年月ごと

鶴見川などの水辺をもっと活用しよう!

投稿日時:

横浜には魅了的な水辺がたくさんあります。

しかしながらそれを大事にしない街づくりが行われてきました。

今後は、水辺空間を大切にしながら街づくりをして欲しいという想いから、横浜駅西口周辺と鶴見川を例に水辺空間を活用を議会の一般質問で聞いてみました。

横浜駅周辺は、時代と共に人の流れや賑わうエリアなど、街の姿が変わってきました。

現在は「エキサイトよこはま22」の計画に基づいて、開発事業が推し進められていますが、そのガイドラインに「環境豊で憩い・にぎわいに満ちた、魅力あふれる親水空間ネットワークの形成を目指す。」と記されています。

私が着目しているのはビブレ周辺の水辺空間です。

今まで川に背を向けてきた街を、川に向き合い、水辺空間を活用して、街の活性化や地域の魅力向上に繋げることができると期待しているからです。そこで、

(1)横浜駅西口周辺における、水辺空間の更なる活用に向けた、今後の進め方について、市長に聞いてみました。

【市長答弁】
「河川は、横浜駅西口周辺の貴重な資源であり、環境豊かで憩いと賑わいに満ちた、特徴ある空間づくりが重要です。今後も、治水安全度の向上を図りながら、地域の皆様や河川管理者と力を合わせて、賑わいや回遊性のある水辺空間づくりを進めてまいります。」

治水安全度の向上というのが大きな壁なのです。この観点では水辺は活用しない方が良いとなってしまい、余計な知恵を出せば、リスクを負うと危惧してしまうのです。

そこで話をもう少し広げてみたいと思います。

地元鶴見に話を広げまして、鶴見区には市内最大の一級河川である鶴見川があります。鶴見川沿いには堤防の上に遊歩道があり、散歩やジョギング、サイクリングはもとより、通勤・通学の重要な導線としても地域の皆さんに幅広く利用されています。

しかし、この遊歩道は、橋が架かっている箇所ごとに寸断され、連続した通路として確保されていません。末吉橋の部分もまさにその状況にあります。

横断歩道もなく不便なので、交通量が多い中、無理に横断する方も多く、非常に危険な状況といえます。

以前、決算特別委員会にて「末吉橋かけかえ事業にあわせて連続した川沿い通路となるように、利便性向上も考えた整備をすべき」と指摘させて頂き、当時の手塚道路局長からは、

「末吉橋の整備にあわせて川沿いの通路も快適に利用できるよう、橋の下に歩行者や自転車が通行できる通路の整備も非常に大事だと考えますので調整して参ります。」

との明確な回答を頂いていますが、現状では、まったく何も進展していません。そこであらためて、

(2)末吉橋の架け替え工事においても、川沿い遊歩道の連続性を確保した快適な歩行空間の整備を推進すべきですが、市長の見解を聞いてみました。

【市長答弁】
「ご提案の堤防道路の連続性の確保については、橋と堤防との間に段差があるなど、様々な課題があり、河川管理者である国土交通省との調整も必要ですが、その可能性や方法について、引き続き検討を進めていきます。」

本市では、健康志向が高まる中、健康増進や外出意欲の向上につながる歩きやすい歩行空間の創出を「健康みちづくり」と位置づけ推進しているところです。

一度つくった橋の形状は、その後100年は変わることはありません。是非、様々な観点から将来を見据えた街づくりを推進するように今後も提言して参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

「ふれーゆ」を真剣に考えてみました!

投稿日時:

今日は、鶴見が誇るプール&温浴施設「ふれーゆ」に言って意見交換してきました。

 

そもそもこの施設は、国の補助金を使って建てた施設なので、
その補助金の目的から高齢者保養研修といった名前を外すことが出来ないのです。

 

現在「ふれーゆ」は高齢者用の施設ではなく高齢者を含む大人から子供まで多くの市民に愛される施設となっています。

そして、昨年の4月から新たな運営者による指定管理を行ってます。

 

今の「ふれーゆ」は、多くの市民に使ってもらうこと自体が公益性となっており、
その役割を十分に活かすためには、指定管理制度での施設運営はそぐわないと思っています。

 

今の指定管理制度は、運営費を固定として、より質の高い市民サービスの提供するものではなく、
最低限の市民サービスで、よりコストを抑えた運営を目指すものになってしまっています。

 

そのため、周辺の民間施設と比較されてしまい、
競争に勝てない状況に陥ってしまっています。

 

私は、民間施設には出来ないサービスを提供することが、
この「ふれーゆ」に残された道であると考えています。

 

そのひとつが地域連携です。
プールの連携では連合町会で水泳大会をやったり、
中学校の水泳部が練習できる枠組みをつくることも必要だと思います。

 

また飲食で収益を上げることによって、
施設の魅力をあげることに繋がりますし、
公益的な投資にまわすこともできます。

DSC_0940

個人的には、一日に数人しか訪れない「温室」でカフェを運営したら面白いなと思っています。

DSC_0939
しかし行政には、そんな発想は今のところまったく無いどころか、
陰湿では飲食禁止となっています。

 

将来、横浜市の財政がより厳しい状況になった時に、
「ふれーゆ」が閉鎖に追い込まれないためにも、
今から施設の在り方は真剣に考えていくことが必要です。

 

今日は、そんな意見交換をして参りました。

駐輪場の料金って何で1日80円とか100円なの?

