年月ごと

カジノの前にやるべきことはたくさんある!

投稿日時:

横浜は全国の自治体の中で一番税収の額が多く、個人市民税がその約半分を占めています。2045年に生産年齢人口が約50万人減少する中、個人市民税を減らさない戦略が重要であり、そのためには働く世代の方々に横浜に住み続けてもらい、他都市からは横浜を選んでもらえるような政策を展開していくことが、中長期的な視点として非常に重要です。

市政運営において将来を見据えて、しっかりしたビジョンを持ちながら進めることが何よりも重要です。そのためには数値に基づき将来予測をロジカルに整理していく必要があります。その際、まず押さえておくべきは人口動向です。
市長はカジノ説明会において、横浜は2019年をピークに人口減少社会が到来し、超高齢社会が進展し、危機的な状況が待っていると言っています。しかし、ほんとにそうでしょうか?日本全体と横浜市を比較すると、2020年と2045年で人口総数は15.1%減りますが、横浜市は7.8%減に留まります。要するに人口減少社会は、出生率、婚姻率、出産率といった日本全体の問題であり、横浜固有の問題ではありません。

また市長は、大阪市・名古屋市と比べて法人市民税(企業が納める税金)の額が著しく少ないからカジノで税収を増やすと言っています。これについても税収全体をきちんと見る必要があります。令和2年度予算で比較すると、税収全体の見込額は横浜市8,461億円、大阪市7,420億円、名古屋市は5,979億円と横浜が税収額全国の市町村1位です。そして横浜の税収の半分(49.4%)4,177億円が個人市民税です。

将来にわたり安定した行政サービスを提供していくためには、企業誘致等、法人市民税を増やす取組も必要ですが、それより何より個人市民税を減らさない戦略が横浜にとって必要であり、そのためには、働く世代の方々に横浜に住み続けてもらい、他都市からは横浜を選んでもらうような政策を展開していくことが、中長期的な視点として非常に重要なのです。

そこで今回の議会では林市長に「働く世代を呼び込み、横浜に住み続けたいと思ってもらえる市政運営が重要との考えに対する市長の見解」を伺いました。

市長は、今後も横浜が成長を続けていくためには、若い世代に横浜を選んでもらい、住んでいただくことが重要との認識のもと、子育て・教育環境を充実させるということ、企業誘致による働く場の創出、緑豊かな環境を整備するなど、市民の皆様の暮らしやすさを更に向上させていくことが必要だという考えを示しました。また、文化・芸術活動の推進による都市の魅力向上など、横浜に住みたいと思っていただけるまちづくりを総合的に進めて行くとの方針を示しました。

それがカジノ誘致やオペラハウス建設なのでしょうか?人口減少社会において転出超過(横浜に越してくる人より、横浜から他都市に引っ越す人が多い状況)は、まさに横浜市の問題なのです。働き盛りの人々に横浜を選んでもらうために今、横浜がやるべきことは、もっと市民の心の豊かさを育む施策に力を入れること。そしてシビックプライドを高めることです。カジノではありません。そういった提言をしながら今回の議会では9項目24問を市長に質問しました。

学齢期の障害のある子ども達の支援を!

投稿日時:

私は、学齢期の障害のある子ども達に対し、一人ひとりの障害の特性に合わせた、個別の支援を充実させることが必要と議会で訴えて参りました。

2017年の議会の一般質問でも、放課後の居場所である「放課後等デイサービス」の拡充が重要と提言をして参りました。

この度、4月から横浜市は、医療的ケア児・者等コーディネーターを市内全区に配置することになりました。

現状では、医療的ケアが必要な学校現場に対応する看護師の育成や、非常勤看護師の拡充など、放課後のみならず、もっと広い範囲で、様々な課題があります。

引き続き、誰もが安心して暮らせるユニバーサルな横浜を目指して、今後も提言をして参ります。

労働者の街から福祉の街へ!寿地区の今!

