年月ごと

象の鼻パークで賑わい創出!

投稿日時:
横浜の港は、1859年(安政6年)6月2日、 国際貿易港として開港しました。 そしてそれから我が国を代表する商業港として発展する一方、 京浜工業地帯などの臨海部の 工業地帯を拠点とする工業港としても重要な役割を果たしてきました。 しかし、昨今のコンテナの流通は、アジア諸国がハブとなり、 日本はコスト面においてもコンテナ確保に苦戦しています。 そういった時代背景の中、新たな港の在り方を考えた時、 私は、横浜の港の歴史を活かした賑わいの創出にも力を入れていくべきと主張し続けてきました。 横浜の港は、港湾局が管理運営を行っていますが、 港の安全を最優先に考える必要があり、 賑わい創出といった取り組みを実施しようとした場合に、規制も多く、 新たな取り組みがしにくい状況にありました。 そういった中、港湾局が所管する象の鼻パークで 「ENJOY ZOU-NO-HANA 2014」が開催されたことは、大きな前進です。 今回のイベントでは、象の鼻テラスオープン5周年を記念して、本物の象を象の鼻パークに招き入れ、 たくさんの親子連れに喜ばれていました。 この象は、千葉県の市原ぞうの国からやってきました。 今の子供たちはバーチャルの世界で遊ぶことが多い中、 檻に入れられていない本物の象を身近に触れ、 水しぶきを浴びたり、匂いを嗅いだりと五感で体験したことが一生の思い出になったと思います。 今回の企画では、その他にも様々なイベントが行われていました。 横浜・リヨン姉妹都市55周年記念の連携として、 フランスの食文化をテーマにしたマルシェも象の鼻パークの中で行われていました。 今回の取り組みは、横浜らしい、横浜ならではの取り組みであり、 魅力を高めることに大きく貢献しています。 今後も港の安全を守りつつも、 ゆるやかに賑わい創出に向けた取り組みが進むことを期待しています。

「みなとみらいの結婚式場計画」の課題について市長に聞いてみました!

投稿日時:
第3回定例会の一般質問におきまして、 みんなの党横浜市会議員団として藤崎議員より みなとみらいの結婚式場問題に関する質問をさせて頂きました。 内容は以下の通り。 みなとみらいの玄関口である、 新港地区16街区における結婚式場の建設問題は 当該地区の景観に大きな影響を与えることから、 我が会派としても平成24年度予算の審査の時から、 局別審査、連合審査、一般質問、請願審査と 定例会の度に問題提起をして参りました。 年初に開催された都市美対策審議会では異例の反対意見が相次ぎ、 2回の審議会開催をもってしても、 デザインを巡る事業者と審議会の考え方の溝は埋まらず、 この点が問題であり、 溝が埋まらない限りは事業者への土地の貸付は実施すべきではない というのが私たちの考えでした。 【質問1】 先般、横浜市は事業者との協議が整ったとして記者発表を行いましたが、 まず、今回、景観をめぐってここまでこじれてしまったことに対し、 どのような課題を認識しているのか、お伺いします。 記者発表資料には都市美対策審議会の卯月部会長は 「市・事業者双方が我々の意見を真摯に受け止め、 この4ヶ月間努力して頂いた結果、デザインが大幅に修整されたことについては、 十分とはいえないが、一定の評価をしなければいけない」 とのコメントを発表しています。 我が会派としては、せめて都市美審議会の了解を得るべきであると考えていましたので、 卯月先生のコメントは重く受け止めたいと思います。 しかし、一方で、 「事前協議に課題が残ったこと」 「制度の見直しと今後の改善を議論しなければいけない」 とも指摘されています。 【質問2】 そこで、さきほどの今回の課題認識を踏まえ、 今後、どのように改善していくか市長の見解を伺います。 といった内容です。 これに対して林市長は、 【回答1】 協議には長い時間を要するといった課題がある。 【回答2】 景観協議に関しては、 計画の早い段階から関わっていく。 事業者にとって分かり易いガイドラインにしていく。 といった仕組みを検討する。 との趣旨の答弁(議場で私が聞いた範囲)をしました。 「質問1」の「長い時間を要する」に関しては、 長い時間が掛かってしまったことが課題なのか? 丁寧に時間を掛けて協議する必要があるのに そういう仕組みになっていないことが課題なのか? どちらとも取れる答弁でした。 「回答2」に関しては、本質的な部分ではなく、 答弁に物足りなさを感じました。 何度も言いますが、何よりも市民の意見を反映でき、 個々の事業に応じて柔軟な対応ができる仕組みをつくっていくことが 最も重要だと私は考えています。

みなとみらいの結婚式場問題を受けて今後どうする?