投稿日時:

nishiguti2kansei

駐輪料金が1日80円とか100円なのは何故かと言うと、

自転車駐輪場の料金は「横浜市自転車等の放置防止に関する条例」で決まっているからなのです。

しかも駐輪場の料金って、自転車の一時預かり費用ではなく、
自転車を並べて整理するための手数料だってことを皆さんは知っていましたか?

だから駐輪場に係員さんが居ない夜間や休日は料金が掛からないのです。

条例の中では、自転車の整理に係る手数料として1回100円(屋根なし80円)、
1ヶ月上限2000円とした金額が定められています。

私は、以前より駅前の駐輪場は利用者の立場に立った運用が重要なので、
1時間以内無料にする等の提言を議会で行って参りましたが、
条例では、そのような料金設定は書かれていないので無理との回答でした。

それが現在策定中の横浜市自転車総合計画の中に採用されたのです。

計画の中では、現料金制度は買い物などの短時間利用に使いにくく改定の検討することが書かれており、
条例・制度の改定が明確に記載されています。

この件に関して議会で道路局長に確認すると、
出来るだけ早急に対応すると答えています。

今後は駐輪場も柔軟に運用ができるようになりそうです。

少しずつの前進ですが、駅前放置自転車の本質的な対策に今後も取り組んで参ります。

「南武線の立体交差化」について横浜市はどう考えているのか?

投稿日時:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横浜市内には168箇所の踏切があり、その内「開かずの踏切」と言われているものが56箇所あります。

隣接する川崎市では、JR南武線の武蔵小杉駅から尻手駅間で連続立体交差事業を計画しており、平成26年度は、川崎市内の範囲で測量や地質調査を行うための調査費を計上しました。

武蔵小杉駅から尻手駅間は約5.5kmありますが、その内、矢向駅から尻手駅までの約1kmは横浜市の中になります。

横浜市域の矢向駅から尻手駅の間の踏切においても慢性的に渋滞しており、救急や消防活動の影響への影響や、地震などの災害発生時の地域寸断といったことが危惧されます。

こういった地域には、鉄道の連続立体交差化による踏切の解消が、効果も大きく、地域の方々が、将来にわたって安心して生活できる最善の策ではないかと考えます。

そこで、

 

(2)川崎市が計画している南武線の連続立体交差事業の横浜市区間の対応について横浜市長に議会の一般質問で聞きました。

 

 

【林市長答弁】

川崎市が計画している南武線の立体交差事業の本市区間の対応でございますが、矢向駅から尻手駅間の横浜市域につきましては、南武線を高架化しても貨物線の踏切が残ることが課題となっております。南武線の高架化につきましては、これまでも川崎市と意見交換を行ってまいりましたが、今後も両市で情報共有を図りながら、本市として事業の有効性について検討してまいります。

 

横浜市の市境については、どうしても横浜中心部に比べて開発や投資をしない現状があります。横浜市は市境に投資しても還元されるのは他市の住民であり、費用対効果が薄いと判断しているのです。市財界にお住いの皆さんからしてみれば、住んでいる住所が横浜市だろうと川崎市だろうと関係なく、その地域全体が安全に安心して、便利に暮らせるまちになることを望んでいるだけなのです。

南武線の立体交差化は矢向駅の踏切の問題だけでなく、駅の両側から出入口が出来るきっかけにもなり、利便性の向上につながります。

今回の南武線立体交差化事業は、川崎市区間だけでも、10年、20年とかかる事業になります。横浜市としても、川崎市とも情報を共有しながら、早い段階から本格的な検討に着手するよう、今後も働きかけて参ります。

カテゴリー:

国道駅が大変なことに!

投稿日時:
昭和5年に開業し、
戦時中の機銃の弾の痕も残る
鶴見の歴史的建造物であるJR鶴見線の国道駅が
落書きだらけになっていることに
皆さんはお気づきでしょうか?
DSC_0892
このような状況になっていることにとても心が痛みます。
DSC_0893
若い人たちにも鶴見の素敵な町並みをもっと大切にする気持ち持って欲しいです。
DSC_0891
JRに対策を相談しても落書きはここだけではないので
落書きひとつひとつを対応できる状況ではないようです。
DSC_0890
鶴見の魅力を後世にどのように残せるか?
DSC_0889
皆さんのお知恵をお貸しください!

 

カテゴリー: