年月ごと

新市庁舎を視察してきました!

投稿日時:

様々な議論を経て、工事が進んでいる横浜市新市庁舎の工事現場を視察してきました。

横浜市は明治22年に人口11万6千人の市として誕生し、現在の市庁舎は昭和34年に建設された7代目のものになります。

現在建設が進んでいる新市庁舎は、2020年の春に竣工予定で、工期短縮等をするためにデザインビルドによる発注をしていますが、

本市の発注する工事として、作業している皆さんの安全、そして休養日を確保した労働環境を確保しながら工事が進むことを期待しています。

駅名って勝手に変更してもいいの?

投稿日時:

「花月園前」の駅名が「總持寺」へと変更になる可能性が高いといったことご存知ですが?
現在、地域の皆さんが反対の立場から運動をしており、
その集まりに参加してきました。


私は賛成とか反対といった立場ではなく、
オープンダイアログをすべきといった考えです。
それぞれの立場や考え方があり正解はありません。
ただひとつ言えることは、過去の歴史を理解し、将来へのビジョンを持って、その地域の在り方をどう考えるのかが必要ということです。
それを抜きにして駅名を議論は出来ないと思っています。
是非とも対話の場を持って合意形成を図るといった手順で進めてもらいたいです。 

横浜の歴史的建造物を大事にしよう!

投稿日時:

戦後建築物の「歴史的建造物」は、横浜の街並みを特徴づける、貴重な資産であり、単に文化財的価値だけで無く、観光や街の賑わいへの貢献の観点からも重要です。

特に戦後建築物については、その意味合いが強く、昨年12月に戦後建築物として初めて「歴史的建造物」に登録された「都橋商店街ビル」は、

昭和39年の東京オリンピック開催時に、通りをきれいに見せるために、屋台などを収容するため建てられた建物で、次期、東京オリンピックを目前に、大変意義深いものと思っています。

また、関内関外地区においては、昭和20年代から30年代にかけて、戦後復興計画の一環として建設された「防火帯建築」などが多く残されており、その活用に注目が集まっています。そこで先ず、

(1)「防火帯建築」を含む戦後建築物の評価の視点について市長に聞きました。

【市長答弁】
単に文化財的な観点だけでなく、戦後復興時における位置づけをはじめ、街の賑わいへの貢献や、市民の皆様にどのように親しまれてきたかなど、多様な側面から評価を行っていきます。都橋商店街ビルは大変分かりやすい例だと思います。

戦後建築物を含めた「歴史的建造物」を保全し、魅力的に活用していくためには、市民の理解を深めることが重要だと考えております。

そのためには、街の魅力資源として「歴史的建造物」が活用されている姿を、市民に触れてもらう機会を増やしたり、市民も主体的に「歴史的建造物」の保全活用に参加できる仕組みが必要です。そこで、

(2)市民理解を深めるための行政の取組について市長に聞きました。

【市長答弁】
これまでも、市民の皆様が気軽に参加していただけるようなセミナーの開催や広報誌の発行等きめ細やかな広報普及の取組を行ってきました。さらに、ふるさと納税を活用し、歴史的建造物のリノベーションに対する助成制度を昨年、創設いたしました。これらにより、市民の皆様が主体的に歴史的建造物の保全や活用に関わっていただくように取り組んでまいります。

「都市再生」の視点からも、市民が「歴史的建造物」に関心を持ち、積極的にか関わっていくことが、保全と魅力的な活用に結びつきます。

あらゆる機会を通じて今後も歴史的建造物の保全に向けた提言をして参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

もっと公共空間を活用すべき!