投稿日時:
みなとみらいの結婚式場の問題について 7月31日に都市美対策審議会の景観審査部会が開催されました。 部会の中では16街区の反省を踏まえ景観制度の拡充について議論されました。 ようするに景観制度を見直していこうという趣旨です。 当局の説明では、平成24年度中にガイドライン等の見直しをしていきたいとのことでした。 今回の問題を受け行政がこんなに早いレスポンスで対応するのは評価すべきことと委員の発言がありましたが、 これは市民の皆さんの行動が行政に大きく影響を及ぼしたのだと私は感じています。 私は以前よりみなとみらい21地区に関して 横浜市の目に見える明確なビジョンがないと意見を述べていましたが、 委員からも、(横浜市は)何を目指すのかグランドデザインが見えてこない。 ここが重要であると発言していました。 以前当局は、ビジョンやグランドデザインは文章で表現していると説明していましたが、 それでは具体的なものがイメージできないし、 長期的にどういう方向へ向かうのかといったこともイメージできないと思います。 様々な課題はありますが、 先ず、その第一歩としてガイドラインが分かり難かったり、 曖昧な表現であったりする点を見直ししていくことは必要です。 制度としてどこまで整理するのか制約するのかといったことはたいへん難しいことです。 部会長は、市民の関心の高いものは時間を掛けて協議する、 公聴会を開く等、柔軟に対応できる仕組みが必要をおっしゃっていました。 今回の件のように市民が立ち上がり市民運動をすることによって市民の思いを伝えるのではなく、 制度としてしっかりと市民の意見を聞きそれを尊重できる仕組みをつくっていくことが必要だと考えています。

横浜の花火といえば鶴見の花火!

投稿日時:
昨日はみなとみらいの花火でしたが、 次の横浜の花火と言えば鶴見の花火です! (そう思っているのは鶴見区民だけ???) 今年の鶴見の花火は、 8月18日(土)の19:30スタートです。 打ち上げ数は1100発以上 メイン会場は佃野公園なので 車で来ると駐車する場所がなかなかありません。 周辺の交通規制はこちら! 電車で来る場合にはJR鶴見駅西口より 豊岡商店街をまっすぐ歩いてくるだけです! ローカル花火の風情があって見に来る価値はありますよ! 花火の後は居酒屋やイタリアンで食事。 そしてバーにも立ち寄って シメはラーメンですね! 駅前の鹿島家さんは深夜までやっているので 私もよく利用させて頂いています。 当日私は周辺道路の交通整理をしていますが、 その後は、何処かの居酒屋でお会いしちゃうかも知れませんね!

「象の鼻パーク」って何処にあるの?

投稿日時:
横浜には「象の鼻パーク」という素敵な場所があります。 赤レンガと山下公園の間にあるパークで その中に素敵なテラスがあります。 しかし、この場所が分かりにくいといった声を耳にします。 確かにタクシーの運転手さんでも「象の鼻パーク」を知らない人もいます。 また日本大通り駅からも案内看板も無く分かり難い。 しかもパークに住所が無いのです。 この辺り一体が海岸通1丁目とのことなのです。 隠れパーク的なコンセプトなのかと思うくらい分かり難いのです。 と思っていたところ・・・・・ 素敵なサインが出来ているではないですか? 〔テラスの入り口〕 〔分電盤を利用したり〕 〔パークの入り口にも〕 しかも立派な「象の鼻」まであります。 このサインの経緯を象の鼻テラスでお聞きすると、 「ENJOY ZOU-NO-HANA -象の鼻の遊び方- 展」 のイベントの為に特別に許可を得てサインを取り付けたとのこと。 イベントが終わると全て撤去しなければならないそうです。 このパークを管理しているのは「港湾局」です。 港湾局としては横浜の港の安心安全を守るためには、 スタイリッシュなサインは不要と思っているのでしょうか? 象の鼻テラスの運営は、別の局「文化観光局」の管轄なんです。 この辺の縦割り行政が市民の皆さんの思いと逆行したり、 横浜の魅力づくりの壁になっているような気がします。 横浜の歴史を理解し、将来を考えた時に何を優先すべきか しっかりと考えていかなければならないと危惧しています。