年月ごと

横浜の歴史的建造物を大事にしよう!

投稿日時:

戦後建築物の「歴史的建造物」は、横浜の街並みを特徴づける、貴重な資産であり、単に文化財的価値だけで無く、観光や街の賑わいへの貢献の観点からも重要です。

特に戦後建築物については、その意味合いが強く、昨年12月に戦後建築物として初めて「歴史的建造物」に登録された「都橋商店街ビル」は、

昭和39年の東京オリンピック開催時に、通りをきれいに見せるために、屋台などを収容するため建てられた建物で、次期、東京オリンピックを目前に、大変意義深いものと思っています。

また、関内関外地区においては、昭和20年代から30年代にかけて、戦後復興計画の一環として建設された「防火帯建築」などが多く残されており、その活用に注目が集まっています。そこで先ず、

(1)「防火帯建築」を含む戦後建築物の評価の視点について市長に聞きました。

【市長答弁】
単に文化財的な観点だけでなく、戦後復興時における位置づけをはじめ、街の賑わいへの貢献や、市民の皆様にどのように親しまれてきたかなど、多様な側面から評価を行っていきます。都橋商店街ビルは大変分かりやすい例だと思います。

戦後建築物を含めた「歴史的建造物」を保全し、魅力的に活用していくためには、市民の理解を深めることが重要だと考えております。

そのためには、街の魅力資源として「歴史的建造物」が活用されている姿を、市民に触れてもらう機会を増やしたり、市民も主体的に「歴史的建造物」の保全活用に参加できる仕組みが必要です。そこで、

(2)市民理解を深めるための行政の取組について市長に聞きました。

【市長答弁】
これまでも、市民の皆様が気軽に参加していただけるようなセミナーの開催や広報誌の発行等きめ細やかな広報普及の取組を行ってきました。さらに、ふるさと納税を活用し、歴史的建造物のリノベーションに対する助成制度を昨年、創設いたしました。これらにより、市民の皆様が主体的に歴史的建造物の保全や活用に関わっていただくように取り組んでまいります。

「都市再生」の視点からも、市民が「歴史的建造物」に関心を持ち、積極的にか関わっていくことが、保全と魅力的な活用に結びつきます。

あらゆる機会を通じて今後も歴史的建造物の保全に向けた提言をして参ります。

↓動画はこちらから↓※分かりやすくするため一問一答に編集してあります。

29年度最終委員会が行われました!

投稿日時:

本日、本年度最終の委員会が開催されました。

附属機関の開催状況の報告ありましたが、

私が着目しているのは、

横浜市公園公民連携推進委員会。

先月に条例改正されて設置されたもので、

未だ、開催はされていませんが、

今年度に議論が進むことになります。

限定的な議論にならずに

幅広く柔軟に進めて欲しいと期待しています。

そして、もうひとつ。

報告事項としてあげられた寄付受納。

山手公園内にある横浜山手テニス発祥記念館の展示資料の充実のために

100万円相当の什器一式を受納しました。

この施設は山手西洋館シリーズのひとつで、

緑の協会が指定管理しており、

年間約1億6千万円の予算が充てられています。

山手西洋館は横浜の歴史を物語る貴重な財産で、

将来においても維持保存していって欲しいと思っています。

そのためには、更に魅力を高めて、

公民連携による収益的な事業展開も検討していく必要があると考えています。

そういったことも含めて、

横浜市公園公民連携推進委員会に期待をしています。

横浜の花火の帰りに電車が止まって思うこと!