投稿日時:

税収が減り、福祉等の負担が増す中、これからは、今あるものを如何に有効活用するかに知恵を出さななければならない時代に突入します。

そういった問題意識から私は、公園の新たな活用や、民間開放による稼ぐ公共など、従来の行政主導ではなく、民間主導の公民連携については、これまでも提言して参りました。

今後は、公共空間の持つポテンシャルを、民間の自由な発想により引き出し、まちの活性化や賑わいの創出、魅力の向上、さらには財政負担の軽減や、維持費の財源捻出など、市民サービスの拡充につながる取組が必要で、本市として積極的に進めていくべき、重要な政策課題であると考えます。

しかしながら市長は、あまり力を入れていない分野のようなので、認識を持って頂く意味も込めて、

(1)公共空間の新たな活用の重要性について、どのような考えを持っているのか、市長に聞きました。

【市長答弁】
道路や公園などの公共空間は、都市の骨格をなしており、新たな魅力や賑わいを生み出す貴重な資源です。このため、公民が積極的に連携し、その可能性を引き出せるように、取り組んでいきます。

さらっとした回答でしたが、具体的にどのように進めていくか整理したいと思います。

先ずはじめに公民連携による公共空間の新たな活用には、公益性と収益性の両方を求めるのか。

収益だけを目的とし、その財源を公益にまわす、といった考えにするのか。

対象によって位置づけを整理する必要があります。

現状では公共空間は直接的な公益性が無いといけない、といった雰囲気が行政の中にあり、中途半端な活用になっていること自体が課題です。そこで、

(2)公共空間活用において、公益性と収益性の関係をどのように考えているのか、市長に聞きました。

【市長答弁】
公共空間にはそれぞれ明確な公益性があります。それをしっかりと実現していくことが必要です。その上で、収益性が見込まれる場合には、賑わいの創出や維持管理費の軽減など、効果的、効率的な施設運営につなげていくべきと考えております。

いやあ、市長の認識はちょっと違うんですよね。

時代の変化と共に公益的役割を終えた施設や、そもそも公益的な役割は無いのに無理やり公益的位置付けにしてしまった施設があるんです。

だから公益的役割が存在しない施設があることを認識して頂きたい。

その上で、思い切った収益的使い方をしても良いのではないでしょうか?

公園についてもそうです。賑わいや憩いが公益的目的であるのなら、収益的位置付けにもっと寄せても良い公園があるはずです。

私は、都市公園における公民連携、いわゆるパークマネジメントについては、「各々の公園が、どれぐらいの収益的価値があるのか調査するなど、戦略的な展開が必要」との意見を、これまでも申し上げてきました。

都市公園の新たな活用については、昨年2月に「サウンディング調査」を実施し、56団体80件もの多くの提案が寄せられたようですが、未だにその成果を活かしきれていません。

昨年6月には都市公園法も改正され、国としても、公民連携の積極的な推進を自治体に求めており、いよいよ本市として、具体的なアクションをおこす段階になりました。そこで、

(3)パークマネジメントに向けた今後の取組について、市長に伺いました。

【市長答弁】
これまでのサウンディング調査を踏まえて、公園の特性に応じた具体的な調査を行うなど、多くの利用者の皆様にとって、公園の魅力がより高まるような公民連携によるパークマネジメントを推進していきます。また、都市公園法の改正を受けた公園条例の改正の検討など、事業推進のための仕組づくりを行います。

公園には都市公園法に該当しない、赤レンガ倉庫、象の鼻パーク、シンボルタワーなどの空間もあります。こここそ、高いポテンシャルを持っており、民間の発想で、もっと横浜らしい取り組みができると期待しています。

また採算性が課題となって、休止されているベイブリッジ大黒ふ頭側の「スカイウォーク」に関しても、施設単体で捉えずに、大型客船ターミナルなどの周辺整備と併せた活用として、民間の発想を取り入れると、新たな価値を見出せます。ス

カイウォークに関しては、私が長年に渡り提言してきたことが少しづつ前進してきましたが、何れにしましても、公共空間の新たな活用を推進するためには、行政主導の制約を設けた公募だけでなく、民間からの自由な提案を受け止める仕組みが必要と考えます。そこで、

(4)公共空間活用に関する民間提案を受け止める仕組みについて、どのように考えているか、市長に伺いました。

【市長答弁】
これまでも「共創フロント」を活用し、民間の皆様から幅広く御提案を受けてきました。今後は、「共創ラボ」や「リビングラボ」の公民対話を進めていく中で、公共空間の活用策も検討するなど、民間提案を受け止める仕組みを充実させていきます。

今は「スクラップ・アンド・ビルド」ではなく、既存ストックに、新たな発想を加えて活用する時代です。

私は、こういった発想により大きな投資をしないで、市民サービスに繋がる仕組みを推し進めて参りたいと考えています。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

鶴見川などの水辺をもっと活用しよう!

