年月ごと

ごみ収集車の調達工夫で数億円が節約できる!

投稿日時:

横浜市では、ごみ収集に係る多くの車両を保有していますが、その調達に際して、中長期的な財政の視点を持って進めていくことが重要です。

林市長も企業経営の経験からリースのメリットについては理解していると思いますので、現状の行政運営において、ごみ収集車をリース契約するメリットが無いことは、理解しているハズです。

そんな中、資源循環局では、500台を超えるごみ収集車を保有していますが、その調達については、ほとんどがリース契約により調達をしています。

このリース契約を全車購入に切り替えることで、トータル的に大幅な経費削減につながると、以前より私は議会で提言しています。

他都市の事例を見ても、そのほとんどの都市は購入により、ごみ収集車を調達しているのが状況です。

お隣の川崎市においても、リース契約により、ごみ収集車のほとんどを調達していた時期もありましたが、購入した方がトータルとして経費が安いとの判断から、リースを止め、購入に切り替え、大きな経費削減を果たしました。そこで先ず、

(1)ごみ収集車について、これまでリースを中心に調達してきた考えについて、市長に聞いてみました。

【市長答弁】
「限られた財源の中で、初期費用の抑制や経費の平準化、さらに、事業に合わせた柔軟な対応ができることから、主としてリース方式を採用してきました。」

それは昔の本市の状況であり、今は状況が異なります。

なのに何で決断しないのでしょうか?

何れにしても、本市においては、昨年度も約50台以上のごみ収集車の更新が行われており、一部は購入するものの、そのほとんどはリース契約によるものです。

それらについて、すべてリースから購入による調達に切り替えることで、一時的な予算の負担はあるものの、その経費削減効果から、数年後には平準化がなされ、結果として大きな経費削減が見込まれます。

昨年の予算特別委員会において当局からは、実績ベースで試算しても、確実に1台あたり年間34万円安くなるとの回答がありました。

単純計算しても、500台を購入に切り替えるだけで、年間合計1億7千万円の経費が削減できることになります。そこで、

(2)今後、直ぐにでも、ごみ収集車の調達をリースから購入へ切り替えていくべきですが、市長の見解を聞いてみました。

【市長答弁】
「厳しい財政状況のもと、引き続き、リース方式が中心となりますが、毎年度ごとの予算編成の中で、必要な車両台数の確保のため、リースと購入それぞれの特性を考慮し、適切に判断してまいります。」

適切に判断していないから指摘しているのに議論が噛み合いませんね。

ごみ収集車は、調達方法を変えるだけで、何のリスクも無く大幅にコスト削減が出来ます。

是非とも市長には経営者の視点に立って、判断して頂くために今後も提言して参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

水道局の30年度予算編成をチェックしてみました!

投稿日時:

市民の皆さんから頂いている水道料金ですが、そのお金がきちんと使われているのかを平成30年度の予算を見ながら確認してみました。

ちょっとマニアックな話なので、市民の皆さんには分かりにくいかもしれません。

ポストに入っている明細からも分かるように、市民の皆さんからは水道使用量=下水道使用量として両方を料金を徴収していますが、横浜市の場合は、水道と下水道はまったく別の公営企業として運営をしています。

利用料収入といった観点では、水道も下水道も同じ状況ですが、水道は下水道と違い大きく歳入、歳出の仕組みが異なっているのです。

下水道事業は、雨水処理も行なっているので、その公益的役割から年間120億円以上の国庫補助金が入り潤沢な予算なのです。

一方で、水道事業の国庫補助金等は2億円以下で、下水道事業と比べ、自主自立運営を徹底していかなければならないといった厳しい状況にあるのです。

そういった状況の中、全国的に水道事業を取り巻く経営環境は、人口減少等による料金収入の減少や、施設・管路等の老朽化に伴う更新投資の増大により、その厳しさが増すことになると見込まれ、中長期的には、経営努力を行っても、経営を続けることが難しくなる団体が出てくることが懸念されます。

本市においても、今のところ人口は増加しているので大丈夫といった楽観的な状況ではなく、来年をピークにその後は人口が減少すると推計しており、まさに今は、岐路に立たされている状況です。

30年度予算案を見ると、このような中、災害対応力の強化など既存の課題に加え、新規事業にも積極的に取り組もうとしており、大変意欲を感じる予算案であるというのが率直な感想です。

