年月ごと

横浜市水道局の浄水場は国内トップレベルの管理だった!

投稿日時:
横浜市水道局の浄水場を視察して参りました。 現在、横浜市には西谷と小雀と川井の3つの浄水場が稼働しています。 川やダムから送られた水はこれらの浄水場で 普段皆さんが口にしている飲み水に浄化されるのです。 そんなとっても重要な機能を担っている場所なので、 西谷と小雀の2カ所を視察してきました。 先ずは、保土ヶ谷区にある西谷浄水場。 ここに相模湖系の水が1日に25万トン送られてきます。 相模湖から30km以上の道のりを自然流下で流れてくるので 到達するまで半日ほど掛かります。 送られてきた水は沈殿池に送られ PAC(凝集剤)を入れて細かな浮遊物を塊にして沈めます。 これを凝集沈殿と言います。 次に急速ろ過池に送られた水は砂の層を通過させて 取りきれなかった浮遊物をろ過します。 そして殺菌管理されて飲み水となります。 この行程で取り除かれた浮遊物は排水処理設備に送られて、 濃縮されて脱水・乾燥させて 園芸土の原料として再利用されていました。 それが原発事故以来、放射能の問題が発生したため、 現在は、規定値以下であることを確認した上で コンクリートの材料として コンクリート製造会社にお金を払って 産廃として引き取ってもらっています。 施設内には約80人の職員さんが働いており、 水道事業としては国内でも数少ない 「ISO/IEC17025」の水質検査室を持っています。 要するに外部機関に水質検査を出さなくても、 ここで測定検査した結果(数値)は公文書として証明できる 国際規格を取得しているのです。 この検査設備は凄かった。 微生物検査から生物検査、異物検査に有機物検査、無機物検査、 水道水質基準の50項目を含め、 約150の検査を行うことができるのです。 ですから、万が一、水道水に異物が混入していた場合でも その物質が何なのか?ほとんどの場合は特定可能なんです。 更には、原発事故に伴い関東地方の水道水から 一時的に放射能物質が検出されたことを受け、 横浜市水道局ではいち早く放射性物質を測定する装置を導入し、 常に安全であることを確認しています。 これだけの設備でしっかりと管理していれば、 横浜の水道水は安心・安全であることが実感できます。 次に向かったのは、戸塚区にある小雀浄水場。 こちらは相模川の水を寒川あたりから取水しています。 小雀浄水場までは12km離れており、 更には浄水場が高台にあるため 56mの高さをポンプで圧送しているのです。 その量なんと1時間で2万7千トン。 そんなこともあり小雀浄水場の電気料金は 年間7億9千万円にものぼり そのうち約半分が揚水ポンプの電力に使われているのです。 だから小雀浄水場は以前より太陽光発電に力を入れているのです。 なかなか費用対効果を考えるとコスト低減には貢献できませんが、 環境配慮といった観点では貢献しているものだと思います。 それと小雀浄水場って横浜市と横須賀市の 共同施設だって皆さんご存知でした? 管理は100%横浜市が担っていますが、 必要経費は両市で按分しているのです。 その他の特徴としては、 西谷ではセメント材料として処理されていた 水から除去された物質は、 この浄水場では汚泥のまま 南部汚泥資源化センターに配管で送られているのです。 どちらが効率的かはもっと勉強しなければ判断できませんが、 現地を視察すると色々なことに気づきます。 これからも現場第一で取り組んで参ります。

横浜の水源である道志村を視察して思ったこと!