投稿日時:

横浜には魅了的な水辺がたくさんあります。

しかしながらそれを大事にしない街づくりが行われてきました。

今後は、水辺空間を大切にしながら街づくりをして欲しいという想いから、横浜駅西口周辺と鶴見川を例に水辺空間を活用を議会の一般質問で聞いてみました。

横浜駅周辺は、時代と共に人の流れや賑わうエリアなど、街の姿が変わってきました。

現在は「エキサイトよこはま22」の計画に基づいて、開発事業が推し進められていますが、そのガイドラインに「環境豊で憩い・にぎわいに満ちた、魅力あふれる親水空間ネットワークの形成を目指す。」と記されています。

私が着目しているのはビブレ周辺の水辺空間です。

今まで川に背を向けてきた街を、川に向き合い、水辺空間を活用して、街の活性化や地域の魅力向上に繋げることができると期待しているからです。そこで、

(1)横浜駅西口周辺における、水辺空間の更なる活用に向けた、今後の進め方について、市長に聞いてみました。

【市長答弁】
「河川は、横浜駅西口周辺の貴重な資源であり、環境豊かで憩いと賑わいに満ちた、特徴ある空間づくりが重要です。今後も、治水安全度の向上を図りながら、地域の皆様や河川管理者と力を合わせて、賑わいや回遊性のある水辺空間づくりを進めてまいります。」

治水安全度の向上というのが大きな壁なのです。この観点では水辺は活用しない方が良いとなってしまい、余計な知恵を出せば、リスクを負うと危惧してしまうのです。

そこで話をもう少し広げてみたいと思います。

地元鶴見に話を広げまして、鶴見区には市内最大の一級河川である鶴見川があります。鶴見川沿いには堤防の上に遊歩道があり、散歩やジョギング、サイクリングはもとより、通勤・通学の重要な導線としても地域の皆さんに幅広く利用されています。

しかし、この遊歩道は、橋が架かっている箇所ごとに寸断され、連続した通路として確保されていません。末吉橋の部分もまさにその状況にあります。

横断歩道もなく不便なので、交通量が多い中、無理に横断する方も多く、非常に危険な状況といえます。

以前、決算特別委員会にて「末吉橋かけかえ事業にあわせて連続した川沿い通路となるように、利便性向上も考えた整備をすべき」と指摘させて頂き、当時の手塚道路局長からは、

「末吉橋の整備にあわせて川沿いの通路も快適に利用できるよう、橋の下に歩行者や自転車が通行できる通路の整備も非常に大事だと考えますので調整して参ります。」

との明確な回答を頂いていますが、現状では、まったく何も進展していません。そこであらためて、

(2)末吉橋の架け替え工事においても、川沿い遊歩道の連続性を確保した快適な歩行空間の整備を推進すべきですが、市長の見解を聞いてみました。

【市長答弁】
「ご提案の堤防道路の連続性の確保については、橋と堤防との間に段差があるなど、様々な課題があり、河川管理者である国土交通省との調整も必要ですが、その可能性や方法について、引き続き検討を進めていきます。」

本市では、健康志向が高まる中、健康増進や外出意欲の向上につながる歩きやすい歩行空間の創出を「健康みちづくり」と位置づけ推進しているところです。

一度つくった橋の形状は、その後100年は変わることはありません。是非、様々な観点から将来を見据えた街づくりを推進するように今後も提言して参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。