年月ごと

鶴見公会堂でのワクチン集団接種のイメージは?

投稿日時:

来週から横浜市内でワクチンの集団接種がスタートします。

鶴見は鶴見公会堂よりスタートします。

そこで実際の会場のイメージを皆さんにお伝えします。

鶴見公会堂(フーガ6階)へ行くと

先ずは受付をします。

次に予診票の記入

そして記入事項確認

医師による予診

そして看護師によるワクチン接種

終了!となります。

会場全体のイメージはこんな感じ

日本語ができない外国籍の方や個別相談が必要な場合は、相談ブースへ!

15分間隔で20人を予定しています。

密にならないように予約時間にお越しください。

横浜市鶴見区のワクチン接種の予定!

投稿日時:

私のところにもワクチン接種に関するお問い合わせがとても多くなっています。
そこで横浜市鶴見区の現在の状況をお伝えします。
個別通知(接種券)の送付開始は、
80歳以上の方4/23(金)横浜市内約34万人
75歳以上の方4/30(金)横浜市内約19万人
70歳以上の方5/10(月)横浜市内約25万人
65歳以上の方5/14(金)横浜市内約19万人
基礎疾患のある方と高齢者施設等の従事者等
上記以外の者
の順番です。
通知が届いたら接種の予約が必要です。
予約開始は5/3(月)9:00~となります。
予約方法は2つ
1. 電話で予約 0120-045-112
2. パソコン。スマートフォン 通知記載のURL参照
集団接種会場 鶴見公会堂 今のところ日、水、木、土の9時45分から15時30分まで。
5/24(月)から病院・診療所等での「個別接種」を開始します。
6月7日以降、順次、集団接種の会場を追加する予定です。
横浜市内であれば、お住いの区以外の接種会場でも接種できます。
自己負担はありません。
その他、新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせは 0120-045-070 まで。

児童生徒の学びを確保は重要!

投稿日時:

※2021年2月に横浜市議会、本会議の現年度議案の質疑で有村としひこ議員(鶴見区選出)が質問をした内容です。

今回の補正予算案では、職員室業務アシスタント配置事業が、1億8千万円の減額、非常勤講師等人件費が、5億5千万円の減額となっています。

そもそも、これらの事業費は、令和2年第2回定例会において、増額補正したものです。当時の当局の説明では、段階的な学校再開に伴う、家庭用教材等の印刷、保護者への連絡業務、健康管理、消毒などの感染症対策等、増加する教職員の業務をサポートするため、2人目となる職員室業務アシスタントの経費を計上した、ということでした。

非常勤講師等 人件費については、長期休業期間の短縮による、授業実施日の増加分への対応や、少人数指導のために、各学校に1人ずつ非常勤講師を配置する、というものでした。今回相当な額の減額補正となっていますので、当初の目的がしっかり達成できているのか?気になるところです。そこで、

ア 職員室業務アシスタント配置事業や非常勤講師等 人件費の執行状況について、教育長に伺いました。

《教育長答弁》【1月末時点において、配置を希望する学校のうち、職員室業務アシスタントは約95%、非常勤講師等は約88%に配置しています。学校の状況や就労希望者の意向により、勤務実績が変動したことや段階的な配置となったこと、一部未配置になったことから、執行見込みを見直しました。補正予算による緊急的な増員は、教職員の負担軽減と子ども達の学びの確保につながっております。】

新型コロナウイルス感染症の動向が、不透明な中、感染への不安により「子供を通学させたくない」「児童生徒が行う清掃作業に不安を感じる」という保護者の声も聞いています。

また、終わりが見えないコロナ禍で「子ども達を守らなければならない」といった責任感から、教職員が積極的に消毒作業も行っていますが、業務負担が増えるだけでなく、その重圧から精神的な負担も増え、疲弊してしまう教職員もいると思います。すべての学校関係者が感じている、心理的負担へのケアも今後ますます必要です。

先ほど触れた、職員室業務アシスタントも、学校現場の負担軽減につながっているとは思いますが、緊急事態宣言期間が延長となった今、学校で消毒や清掃が、生徒や教職員の重荷になっていないか気になるところです。そこで、

イ 学校の消毒や清掃作業の現状について、教育長に伺いました。

《教育長答弁》【消毒は教職員が行っていますが、国の通知を受け、8月からはドアノブなど消毒範囲を限定して、1日1回行っています。机やいすなどは、教職員と児童生徒が、清掃活動の中で消毒効果のある家庭用洗剤等を使い、拭き掃除をしています。密を避け、十分換気し、終了後は、石鹸で手洗いしており、問題ないと考えております。今後も状況に応じた本市ガイドラインの改訂や感染対策費の配当等により学校を支援してまいります。】

感染症対策と、児童生徒の学びの保障を両立させていくのは、大変ですが、今後も学校現場に寄り添った対応を要望します。

↓動画はこちら↓