投稿日時:
水道・交通委員会の市外視察に行って参りました。 行先は、道志村。 横浜の水道の歴史は古く、 明治20年(1887年)に日本で最初の近代水道として創設されました。 そして明治30年(1897年)に横浜市固有の水源として 道志川から取水を始めました。 横浜市は道志川の水質を保全するために大正5年(1916年)に 山梨県から道志村周辺の県有林2,780haを水源涵養林として買収し 以後、現在に至るまで植林や間伐など 森林の保護育成に努めてきました。 現在は、道志川の下流にあるあびこ取水口で取水し 更に1km下流の青山沈殿池まで隧道で送られます。 そこから29km先の横浜までは隧道や管路で自然流下で送られ 川井浄水場で処理されます。 1日の送水量は約17万3千m3で 横浜で使われる水道水の約9%を占めています。 川井浄水場の水は旭区・瀬谷区・緑区・青葉区の一部の地域に送られているので、 鶴見区の皆さんは道志川水系の水道水を飲むことはできません。 ちなみに鶴見区の水道水は、 鶴見川より横浜寄り海側(生麦とか大黒とか)が相模湖の水。 鶴見川より川崎寄り海側(本町通とか潮田とか)と港北寄りの一部(駒岡とか)が 馬入川と酒匂川のブレンド水。 中央部の大部分は酒匂川の水なのです。 話は戻って道志川の水源地の視察をしました。 道志川の上流はいくつもの細い沢になっています。 横浜市は、この水源の保全を図るために 道志村へ助成を行っています。 平成23年度は約1億3千万円の助成をしました。 また、公益信託道志水源基金からも1100万円が助成されました。 道志村には民有林もたくさんあります。 民有林の中には人手不足等により適切に管理されていないところもあり、 市民ボランティアが整備するボランティア事業も行っています。 活動を行っているNPO「道志水源林ボランティアの会」には 現在会員数が379名居ますが、 年々参加者数が減ってきているといった課題もあります。 道志川は横浜で使われる水の9%ではありますが、 次の世代にも良質なまま残しておかなければならない 大切な横浜市の水源であると思います。 青山沈殿池は大正4年から現在のかたちとなっており、 歴史的な施設と最新の設備が融合しています。 その中でも最も新しいのが小水力発電です。 55kw/hの能力を持つ設備で、 見学当日は42kw/hの発電を行っていました。 この発電設備を通過した水は、 大正3年に敷設されたドイツ製の鋼管を流れていくんです。 何とも不思議な感じです。 横浜市水道局は、 市民の皆さんに安全・安心な水を提供するために 日々ご苦労されています。 水道局は利権や水道料金が高い等 マイナスイメージもありますが、 現場で一生懸命取り組んでいる職員さんを正しく評価した上で 無駄を省いていくことをしていかなければならないと考えています。

中学校給食に関する視察(岡山編)

投稿日時:
名古屋市の視察の次は、 政令都市でセンター方式を採用している岡山市を視察して参りました。 岡山市の中学校給食の歴史は古く、 昭和31年に現岡山中央中学校が完全給食を開始し、 昭和58年に全小・中学校で完全給食となりました。 平成10年には岡山市の教育費に対する給食費の経費が高いことが指摘され、 翌年に「岡山市学校給食運営審議会」を設置。 民間業者導入のきっかけとなりました。 その後、平成12年に中学校2校にて民間委託を試行し、 平成20年には提言を受けた60%まで民間委託率を引き上げました。 〔給食調理状況〕 〔揚げ物の調理状況〕 〔給食の積み込み状況〕 見学をさせて頂きました岡山学校給食センターは、 5校の中学校に計2500食を供給している施設で、 平成14年から民間委託によって運営されています。 岡山市には7つの学校給食センターがあり、 7849食を供給しています。 学校給食センターの運営費は、 7施設合わせて2億7千370万円なので、 1食あたりの公費負担は200円を少し超えるくらいの金額となります。 名古屋市と比較して割安なのはセンター方式といった 調理施設に初期投資を行っているためです。 岡山学校給食センターを見学した後は、 中学校に移動して給食の受け入れ 〔給食の受け取り状況〕 各クラスへの配膳 〔給食を取りに来る生徒たち①〕 〔給食を取りに来る生徒たち②〕 そして生徒と一緒に給食を食べ、 給食の片づけ、 容器の回収といった一連の流れを 見学と体験をしてきました。 生徒と一緒に食べた給食は たいへん貴重な体験でした。 中学2年生のクラスにご一緒させて頂いたのですが、 〔クラスでの配膳状況〕 お昼の時間になると皆元気に手際よく給食の準備をはじめ、 あっという間に「いただきます!」 ワイワイガヤガヤと食事が始まりました。 皆で一緒に同じものを食べるということは、 教育上、大切なことなんだなと感じました。 そして教室の生徒全員に、その場でアンケートを取ってみました。 初めの質問は「給食はおいしいですか?」 クラスの半分は「ふつう」 残りの半分は「おいしくない」 「おいしい」は0でした。 次の質問は「給食とお家の人が作るお弁当のどちらがいい?」 クラスの半分は「どちらでも」 残りの半分は「お家の人が作るお弁当」 「給食」は0でした。 食育という観点で、 親の立場、子どもの立場、教育委員会の立場 それぞれが違う訳で、予想通りの結果だと思います。 栄養バランスを考えると子どもの好きなものだけ提供する訳にもいかないし、 カロリーを考えると薄めの味付けとなってしまいます。 給食を通じて何を一番重要視するのか? これはとても重要な問題だと思います。 給食は時代とともに求められる姿が変わってきています。 私は時代にあったあり方を検討することが重要だと考えています。 視察日:2012/05/09