投稿日時:

寿地区は3大簡易宿泊所密集地のひとつと言われ、特有の歴史を歩んできました。
その寿地区の中心に、新しくなった「健康福祉交流センター」があります。

この場所は、昭和49年に建設された「寿町総合労働福祉会館」に始まり、以降、労働者の街として栄え、今は福祉の街として、今なお多くの住民に利用され、この地区の重要な役割を担っています。

昨年の本市の調査では、寿地区の住人は5,736人で、うち65歳以上は3,164人。高齢化率は55.4%となっています。その高齢者の中で、生活保護を受給しているのは3,026人で、95.6%を占めています。

このセンターの中には「ことぶき協働スペース」があり、こういった状況の中、現在、様々な取り組みを行っています。

「ことぶき協働スペース」は、まちづくりの担い手となる地区内外の団体や事業者などがネットワークを築きながら活動を行い、交流を活性化させることで寿地区の「開かれたまちづくり」を進める役割を担っています。

このセンターの利用者も協働のパートナーですし、この地区外の方も協働のパートナーになります。まだオープンした初年度ですが、現在、様々なプロジェクトを模索しながら進めています。

横浜市が主体の施設が、この地域にはいくつか存在しています。この地区における本市の役割は何か?そして「健康福祉交流センター」の役割は何か?過去から見た現在と、未来から見た今を、どう整合していくのか?今後も一緒に考えて参りたいと思います。

横浜市の新型コロナウイルス感染症対策に伴う学校休業について

投稿日時:

1 一斉臨時休業期間について
令和2年3月3日(火)から3月 13 日(金)まで ※上記休業期間中は部活動も実施しないこととします。 ※上記休業期間以降の対応については3月9日(月)に別途通知予定。

2 卒業式について
令和2年2月26日 教健第3378号「『児童生徒等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応』及び『学校の卒業式・入学式の開催に関する考え方』について (通知)」に基づき対応してください。

3 緊急受入れについて 就業等の事情、その他家庭での対応が困難な場合について、以下のとおり緊急受入れの対応をお願いします。ただし、緊急受入れは臨時休業の目的(感染拡大防止)を 踏まえた上での緊急的な対応であることを認識して対応することとし、また、感染ま たは感染の可能性がある場合は緊急受入れを行わないことを徹底することとします。

(1) 対象
小学校低学年(1~3年生) 小学校、中学校個別支援学級(全学年) 特別支援学校(全学部)

(2) 給食、昼食 小学校の給食、中学校のハマ弁は実施しないものとし、特別支援学校の給食は実施するものとします。

(3) 受入れ時間
原則、通常の課業時間内とします。

(4) 特別支援学校の登下校 スクールバス等は通常時と同様に運行することとします。

(5) その他、詳細については3月2日(月)までに別途通知します。

4 保護者への通知 別紙「一斉臨時休業について」に基づき、保護者あてお知らせください。なお、各学校の状況に応じて適宜修正していただいて構いません。また、休業中の過ごし方等 については、別途通知します。

5 今後の予定
令和2年3月2日(月) 休業中の家庭訪問等の対応について各学校あて通知
3日(火) 休業開始

6 その他
(1) 教育課程については、教育課程推進室から別途通知します。
(2) 臨時休業期間中の健康観察、給食、ハマ弁の詳細については、健康教育課から別 途通知します。
(3) 高等学校の合格手続き、新入生説明会、高校入試等については、高校教育課から 別途通知します。
(4) 特別支援学校の緊急受入れ、通級指導教室については、特別支援教育課から別 途通知します。
(5) 放課後事業については、こども青少年局放課後児童育成課から別途通知します。 それを踏まえて、教職員も可能な限り運営に協力してください。
(6) 教職員は、基本的には勤務することになるが、詳細については、教職員労務課か
ら別途通知します

横浜北線の馬場出入口が片側だけ開通しました!

投稿日時:

2月27日の本日、横浜北線の岸谷生麦出入口と新横浜出入口の間に設置される2つある馬場出入口のうち、菊名→大口方面の入口のみ開通しました。

一応、第三京浜方面、湾岸線方面の両方面にアクセスできます。ETC専用ですが、これで少しは便利になりましたね。

主に鶴見の皆さんが利用する、もうひとつの内路交差点側の入口は、2020年内に完成予定だそうです。