年月ごと

神山町視察報告(2)空き家・商店街再生とサテライトオフィス

投稿日時:
グリーンバレーの取り組みの中に空き家・商店街再生とサテライトオフィスがあります。 この2年間でIT系ベンチャー企業9社が神山町にサテライトオフィスを開きました。 そのひとつがSansan株式会社の神山ラボです。 空き家を改装してオフィスとして使用しているのです。 東京本社との打ち合わせはSkypeを利用しています。 開設当初は、技術系社員がこのオフィスを使用していたそうですが、 今では、営業系もこの神山ラボで仕事をしているそうです。 要するにICTインフラがあれば対面じゃなくても営業業務が成立することを実証したのです。 横浜に当てはめて考えた場合、密接な関係にある道志村においても成立する可能性があると感じました。 そこまで大胆な発想をしなくても、 地域のシャッター商店街の再生に貢献できるヒントがあると感じました。 株式会社ソノリテも神山町にサテライトオフィスを置いた会社のひとつです。 江崎社長はコールセンター業務をこの神山に置き3人を雇用しました。 これらのオフィスはグリーンバレーが将来、町にとって必要な働き手や起業家を逆指名して 計画的に作り出したものなのです。 そして空き家の再生も計画的に行っているのです。 株式会社ソノリテが使用しているブルーベアオフィス神山は、 一部を東京藝術大学の大学院生を中心としたボランティアと地元の大工さんが協力して改修しました。 そしてその改修費用をグリーンバレーが持ち、 オフィス賃料に上乗せして貸し出しているのです。 ですから空き家を再生してオフィスとして使いたいといった人が居ても 初期投資を抑えて計画的に事業を進めることができるのです。 このブルーベアオフィス神山は、階高が高く断熱性能も高くないので温調には苦労するそうですが、 それ以上にこの場所で仕事をする魅力があります。 今の世の中、まわりを見回せば私たちの身近にも 仕事が原因で心の病気に掛かってしまう人がたくさん居ます。 心豊かに暮らすせる環境がこの神山町には詰まっているように感じました。 そして、私はこの神山町が将来どうなるのだろうと考えました。 住みやすい町として人気になっていったら、 必ず資金力のある企業が営利目的で開発をするのではないか?と心配になりました。 そこまで大胆なことにならないにしても、 若い人が増え、この町に人が集まり消費が増えていくと、 コンビニが乱立したり、フォーストフードショップが出来たり 国道沿いにパチンコ屋やゲームセンターが出来たりしたら、 この神山の魅力はなくなってしまいます。 ですから大南理事長は無理をしないのです。 しっかりと丁寧にひとつひとつ作り上げているのです。 神山に必要なものを逆指名しているのも深い意味があるのです。 横浜も先代が作り上げてきた町並みがあります。 芸術的にとても価値のある歴史的建造物が壊されつつあります。 みなとみらい地区にも張りぼての結婚式場がオープンします。 一番大事なことは町並みの見た目ではなく、 横浜を良くしようという想いを共有して街づくりをすることです。 行政であろうと地域住民であろうと事業者であろうと ここを担保しなければ将来に良い街を残すことはできません。 その共有する仕組みを作るのが行政や我々議員の役割であると思います。

神山町視察報告(1)グリーンバレー

投稿日時:
羽田から徳島空港までは飛行機で50分、 徳島空港から神山町までは車で50分、 横浜からの距離は600km以上あっても、 時間的には身近に感じる場所にあるのが神山町です。 今、そこで様々なことが起きているのです。 人口6千人くらいの田舎町に 若いクリエーター達が集まってきているのです。 そして遂に転入者が転出者を上回ったのです。 そして新たな雇用も生み出しているのです。 その中心となって活動してきたのがグリーンバレーです。 徳島県は1997年に新長期計画の中で とくしま国際文化村プロジェクトを立ち上げました。 その時に大南理事長(グリーンバレー)は、 「国や県が作る施設であっても、住民が管理運営する時代が到来する」と考え、 住民の描くプランを県に提案しようとアクションを起こしたのです。 そしてグリーンバレーは「日本の田舎をステキに変える」ことをミッションに 今までに様々なプロジェクトを実施してきました。 (つづく)