投稿日時:

DSC_1847

今年も第30回となります横浜の花火大会が盛大に行われましたが、

京浜東北線の架線切断で帰りの電車が止まっていました。

電車に閉じ込められて具合が悪くなった方や仕事の帰宅で足止めとなった方のことは配慮する必要がありますが、

花火を見に来てくれた方々には家に帰るまで楽しんで頂き、

良い思い出にしてもらうことが何よりも大事なことだと思います。

花火会場のみなとみらい周辺で足止めされて時間を潰さなければならなくなった時に

どこで何をしたら良いかといった情報も乏しく、

多くの方々はファーストフードチェーン店で時間を潰されている方が多かったように感じます。

そもそも、このことは今回の電車トラブルとは別の問題で、

電車が止まろうが動いていようが横浜の花火に来てくれた方々が

横浜のエリア全体を楽しむ工夫がなされていないことが問題です。

横浜は夜の夜景や街並みを楽しめるスポットもたくさんありますし、

みなとみらい地区の飲食だけではなく、ちょっと歩けば野毛や関内といった夜の繁華街も存在します。

本来は、電車が止まったから仕方なくお店に入って時間を潰すのではなく、

花火をきっかけにして横浜の街全体を楽しめる工夫がもっとあれば良いのにと思います。

話は戻してBCPの観点から今回の教訓を活かしていかなければならないのですが、

リスクヘッジの観点より規模縮小や規制強化といった方向に進むのではなく、

様々な状況を想定して、それに対応できる、より横浜を楽しんで貰う工夫に力を入れて貰いたいと思いますし、

そういった街づくりをしていきたいです。

何といってもクリエイティブシティ横浜と言っているのですから。

11/26観光・創造都市・国際戦略特別委員会が開催されました!

投稿日時:
11月26日に観光・創造都市・国際戦略特別委員会が開催されました。 オブザーバーとして文化観光局が出席し、 横浜における創造都市戦略とその検証についてを議題に議論が行われました。 各会派から視察の報告が行われた後に、 委員会報告書を取りまとめるにあたっての方向性について 委員長から提示された案を基に議論が行われました。 横浜市はユネスコ創造都市ネットワークに認定されていませんが、 その理由として、創造都市の中の分野を特定した認定であり、 横浜市として幅広く創造都市施策を進めたいとの考えから、 ユネスコの認定を受けていないとの説明が文化観光局からありました。 そもそも幅広い創造都市施策を進めるにあたって 創造都市とは何かを行政職員が理解しているかといった疑問もあり、 横浜市において創造都市を推進する以前に 行政内部においても創造都市を理解し浸透させていくことが優先であり、 委員会報告書の中にこういった提言も取り入れるよう要望をしました。

6/5観光・創造都市・国際戦略特別委員会が開催されました!

投稿日時:
6月5日に、本年度第1回めとなる観光・創造都市・国際戦略特別委員会が開催されました。 本委員会は、範囲が広域に渡っており、付議事件では、 「MICEの推進、国際コンテナ戦略港湾の推進、国際戦略総合特区の推進、文化・芸術等の大規模集客イベントの開催に関すること。」 となっていますが、今回の委員会では、その中でどの項目に焦点を絞り調査研究を進めていくのか、 各委員からの意見を求められました。 私は、文化や創造都市にスポットを当て、 横浜らしい文化とは何かを今一度考えるべきではないかと提言をしました。 横浜のイメージといえば、やはり横浜中心部を創造する訳で、 その横浜中心部の魅力は横浜が歩んできた歴史そのものであると思います。 今後、市庁舎が移転したりと大きく環境も変化していくなか、 横浜の魅力とは何か?将来を見据えて魅力を高めるためにはどうすべきか? といった議論は、まさに今行うべきと考えています。 また、横浜の魅力を高めるにあたっては、 民間を含め、様々な立場で、様々な考えを持った方が居る中、 行政がどこまで関与し、どこまで制限すべきか? といった問題についても議論を深めていく必要があると思います。 そういう意味では、第三者の意見を求める都市美審についても 位置付けが曖昧であり、様々な立場の方々の合意形成を図る仕組にも工夫が必要です。 横浜が将来においても魅力ある街であり続けられるように、 特別委員会として考えを整理できることを期待しています。 今後は、各委員の発言をもとに正副委員長で今年度のテーマを設定する予定です。