年月ごと

農福連携×民福連携

投稿日時:

農福連携による障害者雇用を拡大している北海道の石狩市にある「はるにれの里」を視察をして参りました。

「はるにれの里」が運営する「ふれあいきのこ村」では循環型のシイタケ栽培しています。

石狩管内の間伐材を法人内の工場にてオガ粉にして、そのオガ粉を使用して椎茸栽培菌床を製造しています。

収穫の終わった廃菌床は乾燥ペレットにして燃料にし、石狩市の公共施設の燃料として販売も行なっています。

「ふれあいきのこ村」は知的障害者通所授産施設としてスタートし、現在は多機能型事業所として運営しています。

ここでシイタケ栽培に携わっている障害者の方々は、月に2〜4万円の収入になっているそうです。

その他、企業連携もしていてツムラと共同研究を行なっており、特定の品種のシソの栽培を行っています。企業側の国産で栽培したいといったニーズと障害者をサポートしたいといった企業側の趣旨にこの法人が応えて、ウィンウィンの関係をつくっています。

農福連携×民福連携による新たな可能性を感じました。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その5)

投稿日時:


鎌倉市の中学校給食。実際に食べてみて、どうだったか?というと、ご飯と味噌汁がちゃんと温かくて、冷やしたおかずも、しっかりと美味い!といった感想です。う~ん!ヤル気の問題なのだろうか?

私は、小学校のような自校調理方式といった極論ではなく、横浜の中学校給食の早期実現に向けて、ハマ弁をどう改善していくかも含めて、引き続き、様々な手法を提言して参ります。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その4)

投稿日時:


鎌倉市の中学校給食の費用負担についてですが、学校給食法の考えに基づき、保護者の負担は食材料費のみで1食330円(牛乳代50円を含む)となっています。

財政の負担についてですが、おおよそ2億5千万円弱が年間事業費で、そのうち調理等の業者委託費がおおよそ2億円となっています。

鎌倉市の中学校は9校で生徒数は3,350人ですから、中学校給食を実施するにあたり生徒1人あたりの財政負担額は年間7万5千円ということになります。

喫食率83%の鎌倉市中学校給食(その3)

投稿日時:

鎌倉市の中学校給食はデリバリー方式です。方式を決定するまでに様々な検討が行われたそうです。親子方式も検討されたそうですが、小学校の給食室から中学校へ給食を配送すると用途が「工場」になるため、用途地域の制限から設置が難しいと判断しました。

またセンター方式についてですが、日課表への影響や教職員の負担を軽減させるために、食缶方式で提供するよりも、弁当方式で供給する方が負担が少ないと考えデリバリー方式を採用しました。

「よこはま健康スタンプラリー」って知ってます?

投稿日時:

健康づくりのイベントや講座などに参加して、スタンプを2つ集めると、景品に応募できる「よこはま健康スタンプラリー」というのを横浜市は開催しています。

誰でも、楽しみながら健康づくりに取り組める事業として、平成 26 年度からやっている事業で、今までに延べ9万6千人以上の方々が参加しているスタンプラリーなんです。

結構景品が充実していますので、ぜひご参加ください!