視察報告「水都大阪」

投稿日時:
皆さん「水都大阪」ってご存知ですか? 【水都大阪推進委員会ホームページはこちら】 横浜に住んでいると、あまり聞いたことのない言葉かもしれません。 大阪では水辺を活用して街づくりをしており、 これを総称して「水都大阪」というのですが、 最近では、水辺のある地方都市で 「水都~」という言い方が流行っているようです。 その最先端を行く「水都」発祥の地が大阪なんです。 何がすごいって、通常ではなかなか許可がおりないことを 大阪では色々と実施しているんです。 誤解を生じるといけないので説明を付け加えますが、 違法なことをしたり、規則や条例で定めを守らないということではないんです。 あくまでも合法の範囲なのです。 しかし普通は残念なことに合法なことであっても、 前例が無いことや、新たな取り組みに対して 実施することはたいへん難しいのです。 【画像は水都大阪HPより】 例えば「巨大こけし」を設置しようとすると、 高速道路を走行するドライバーがこけしに気を取られて 事故を起こしたら、誰が責任を取るんだ! ということで警察から却下されてしまうんです。 【画像は水都大阪HPより】 水辺の上にデッキをつくり飲食をしようとすると、 酔っぱらった人がゴミを川に投げたら環境汚染になる。 と行政は出来ない理由を考えるのです。 日本の制度では、許可を出した責任者や企画した申請者が 罰せられる仕組みになっているのです。 だから、実施していることは凄いことなんです。 きっと、誰かが腹をくくってやっているハズです。 もちろん、水辺の利活用により魅力ある大阪をつくるんだ といった市長や知事の方針の影響も大きいと思いますが、 それだけでは縦割り行政を動かす程の力にはなりません。 行政の職員や地域住民の想いが全て一致して 実現できることなのです。 大阪では、平成13年に「都市再生プロジェクト」を立ち上げ、 内閣官房都市再生本部において「水都大阪の再生」を決定しました。 その後、ハード面では都市整備を行い、 ソフト面では、イベントやまちづくり活動との連携を図って参りました。 その結果、公民協働で2009年に「水都大阪」を実施することが出来ました。 もちろん大阪においても初めから今の規模で実施していた訳ではありません。 小さなことから試験的に始めて、 場合によっては民間が予算持ち出しで取り組み、 ひとつひとつトライ&エラーを繰り返しながら 官民の信頼関係を構築し、 この規模で実施するまでに育てていったのです。 横浜の場合、水辺を考えた時、 最初の思いつくのは港だと思います。 大阪での取り組みは港ではなく、主に河川。 何故、河川なのか? それには立地だけではなく、 その他にも理由もあると感じました。 河川の管理者と港の管理者は違うのです。 港は港湾が管理しているのです。 港湾で街づくりを考えたり 先進的な取り組みをしたりすることは、 本来の港湾の主目的とは違ってしまうのです。 だから、壁が厚く難しいのです。 先日の港湾局の決算審査で私は、 港湾局は時代の変化に柔軟に対応する必要があると意見を述べました。 そういう意味で考えると、 横浜の港は引き続き、街づくりといった観点で魅力づくりを考えるとして、 河川を利用した魅力づくりの方が先進的な取り組みをしやすいのでは? といった観点で調査を進めています。 私の地元には鶴見川があります。地域の方からも 「もっと鶴見川の魅力を引き出すことは出来ないか?」 といったご意見を頂きます。 河川敷をサイクリングロードにしたり、 市民の憩いの場にしたりと まだまだ工夫の余地はあるだろうと。 鶴見川は一級河川です。 所管は、国土交通省。 一部、河川管理を横浜市が所管しています。 鶴見区では、昔は河川がよく氾濫し、 周辺地域が水浸しになったと聞いています。 河川管理の第一目的は、安全と安心です。 現在は、鶴見川の護岸も整備され、 河川が氾濫することも無くなりました。 地域住民にとって、安全と安心は第一優先です。 しかし、これからの時代は、横浜を誇りに思える、 そんな魅力ある街づくりを進めて 次の世代に引き継いでいかなければならないと 私は考えています。

横浜市水道局の浄水場は国内トップレベルの管理だった!