そこで、30年度予算案の編成にどのような考えで取り組んだのか

(1)30年度予算編成にあたっての基本的な考え方について、局長に聞いてみました。

《局長答弁》
「厳しい経営環境を背景にいたしまして、30 年度から、審議会を立ち上げ、水道料金についての議論を始めます。料金の議論をするということは、水道局のすべての事業が効率的・効果的に行われているかが厳しく問われることでもあると考えています。
そのため、すべての事業を再点検し、より効率的・効果的に行う余地がある場合には、スピード感を持って改善に取り組むことを基本として、予算を編成しました。
また、併せて、将来の経費削減など経営基盤の強化につながる可能性のある事業にも着実に取り組むことといたしました。」

厳しい経営環境の中でも、様々な取組や改善にチャレンジしており、この取組は、昨年の第4回定例会で可決した水道利用加入金の市民の負担を減らすといった制度の見直しでも表れていて、加入金制度については、水道局に対し見直しを求めてきたところであり、住宅購入者間の不公平を是正したことは素晴らしい決断であったと評価しています。

一方で、この見直しにより年平均12億円の減収となると説明を受けていましたが、30年度予算案の純利益は、29年度予算の利益68億円に比べ3億円の減に留まる65億円を計上しています。そこで、

(2)予算上、純利益65億円を計上できた理由とその所感について、局長に聞いてみました。

《局長答弁》
「収入面では、過去3年の実績から、12 億円の減を見込んでいた加入金収入が、30 年度は住宅着工の増加から 10 億円の減に留まり、また、水道料金は 29 年度決算見込からは減少しているものの、このところ減少幅が小さくなっていることを踏まえ、対前年度7億円の増を計上しました。一方、支出面では、管路の補修などで修繕費や委託料が6億円増加するものの、人件費や支払利息などの経費削減を行い、総額として 29 年度と同程度に抑えることができました。こうしたことにより、30 年度予算では 65 億円の純利益を計上できましたが、今後の料金収入の減少や更新需要を考えると、次年度以降も厳しい状況が続くものと考えております。」

様々な経営努力により30年度末の累積資金は171億円となる見込みであり、この金額は中期経営計画の財政収支計画に比べ90億円程度上回っている状況ですが、この使い道については、水道利用者である市民の皆さんも気になるところではないかと思います。そこで、

(3)累積資金残額の今後の活用について、局長に聞いてみました。

《局長答弁》
「これまで累積資金残額については、基幹施設や管路の更新・耐震化のため、全額を「建設改良積立金」としてきましたが、今後、西谷浄水場の再整備や相模湖系導水路の改良など 10 年程度で数百億円規模の工事費が必要となります。このため、決算時の利益処分において、従来の建設改良積立金とは別に、西谷浄水場や導水路改良等の個別の積立金を設けるなど、資金の使い道をより明確化する必要があると考えています。」

純利益や累積資金の状況を見ると、水道事業の財政状況は今のところ問題ないと理解しますが、依然として水道料金収入は決算比較では減少傾向にあり、今後、西谷浄水場の再整備や管路等の更新・耐震化など多額の費用が必要とのことですので、中長期的な視点に立ってしっかりとした事業運営に努めてもらうよう、今後もチェックをして参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

カテゴリー:

鶴見川などの水辺をもっと活用しよう!

投稿日時:

横浜には魅了的な水辺がたくさんあります。

しかしながらそれを大事にしない街づくりが行われてきました。

今後は、水辺空間を大切にしながら街づくりをして欲しいという想いから、横浜駅西口周辺と鶴見川を例に水辺空間を活用を議会の一般質問で聞いてみました。

横浜駅周辺は、時代と共に人の流れや賑わうエリアなど、街の姿が変わってきました。

現在は「エキサイトよこはま22」の計画に基づいて、開発事業が推し進められていますが、そのガイドラインに「環境豊で憩い・にぎわいに満ちた、魅力あふれる親水空間ネットワークの形成を目指す。」と記されています。

私が着目しているのはビブレ周辺の水辺空間です。

今まで川に背を向けてきた街を、川に向き合い、水辺空間を活用して、街の活性化や地域の魅力向上に繋げることができると期待しているからです。そこで、

(1)横浜駅西口周辺における、水辺空間の更なる活用に向けた、今後の進め方について、市長に聞いてみました。

【市長答弁】
「河川は、横浜駅西口周辺の貴重な資源であり、環境豊かで憩いと賑わいに満ちた、特徴ある空間づくりが重要です。今後も、治水安全度の向上を図りながら、地域の皆様や河川管理者と力を合わせて、賑わいや回遊性のある水辺空間づくりを進めてまいります。」

