年月ごと

港の公園は公園ではない?

投稿日時:

公共空間の活用の中でも、今回は維持管理・運営費に年間約68憶を歳出している市内2700ある公園(都市公園)について、出来るところから、公民連携を進めて収益をあげて、歳出を抑えるといった施策の展開が重要です。そのためには先ず、公園の収益的価値を整理する必要があります。現在横浜市では「パークマネジメントプラン」を策定したり、公園の公民連携を進める取り組みが始まっています。

 横浜の場合、みなとみらい21地区にある、臨港パークやカップヌードルミュージアムパーク、象の鼻パーク、山下公園など収益的にポテンシャルの高い公園は、横浜の中心部に集積しています。

しかし、これらの公園は全て、行政用語で言うと都市公園ではなく、港湾緑地なのです。従って、都市公園のルールで公民連携を進めることができない公園なのです。そのため横浜市では、これらの公園にも収益的活動が出来るように港湾施設条例を改正し、設置等許可制度を新設しています。

しかし、この制度は、都心臨海部の港湾緑地のみを対象とした限定的なもので、大黒ふ頭のスカイウォーク周辺の港湾緑地や、シンボルタワーなどは対象外となっており、公民連携の検討すらされていません。

【スカイウォーク周辺の港湾緑地】

【シンボルタワー】
 
そこで「設置等許可制度を広く周知するとともに、都心臨海部以外の港湾緑地も対象とすべきとでは?」と聞いてみました。

横浜市答弁)「これまでも条例改正や民間事業者の公募の際に記者発表やホームページなどで周知を図ってまいりましたが、臨港パークやカップヌードルミュージアムパークにおいて、2件の事業が進められておりますので、今後も、そうした事例を含めて広報を強化していきます。都心臨海部以外の港湾緑地は大黒ふ頭も含めて、ほとんどがふ頭内に立地しておりまして、市民の皆様がご利用するには、安全面やアクセス面で課題がございます。今後、民間事業者の進出意向やこれらの課題への対応を踏まえ、対象施設の拡大について検討していきたいと考えております。」

港湾緑地はもとより、都市公園も様々な制約があり思うように公民連携が進んでいないのが現状なのです。

そこで「将来の横浜を見据えると、公共空間を更に活用し、行政自らもっと収益性を求めるべきでは?」と聞いてみました。

横浜市答弁)「民間事業者が公共空間を活用する際に、その収益の一部を還元していただく仕組みの構築などを検討して、持続可能な公共空間の維持管理を図ってまいります。今後も、民間事業者のニーズ把握に積極的に取り組んで、ニーズに合致する公共空間とのマッチングを進めるなど、収益性の向上も意識しながら、一層公共空間を活用してまいります。」

横浜は、新たな投資をする前に、今あるものを見直していくことが重要で、そのために制度を見直したり、まだまだ「やるべきことはたくさんある!」ということなのです。

私が提言している公園の公民連携がもうすぐカタチに!

投稿日時:

私たちの街にある公園。大小様々な公園がありますが、こうした公園を上手に運営することで、市民の暮らしをより豊かにできると私は考え、これまで国内外の先進事例を数多く調査してきました。こうした調査と知見に基づいて、公園の公民連携(Park―PFI)について議会で質疑・提言を行い、私の提案が市内の公園でカタチになってきました。

ズーラシアに隣接する里山ガーデン内に設置が予定されている、アスレチック施設が、今年9月ごろのオープンに向け準備が進められていますが、ここがまさに民間活力を取り入れて公園を整備するPark―PFI(公募設置管理制度)の市内初の事例なのです。

今後、みなとみらい地区の港湾緑地においても、このスキームが進む予定で、私は、鶴見区の花月園公園においても、このスキームを検討すべきと提言してきました。

また、私はスカイウォークの目の前にある港湾緑地にもPark―PFIのスキームを提言しており、収益事業の一部をスカイウォークの維持費に充てて常時オープンを目指しています。

私の政策提言の趣旨は、公園は市民の皆さんが利用してもしなくても、一定の維持管理費が掛かっています。ならば、公園を使いまくろうということと、その維持費を軽減させるために民間の柔軟な発想を取り入れて、公園内で収益事業を認め、その収益の一部を公園の維持費に充てようといった考えに基づいています。

横浜も、来年からいよいよ人口減少が進むと言われており、限られた財源を如何に市民サービスに充てられるか?といったことを行政自ら様々な創意工夫で取り組んでいく時代に入っていると私は考えています。

よこはま動物園スーラシアのトピックス!