中学校給食に関する視察(名古屋編)

投稿日時:
横浜に合った中学校給食を推進するために、 みんなの党会派では、横山議員を中心に様々な方式を視察検討しておりますが、 その一環として、今回は政令都市でセンター方式を採用している名古屋を視察して参りました。 名古屋では、中学校給食を21世紀を展望した豊かな給食をイメージして 「中学校スクールランチ」と呼んでいます。 導入の経緯は平成元年の中学校給食検討委員会の設置から始まりました。 平成2年には中学校給食に関する1万人アンケートを実施し、その結果から ①    複数メニューからの選択 ②    食事にふさわしい場での喫食 ③    家庭からの弁当持参も可能 といった3つの条件を満たす方向で検討が進められました。 その後、平成5年に施行実施し、 平成10年に全中学校でスクールランチが実施されました。 〔ランチボックス受け渡し場〕 名古屋のスクールランチの一番の特色は、 ランチルームがあることです。 全校生徒を一度に集める程のスペースは不可能なので、 150人収容(教室4つ分)のランチルームを設置しています。 〔ランチルームでの喫食①〕 私たちが今回視察した名古屋市立沢上中学校では1学年が100人程度なので、 学年毎にランチルームを1週間交代で利用しているそうです。 〔ランチルームでの喫食②〕 ようするに3週間に1週ランチルームで昼食を食べることができます。 ランチルームは学校毎に工夫されておりログハウス風なつくりだったりと、 楽しく食事ができる雰囲気になっています。 〔ランチルーム調理場〕 メニューはランチルームで食べる配膳型のランチルームメニューがAB2種類。 〔ランチルームメニューA〕 〔ランチルームメニューB〕 教室用としてお弁当型のボックスメニューがCD2種類提供されます。 もちろん、自宅から持参するお弁当を選択することもできます。 ランチルームメニューはランチルームでしか食べられませんが、 ボックスメニューはランチルームでも教室でも食べられます。 〔ランチルームでの給食片付け状況〕 メニューの内容は、栄養士である名古屋教育委員会学校保健課の職員さんが作成し、 「中学校スクールランチ調理業務指示書」を民間業者に渡し、 民間業者は指示書に基づき調理して各中学校に届けています。 調理する民間業者は、指名入札にて選定しているそうですが、 スクールランチの調理時間帯は 他の調理をしてはいけない等の多くの制約があるため、 なたなか対応できる民間業者がいないのが課題のようです。 子供たちに食の安全を考えると 安易に規制を緩和できるものではなく難しい問題です。 〔スクールランチ食券予約機〕 スクールランチの予約は完全システム化されており、 プリベードカードを使用し、 食費の徴収から予約、食数の把握、関係帳票の作成まで 一括して処理するシステムを導入しています。 予約機を学校の廊下に設置して生徒が直接予約できるようになっています。 予約は食べる日の3日前が締切です。 喫食率は平成22年度で ランチルームメニューが72.1% ボックスメニューが50.9% となっています。 スクールランチを利用するのに 1食あたり保護者負担が280円 公費負担が375円となっています。 これを単純に横浜に当てはめた場合、 横浜の中学生は7万9千人くらいなので50%の喫食率として 全中学校で実施した場合の公費負担は年間25億円くらいとなります。 もちろんスクールランチを実施するのに 施設整備が必要なのでランニングコストだけで図れませんが、 名古屋の場合を例に施設整備費を見ると、 平成4年から平成10年にかけて108校の施設整備を行っており、 約139億円掛かっているので、 1校あたりの施設整備費は約1.3億円となります。 以前、名古屋ではスクールランチを利用している人と利用していない人で 公費負担の差が出るので不公平ではないかといった外部からの指摘があったそうです。 しかしそのようなことも含めて保護者が自ら選択できるシステムになっており、 保護者も十分に理解しているので今の運営方法で良いということになったそうです。 横浜市においても中学校給食に関して保護者の選択肢を増やすことは 平等公平といった観点からも必要なことであると私は考えています。 視察日:2012/05/08
カテゴリー:
タグ:

