートナーとして協定を結び、事業を実施していますが、この形態は学校給食の仕組みとしては想定されておりません。多様な支払方法や、「ハマ弁デー」、企業協賛などの取組など、民間企業の活力を最大限に生かして「ハマ弁」の充実を図ります。

そもそも中学校の昼食について、制度設計が間違っていたのではないでしょうか?協力して頂いている企業との今ある契約を正として進める施策ではありません。

少なくとも私の地元の子育てしているお母さん達は、皆、中学校給食の実施を望んでおり、PTAの皆さんを含め意見を求められれば、いつでも協力すると言っています。

教育長は先の第2回市会定例会において、同僚の藤崎議員の質問に「アンケートを実施し、幅広く声を聞いていきたい」と答弁されました。ならば、

(4)アンケートの実施方法について、PTAなど学校に関わる保護者の意見を参考にすれば正しい方向が導かれるのではないでしょうか?教育長の見解を聞いてみました。

【市長答弁】
ハマ弁の進化のためには、生徒・保護者の声は大変重要だと考えています。生徒については、「ハマ弁デー」でアンケートを実施し、保護者につきましては、食育セミナーに参加した方にアンケートを実施しております。今後は、食育セミナーに参加していない保護者も含めて広くご意見を伺うため、教職員だけでなく、PTAの方々などに御協力をいただきたいと考えています。

私は、自校調理方式の完全給食にしなくても、ハマ弁を進化させることで給食の実施は可能だと考えており、更には親子方式など、地域事情に合わせた柔軟な運用をすれば、大きな財政負担をせずに実施できると考えております。

ハマ弁は、現実的な第一歩であり、充実と共に、給食の実現に向けて検討を進めて行くことが重要です。保護者の皆さん、アンケートのご協力、宜しくお願いします。

 

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

横浜の中学校給食は実現できるのか?(後編)

投稿日時:

横浜市では栄養バランスに配慮した1食360円の「ハマ弁」を昨年から試験運用し、今年から全中学校で実施しています。

 

昨年の試験運用では、注文したのは生徒・教員合わせて平均1.1%のみでした。

 

横浜がすすめている「ハマ弁」は学校給食法に基づく「給食」に位置付けていないので、家庭弁当が基本となり、「ハマ弁」の食材に対する公費補助は行っていません。そのためあえて「ハマ弁」を「昼食」と呼んでいるのです。

 

従来から中学校では急用でお弁当を持って来られない生徒のために注文弁当を行っていましたが、それはそのまま継続する方針です。従来の注文弁当は当日の朝に注文することができるので、1週間前に注文を締め切る「ハマ弁」より便利なのです。

 

私は、給食に関しては、子を育てる親の負担をどのように軽減させるか?を一番に考えるべきであり、その手法として小学校の給食のような完全なものを求めていません。

「ハマ弁」は現在でも喫食率が1%前後と横ばいの状況です。教育委員会は、現在の「ハマ弁」を何故利用しないのか?本質を分析する必要があります。

 

そのためにも先ずは市民の皆さんから「ハマ弁」についてたくさんの意見を言って欲しいと思います。現在の「ハマ弁」をより良いものにしていくことから始めましょう!

今の状況では、「ハマ弁」の注文率は大きく上がるとは思えません。少なくとも中学校昼食は「ハマ弁」が基本としなければ、中学生を子に持つ保護者の多くは、手を抜いているといったイメージを気にしたり、生徒自身も自分だけハマ弁を食べるのはイヤとためらうでしょう。

 

給食は、異物の混入や食中毒、アレルギー等、様々な配慮が必要ですが、その責任を親に託すのではなく、食育や保護者の負担低減のためにも、個々の中学校の環境に応じて、様々な手法を使い、中学校給食を実現することが望ましいと考えています。

終わり・・・