投稿日時:

平成29 年5月18 日(木)に、よこはま動物園ズーラシアで誕生したチンパンジーの赤ちゃん(メス)の愛称が決定しました。

5 月23 日(火)~29 日(月)に行った来園者の愛称投票で、

総数400 票のうち、最多の177 票を獲得した「ハル」に決定しました。

6/4健康づくり・スポーツ推進特別委員会が開催されました!

投稿日時:

DSC_1438

今年度は「健康づくり・スポーツ推進特別委員会」を担当することとなり6月4日に最初の委員会が開催されました。

本委員会の付議事件は「運動による介護予防等あらゆる世代の健康づくり及び大規模スポーツイベント開催やスポーツ関連施設の整備等スポーツの振興に関すること。」と幅広いテーマとなっているため、今年取り扱う調査・研究内容の方向性については「生涯スポーツの実現に向けた、地域での運動習慣を育む取り組みについて」という案が委員長より示されました。

私は、このテーマについて賛成であるという前提で、その先には横浜市が目指す「健康寿命日本一」という目的があり、そのことを意識しながら、今回のテーマを調査・研究していく必要があると意見を述べました。

また、地域でもスポーツ環境を見ると、なかなかフィールドが確保されていないといった課題も見えてきます。例えば、公園はボール使用禁止であったりと規制が多く、生涯スポーツといった観点からも、フィールドをより柔軟に活用していくことも今後、調査・研究していく必要があると意見しました。

今の時代は、多様性にも対応することも重要であり、メジャースポーツのみならず、マイナースポーツにも目を向け、市民の皆さん個々のライフスタイルに合わせたスポーツ環境づくりも重要です。今後、この委員会を通じて調査・研究をして議会として議論を重ねて、その成果を市民の皆さんに還元できるよう提言して参ります。

高校ダンス部選手権の横浜地区予選に行ってきました!

投稿日時:
7月28日に横浜みなと総合高校で行われた 「高校ダンス部選手権」横浜地区予選に行ってきました。 この大会は高校の部活動の団体しか参加できないんです。 だからある意味、球児が甲子園を目指すのと同じようなダンス部の大会なのです。 本当は横浜は東日本地区予選枠なのですが、 主催者と行政の努力によって横浜シード枠みたいのが設けられました。 もともと今年は、市長の方針によるダンスの年で 私は昨年から、どうせやるなら多くの市民の皆さんが参加できる 仕組みをつくっていくことが重要だと議会で訴えてました。 そして実現した取り組みのひとつがこの大会なのです。 今回は、横浜地区予選で参加した学校は、 ビッククラス9校とスモールクラス6校でした。 横浜市にはダンス部のある高校が66校あるのですが、 すべてがヒップホップ系もやっている訳ではないので難しい面もありますが、 もっともっと多くの学校が参加して頂けたら良いなあと思っています。 今回、地区予選が行われた「横浜みなと総合高校」は、唯一、エアコンの無い会場で、 見ているだけでも汗だくになるほど、とっても蒸し暑い会場でした。 会場費や設備等の問題もあり、色々と調整した結果なのでしょうが、 サウナスーツのようなビニール生地の衣装を着ているチームもあり、 熱中症の問題などもあり、改善する課題はあるなあと感じました。 そして、今回は高校の体育館が会場なのでセキュリティの問題もあり、 多くの方に自由に見て頂ける環境になく、 見学者に制限があったのも残念に思いました。 行政として検討すべき課題はあるにしても、 横浜代表に選ばれた 川和高校、氷取沢高校、元石川高校の皆さん 全国大会では優勝を目指して頑張ってください。 このような行政の取り組みが一過性のものではなく、 継続していけるような方法を検討して 今後も横浜をダンスで盛り上げていければと思っています。