治水安全度の向上というのが大きな壁なのです。この観点では水辺は活用しない方が良いとなってしまい、余計な知恵を出せば、リスクを負うと危惧してしまうのです。

そこで話をもう少し広げてみたいと思います。

地元鶴見に話を広げまして、鶴見区には市内最大の一級河川である鶴見川があります。鶴見川沿いには堤防の上に遊歩道があり、散歩やジョギング、サイクリングはもとより、通勤・通学の重要な導線としても地域の皆さんに幅広く利用されています。

しかし、この遊歩道は、橋が架かっている箇所ごとに寸断され、連続した通路として確保されていません。末吉橋の部分もまさにその状況にあります。

横断歩道もなく不便なので、交通量が多い中、無理に横断する方も多く、非常に危険な状況といえます。

以前、決算特別委員会にて「末吉橋かけかえ事業にあわせて連続した川沿い通路となるように、利便性向上も考えた整備をすべき」と指摘させて頂き、当時の手塚道路局長からは、

「末吉橋の整備にあわせて川沿いの通路も快適に利用できるよう、橋の下に歩行者や自転車が通行できる通路の整備も非常に大事だと考えますので調整して参ります。」

との明確な回答を頂いていますが、現状では、まったく何も進展していません。そこであらためて、

(2)末吉橋の架け替え工事においても、川沿い遊歩道の連続性を確保した快適な歩行空間の整備を推進すべきですが、市長の見解を聞いてみました。

【市長答弁】
「ご提案の堤防道路の連続性の確保については、橋と堤防との間に段差があるなど、様々な課題があり、河川管理者である国土交通省との調整も必要ですが、その可能性や方法について、引き続き検討を進めていきます。」

本市では、健康志向が高まる中、健康増進や外出意欲の向上につながる歩きやすい歩行空間の創出を「健康みちづくり」と位置づけ推進しているところです。

一度つくった橋の形状は、その後100年は変わることはありません。是非、様々な観点から将来を見据えた街づくりを推進するように今後も提言して参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

水道局の資産の有効活用を提言!

投稿日時:

先の常任委員会では、今後の水道料金収入の長期的な減収が見込まれる中、「横浜市水道料金等在り方審議会」を設置し、施設の更新事業費や業務改革、あるいは財源調達の検討などを引き続き進めていくとの説明がありました。

その中でも財源調達の検討については、資産の有効活用をさらに図るべく、今年度は事業用地などの活用手法について、民間コンサルタントに委託するとともに、平成30年度には、サウンディング調査を試行的に実施していくとのことです。そこで先ず、

(1)資産の有効活用における基本的な考え方について、局長に伺いました。

《局長答弁》
「水道局には、現在水道事業で利用予定のない土地や、水道施設の上部空間など、外部活用が可能と思われる資産が 24 か所、約3万 3,000 ㎡あります。これらの資産については、まず長期安定的な財源確保のための長期の貸付、次に長期貸付に向かないものは売却、次にそれらの需要がなく、活用手法が定まらないものは暫定的に短期の貸付、こうした順序で活用方法を検討しております。」

基本的な考え方は分かりますが、今後、水道料金収入が減少傾向にある中、水道料金収入以外の財源確保という意味合いからも、より柔軟な発想で資産の有効活用を図ってもらいたいものです。一方では、個別具体的なケースにおいて、なかなか活用方法が定まらない資産も存在するとのことです。そこで

(2)活用方法が定まらない要因について、事業推進部長に伺いました。

《事業推進部長答弁》
「水道営業所跡地のような一部の資産を除いて、当局の資産は郊外や高台にあるものが多く、交通アクセスや地勢が活用上のマイナス要素となっています。また、廃止した建物の撤去費用が高額にのぼること、地下に水道施設がある土地は、水の安全のため上部利用に様々な制約があることなどが、活用手法が定まらない大きな要因となっています。」

資産の活用方法を決める上で、様々な課題があるのは分かるのですが・・・

それでは一方で、

(3)今年度委託した専門コンサルタントの調査結果について、事業推進部長に伺いました。

《事業推進部長答弁》
「コンサルタントからは、水道局の資産全般についての活用の考え方、及び、個別の6つの資産について、分譲マンションや福祉施設などの具体的な可能性の提示を受けました。また、活用困難と評された資産については、需要喚起も兼ねた積極的な市場調査を実施し活用に民間ノウハウを導入することや、水道施設の更新などの際には、後の活用も見据えた計画を立てること、といった提言がありました。」

施設の更新などの際には、後の有効活用も見据えて事業の計画時に考えておかなければ、という提言はその通りです。

それでは民間コンサルタントの調査結果も踏まえて、

(4)今後の事業にどう反映していくのかについて、局長に伺いました。

《局長答弁》
「宅配事業者の営業所といったような具体的な提案があった資産については、不動産事業者にヒアリングを行うなど、実現が可能か既に検討を進めています。また、専門コンサルタントからの提言を受けまして、30 年度は川井4号配水池上部の活用について、民間事業者のアイデアを広く募る、サウンディング調査を実施することにいたしました。経営状況の厳しさが増す中で、従来の発想に捉われず、柔軟に活用を進めていきたいと考えております。」