投稿日時:
横浜市水道局の浄水場を視察して参りました。 現在、横浜市には西谷と小雀と川井の3つの浄水場が稼働しています。 川やダムから送られた水はこれらの浄水場で 普段皆さんが口にしている飲み水に浄化されるのです。 そんなとっても重要な機能を担っている場所なので、 西谷と小雀の2カ所を視察してきました。 先ずは、保土ヶ谷区にある西谷浄水場。 ここに相模湖系の水が1日に25万トン送られてきます。 相模湖から30km以上の道のりを自然流下で流れてくるので 到達するまで半日ほど掛かります。 送られてきた水は沈殿池に送られ PAC(凝集剤)を入れて細かな浮遊物を塊にして沈めます。 これを凝集沈殿と言います。 次に急速ろ過池に送られた水は砂の層を通過させて 取りきれなかった浮遊物をろ過します。 そして殺菌管理されて飲み水となります。 この行程で取り除かれた浮遊物は排水処理設備に送られて、 濃縮されて脱水・乾燥させて 園芸土の原料として再利用されていました。 それが原発事故以来、放射能の問題が発生したため、 現在は、規定値以下であることを確認した上で コンクリートの材料として コンクリート製造会社にお金を払って 産廃として引き取ってもらっています。 施設内には約80人の職員さんが働いており、 水道事業としては国内でも数少ない 「ISO/IEC17025」の水質検査室を持っています。 要するに外部機関に水質検査を出さなくても、 ここで測定検査した結果(数値)は公文書として証明できる 国際規格を取得しているのです。 この検査設備は凄かった。 微生物検査から生物検査、異物検査に有機物検査、無機物検査、 水道水質基準の50項目を含め、 約150の検査を行うことができるのです。 ですから、万が一、水道水に異物が混入していた場合でも その物質が何なのか?ほとんどの場合は特定可能なんです。 更には、原発事故に伴い関東地方の水道水から 一時的に放射能物質が検出されたことを受け、 横浜市水道局ではいち早く放射性物質を測定する装置を導入し、 常に安全であることを確認しています。 これだけの設備でしっかりと管理していれば、 横浜の水道水は安心・安全であることが実感できます。 次に向かったのは、戸塚区にある小雀浄水場。 こちらは相模川の水を寒川あたりから取水しています。 小雀浄水場までは12km離れており、 更には浄水場が高台にあるため 56mの高さをポンプで圧送しているのです。 その量なんと1時間で2万7千トン。 そんなこともあり小雀浄水場の電気料金は 年間7億9千万円にものぼり そのうち約半分が揚水ポンプの電力に使われているのです。 だから小雀浄水場は以前より太陽光発電に力を入れているのです。 なかなか費用対効果を考えるとコスト低減には貢献できませんが、 環境配慮といった観点では貢献しているものだと思います。 それと小雀浄水場って横浜市と横須賀市の 共同施設だって皆さんご存知でした? 管理は100%横浜市が担っていますが、 必要経費は両市で按分しているのです。 その他の特徴としては、 西谷ではセメント材料として処理されていた 水から除去された物質は、 この浄水場では汚泥のまま 南部汚泥資源化センターに配管で送られているのです。 どちらが効率的かはもっと勉強しなければ判断できませんが、 現地を視察すると色々なことに気づきます。 これからも現場第一で取り組んで参ります。

横浜の水源である道志村を視察して思ったこと!

投稿日時:
水道・交通委員会の市外視察に行って参りました。 行先は、道志村。 横浜の水道の歴史は古く、 明治20年(1887年)に日本で最初の近代水道として創設されました。 そして明治30年(1897年)に横浜市固有の水源として 道志川から取水を始めました。 横浜市は道志川の水質を保全するために大正5年(1916年)に 山梨県から道志村周辺の県有林2,780haを水源涵養林として買収し 以後、現在に至るまで植林や間伐など 森林の保護育成に努めてきました。 現在は、道志川の下流にあるあびこ取水口で取水し 更に1km下流の青山沈殿池まで隧道で送られます。 そこから29km先の横浜までは隧道や管路で自然流下で送られ 川井浄水場で処理されます。 1日の送水量は約17万3千m3で 横浜で使われる水道水の約9%を占めています。 川井浄水場の水は旭区・瀬谷区・緑区・青葉区の一部の地域に送られているので、 鶴見区の皆さんは道志川水系の水道水を飲むことはできません。 ちなみに鶴見区の水道水は、 鶴見川より横浜寄り海側(生麦とか大黒とか)が相模湖の水。 鶴見川より川崎寄り海側(本町通とか潮田とか)と港北寄りの一部(駒岡とか)が 馬入川と酒匂川のブレンド水。 中央部の大部分は酒匂川の水なのです。 話は戻って道志川の水源地の視察をしました。 道志川の上流はいくつもの細い沢になっています。 横浜市は、この水源の保全を図るために 道志村へ助成を行っています。 平成23年度は約1億3千万円の助成をしました。 また、公益信託道志水源基金からも1100万円が助成されました。 道志村には民有林もたくさんあります。 民有林の中には人手不足等により適切に管理されていないところもあり、 市民ボランティアが整備するボランティア事業も行っています。 活動を行っているNPO「道志水源林ボランティアの会」には 現在会員数が379名居ますが、 年々参加者数が減ってきているといった課題もあります。 道志川は横浜で使われる水の9%ではありますが、 次の世代にも良質なまま残しておかなければならない 大切な横浜市の水源であると思います。 青山沈殿池は大正4年から現在のかたちとなっており、 歴史的な施設と最新の設備が融合しています。 その中でも最も新しいのが小水力発電です。 55kw/hの能力を持つ設備で、 見学当日は42kw/hの発電を行っていました。 この発電設備を通過した水は、 大正3年に敷設されたドイツ製の鋼管を流れていくんです。 何とも不思議な感じです。 横浜市水道局は、 市民の皆さんに安全・安心な水を提供するために 日々ご苦労されています。 水道局は利権や水道料金が高い等 マイナスイメージもありますが、 現場で一生懸命取り組んでいる職員さんを正しく評価した上で 無駄を省いていくことをしていかなければならないと考えています。