中学校給食に関する視察報告【相模原市】

投稿日時:
はじめに 相模原市は、津久井・相模湖・城山・藤野と旧4町と合併し、平成22年に政令指定都市となりました。旧相模原市は中学校給食を行っていませんでしたが、旧4町は以前より中学校給食を実施していたところもあり、旧城山町・旧津久井町では継続して現在も「給食センター方式」の完全給食を実施しています。その他の地域では5つのブロックに分け「デリバリー方式」の給食を実施しました。 相模原市の中学校給食 相模原市の中学校給食は、業者さんが作ったお弁当をデリバリーする「昼食」を採用しましたが、その特色は大きく2つ。 一つ目は、相模原市の栄養士さんが献立を作成し、食材の発注を行うということです。この献立に基づき、業者さんの調理場でお弁当を調理し、各学校に納入しています。学校に給食室を建設すると1校あたり4億円程かかるので、これによって初期投資も抑えながら、おかずの内容や味付けといった細かな点まで栄養士さんが愛情を持って日々改善や工夫することが出来ます。 二つ目は、給食予約システムです。Web方式のシステムを導入することにより、自宅PCや携帯電話から給食の予約が出来ます。また、コンビニエンスストアより給食費を事前に払込むルールとしているため、以前、社会問題といなった給食費の未納問題を解決しています。給食予約の申込・変更・取消は食材の発注調整の関係から7日前までとしています。子ども達が直接お金を扱う必要も無く、とても利便性の高い方式です。 また、その他の特色として、給食食材の25%に地場農産物を使用しています。これは地元市場との提携によって実現できたことだそうです。 良い話ばかりではなく、もちろん課題もあります。学習指導要綱は以前より指導内容が増えてきています。中学校の授業時間を確保するためには、昼食の時間も無駄に出来ないといった実情があるそうです。本来なら皆さんが小学校で体験してきた1クラス分のおかずを大きな容器で運び、生徒ひとりひとりに配膳するといった体験が共同生活において必要なことと思いますが、今はその配膳時間すら省かなければならない状況にあるそうです。そのため相模原市では個人別のランチボックスを採用しています。 また国の指導で、おかずのデリバリーは一定温度以下で保管しなければならなく、今の時期はとてもおかずが冷たく感じます。もちろん栄養士さんは、冷たくても美味しい献立を考える努力をしています。 相模原市では、中学校給食の利用率は6割と想定し整備を進めてきましたが、実際も5割~6割で推移しているそうです。利用率が6割の場合、一日の調理数は約1万500食となり、年間給食日が180日とすると、一年で約189万食が調理されることになります。それを中学校給食の運営経費を割ると1食あたりのコストは約650円となります。生徒の負担額は1食あたり300円ですから、残りの350円が市費負担となっています。相模原市のように民間業者に委託して調理しても半分以上が市費負担となっています。子ども達の栄養バランスを考え、健やかに育つ環境をつくるために、それでも給食室を備えた完全給食が良いのか?中学校給食は実施しない方が良いのか?皆さんはどのように考えますか?