調査結果を踏まえて、今後はより有効な活用となるよう、さらなる検討を進めていただきたいと思います。

水道局の公舎の一例ですが、水道局では7カ所に91戸の公舎を保有しており、30年度末に全面廃止が決まっています。

これらの公舎に関しても様々な事情があり直ぐに活用することが難しいものもあるようですが、将来的な使用予定がある資産であっても、一定の未利用期間があるのであれば、その限られた期間でも事業化できるか、広く民間のアイデアを募ることも有用ではないでしょうか。

民間企業では資産を放置しておくといったことはしないと思います。

また一方で、民間に広く意見を募ってもなお市場価値が低いと評価された資産については、収入確保の視点だけではなく、地域ニーズ、行政ニーズといったものも考慮した上で、公益的な活用を図るという、オール横浜としての視点も大事かと思います。

公営企業である以上、幅広い視野をもって、活用を検討すべきです。

↓動画はこちらから↓

カテゴリー:

子ども達のためにSNSを活用した相談窓口の設置を!

投稿日時:

いじめ等が原因で自殺のニュースを見るたびに、何で事前に防ぐことができなかったのかと考えてしまいます。

様々な要因があるとは思いますが、だからこそ、手を差し伸べる手段も様々あった方が良いと思っています。

その一つの手段が児童生徒に対するSNSを活用した相談窓口です。

一昨年、本市において、いじめ重大事態の対応が問題となり、再発防止検討委員会から、アクセスしやすい相談窓口などの設置を検討することが示されました。

児童生徒や、その保護者が置かれている状況に応じて、相談しやすい多様な窓口を用意し、出来るだけ早期に、多くの悩みをキャッチすると共に、相談者の声を必要な支援につなげていくことが重要です。そこで先ずは確認のため、

(1)本市における、児童生徒や保護者の相談を受け付ける体制について教育長に聞きました。

【教育長答弁】
本市では、児童生徒や保護者からのいじめや不登校等の相談に関して、365日24時間受け付けている「いじめ110番」や、電話や面談による「一般教育相談」、「専門相談」等の体制を整備しています。また、区役所の相談窓口や文部科学省が設置する相談窓口と連携をしています。学校では、派遣されるカウンセラーが児童生徒・保護者の個別相談に応じています。今年の5月には、いじめの再発防止策の一環として、スクールソーシャルワーカーが児童生徒や保護者から直接相談に応じる「学校生活あんしんダイヤル」を設置して、相談体制の強化に努めています。

私が調べたところでは、内閣府の調査で、小学生の約6割が、中学生の約8割がインターネットを利用しています。ときには目の前に居る友達にもSNSを介して会話するといった状況も見受けられます。

文部科学省は、有識者会議の中で、SNSを活用した相談窓口の議論を行っており、他都市では既にSNSを活用した、相談窓口の取組みが行われています。

児童生徒にとって、電話相談は敷居が高いと感じても、SNSなら気軽に自分の気持ちを伝えやすいのではないでしょうか。

本市としても、試験的にでもSNSの活用に取り組んで欲しいです。そこで、

(2)本市でも、SNSを活用した相談窓口の強化に取り組むべきとですが、教育長に聞いてみました。

【教育長答弁】
児童生徒がアクセスしやすい窓口であることは、想定できますが、国の有識者会議でも指摘されているように、SNSでの相談は、児童生徒の表情や声の調子が分かりづらく、心理状態が理解できないため、事案の背景が把握しづらいと考えています。また、自殺をほのめかすような緊急事態について、確実に音声通話に切り替えることが可能かなど、検討すべき課題が多い状況です。SNSの活用につきましては、緊急時の具体的な対応などの検討を急ぎ、他都市とも情報交換を行い、国における検討状況も踏まえながら、本市としての取組を考えたいと思います。

文字は言葉よりニュアンスを感じ取り難いといったこともありますが、想いを感じ取りきれなかった場合の責任を回避するため、窓口を広げないといった力が働くのではなく、より多くの救える機会を増やしていくことを最優先に考えて欲しいものです。それが本来の児童生徒に寄り添った対応ではないでしょうか?

多くの児童生徒が自分らしく健全な学校生活を送れるよう、是非ともSNSを活用した相談窓口の設置について、本市でも積極的に取組むよう提言して参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。